>その他ドイツ車

ドイツでは15歳から乗れるマイクロEV「オペルRocks-e」の超ハードコア版レンダリングが登場!タミヤのRCカーのようなルックスで縦横無尽に走り回る

投稿日:2021/09/21 更新日:

ドイツでは15歳から乗れるマイクロEV「オペルRocks-e」の超ハードコア版レンダリングが登場!タミヤのRCカーのようなルックスで縦横無尽に走り回る

| もともと「割り切った」Rocks-eをさらに割り切った仕様に |

Rocks-eエクストリームを使用したワンメイクレースがあっても面白そうだ

さて、オペルはつい2週間ほど前にマイクロエレクトリックカー「Rocks-e」を発表したところですが、今回は工業デザインを専攻する学生、Lukas Wenzhöfer氏がそのハードなオフロードバージョン、”Opel Rocks e-xtreme”を発表。

同氏はドイツのプフォルツハイム大学にてデザインを学んでいるそうですが、今回の作品を製作するにあたり、"新型Opel Rocks-eは、そもそもかなり偏ったデザインなので、完全に狂った方向に行ってしまってもいいのではないか"と考えたのだそう。

そのデザインはたしかにクレイジーだった

今回のRocks-eエクストリームは見た目こそクレイジーですが、意外なことにオリジナルのボディパネルはすべて残されており、しかしそこへオフロードタイヤ、トラベル量の多いリフトアップサスペンション、超ワイドなトラック、ウイング装着などの改良が施されてタミヤのラジコンカーのようなルックスに。

14

こうやって見るとサスペンションの「伸び側」もそうとうなトラベルを持つことがわかります。

1

そして超ショートホイールベースということを考慮し転倒の可能性を案じたのか、車体上部にはロールケージを(外側に)装着。

13

ちなみにヘッドライトとテールランプはLukas Wenzhöfer氏によるオリジナルデザインですが、むしろこのほうがオペルのデザイン言語にマッチしているようにも見えますね。※新型モッカやアストラとの共通性が見られる

15

新型オペル・アストラ
オペルが新型「アストラ」発表!コンセプトカーのような「レス・イズ・モア」の思想に基づいた新世代の内外装を持つ魅力的なハッチバック。日本への導入を期待

| オペルは「モッカ」から急激にデザインがカッコよくなった | さらには装備充実、これで売れないワケがない さて、日本市場への復帰を発表したオペル。ここ最近は「マンタ GSe エレクトロモッド」「新型 ...

続きを見る

その走りもやっぱりクレイジー

そのほか、オフローダーっぽいスキッドプレートやオーバーフェンダーも装着され、ルーフ上のLEDライトや、オペルっぽいイエローとグレーのカラーリングもなかなかナイス。

インスタグラムにアップされた動画では、まるでスケートボードでパークを走るかのようなスタントを見せています。

オペル・Rocks- eはこんなクルマ

そこでベースとなったオペルRocks-e(ロックス・イー)について触れてみたいと思いますが、これはSustainable Urban Mobility(=SUM)として開発されたマイクロEVで、全長2.41メートル、全幅1.39メートルというボディサイズを持っています。

搭載されるバッテリーは5.5kWh、最高速度は時速45キロ、一回の満充電あたり航続可能距離は75キロ。

2021-09-12 20.22.12

これは先に発表されたシトロエン「AMI」のリバッジモデルとなり、販売もしくはリースにて今年秋から市場投入される、と公表されています。

なお、ドイツでは「AMクラス」という乗り物に分類され、15歳から運転ができる、とのこと。

2021-09-12 20.22.10

価格約72万円、1分30円のレンタルも!シトロエンから(現地では)免許不要で乗れるマイクロEV、「アミ」が発売

| トヨタもサブスクやるならこれくらいじゃないと | シトロエンがフルエレクトリック・マイクロカー「Ami(アミ)」を発表。※Amiとはフランス語で「友達」の意味これは昨年のジュネーブ・モーターショー ...

続きを見る

参照:Lukasw_Design(Instagram)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他ドイツ車
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5