ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■近況について フェラーリ296GTB

まだまだフェラーリ296GTBの仕様を検討中!コンフィギュレーターには表示されない「新たなる選択肢」が登場しさらに迷うことに

投稿日:2022/03/14 更新日:

フェラーリ250LM

| やはり自分にとって「満足のゆくフェラーリ」を作ろうとなると相当にお金がかかる |

文字通り、フェラーリには無限のオプションが存在する

さて、発注を控えているフェラーリ296GTBの仕様が徐々にではあるものの、そろそろ「固まってきた」状態です。※上の画像は、モチベーションを高めるために購入した、296GTBのデザイン的ネタ元となったフェラーリ250LMのミニカー

なお、ぼくは「発注にあたっては、仕様を決めてオーダーしないといけない」と勝手に思い込んでいたのですが、実際はそうではなく、オーダーを入れてからおおよそ3ヶ月以内くらいに仕様を決めればよく、ほとんどのオーナーさんがそのパターンなのだそう(ということは、多くのフェラーリオーナーは、仕様を決めず、つまり総額がいくらになるのかわからない状態で発注しているということになる。スゴいな・・・)。

発注を考えているフェラーリ296GTBの外装はこんな感じ

そこでざっとおさらいですが、現在発注を考えているフェラーリ296GTBの外装について、ボディカラーはアッズーロ・ディーノ、そしてブレーキキャリパーはイエロー、暫定でホイールはマットグレー。

L1420323

このボディカラーは非常に高額(300万円以上)な特別色ではあるものの、ぼくとしてはありきたりなロッソを選びたくはなく、人とはかぶらない、しかしフェラーリらしいカラーを選びたいと考えていたわけですね。

そしてこのアッズーロ・ディーノはその名の通りかつてのディーノに設定されていたボディカラーを再現したもので、「V6エンジン搭載」という296GTBとの共通性もあり、しかし自分以外にこのカラーを選ぶ人はいないだろうな、と考えているカラーでもあります。

フェラーリ296GTB購入までの道のり(4)。ボディカラーは「アッズーロ・ディーノ(329万9717円)」で決まりだな。ブレーキはイエロー、ただし好みのホイールがない
フェラーリ296GTB購入までの道のり(3)。ボディカラーは「アッズーロ・ディーノ(329万9717円)」で決まりだな。ブレーキはイエロー、ただし好みのホイールがない

| 「レッド」は選びたくないが、フェラーリと無関係の色も選びたくない |この記事のもくじ| 「レッド」は選びたくないが、フェラーリと無関係の色も選びたくない |少々(?)値は張るが、ここは思い切った選 ...

続きを見る

発注を考えているフェラーリ296GTBの内装はこんな感じ

そしてインテリアについてもけっこう悩んだ末に固まりつつあり、現在は「ネイビーとクリーム」との組み合わせに落ちつきつつあり、まずクリームを選んだのは60−70年代のフェラーリに「よく見られるインテリアカラーだから」。

L1420326

そしてもちろん「60−70年代のフェラーリ」というのは、296GTBのデザイン的オマージュ元となった250LM、そしてディーノとの関連性を考慮したもので、ぼくとしては近代のフェラーリよりも過去のフェラーリをイメージした仕様を目指しているわけですね。

となるとシートはもちろん「デイトナスタイル」で、デイトナストライプ(横方向の線)のカラーもネイビーへと変更しています(ここはレザーにするか、アルカンターラにするか悩み中)。

L1420325

そして「ネイビー」はボディカラーのアッズーロ・ディーノとインテリアカラーのクレマとのバランスを取るためということになりますが、一口にネイビーといっても「選べるカラーが3色あり(もっとお金を出せば無限になる・・・)、これまたどうするかと悩んでいるのが現状でもあります。

L1420259

フェラーリ296GTB購入への道のり(5)。内装の選択肢に「コントラスト強め」ではなく「エレガントなカラー」案が浮上する
フェラーリ296GTB購入への道のり(5)。内装の選択肢に「コントラスト強め」ではなく「エレガントなカラー」案が浮上する

| アイボリー内装は1960−1970年代のフェラーリっぽい |この記事のもくじ| アイボリー内装は1960−1970年代のフェラーリっぽい |やはりインテリアはドアを開けたときに強い衝撃を受ける仕様 ...

続きを見る

参考までに、「クレマ」はこちらのフェラーリSF90ストラダーレのシートと同じカラーとなります。

ただし新たなるエクステリアの選択肢が登場

そしてせっかくフェラーリを新車オーダーするのであれば、とことんこだわりたいということで担当セールスさんにいろいろと要望を伝えてしまったわけですが、そこでセールスさんが出してきてくれた回答がここから紹介するもので、まずホイール(鍛造)だと標準の「シルバー」「ダイヤモンドカット」「マットグリージョコルサ」に加えて「マットブラック」「ゴールド」「マットゴールド」「濃いガンメタ」のような色にもファクトリーペイントできる事が判明(380,941円が必要)。

L1420335

そして意外だったのは「マットゴールド」が選択できることで、正直これを選ぼうかと心が揺れているわけですが、ぼくはこれまでゴールドのホイールを3本(ブロンズを入れると4本)使用したことがあり、まずはフェアレディZ(Z32)でのBBS LM、ポルシェ・ボクスターS(986)でのBBS RR、ポルシェ・ボクスター(981)で純正ホイールのゴールドペイント、そしてBMW Z3ではTE37(ブロンズ)。

つまりはゴールドのホイールがけっこう好きだということになり、アッズーロ・ディーノにマットゴールドのホイールを組み合わせると、あのランチア・ストラトスのカラーコーディネートも再現できるということになりそうです(ランチア・ストラトスはフェラーリ・ディーノと同じV6エンジンを積んでおり、フェラーリ・ディーノとまったく無縁のクルマではない)。

2_Lancia Stratos_Exterior_Stratas Auctions_1626134086

参考までに、マットゴールドのホイールを装着したフェラーリ488ピスタ・スパイダーはこちら。

参考までに、ホイール外周にラインを入れることも可能(579,693円)。

L1420333

そのほか、外装だとイタリアンフラッグを取り付けることもできます(約12万円)。

L1420332

さらには新たなるインテリアの選択肢も

そしてさらには色々な提案をいただき(ありがとうございます)、その一部を紹介すると、ステアリングホイール上にイタリアンフラッグをペイントすると約17万円、ステアリングスポークの下部も指定色にペイントが可能(これも約17万円。ただしこれを選ぶとカーボンファイバーのグリップを選べない)。

L1420330

さらにはパドルをペイントしたり、パドルにラインを入れることもでき、メタリックグレーやシルバーのパーツも指定色に塗って統一感を出すこともできるようですね。

L1420328

488ピスタ・ピロティフェラーリのように、パドルにイタリアンフラッグを塗装することもでき(30万円!)、要はできないことはない、という感じ。

L1420331

ヘッドレストの跳ね馬の下にイタリアンフラッグを入れることも可能です。

L1420329

これら新しく提案いただいた選択肢についてはこれから検討することになりますが、少なくともステアリングホイールのトップにイタリアントリコローレを入れよう、とは考えています。

合わせて読みたい、関連投稿

フェラーリ
フェラーリ296GTB購入までの道のり(1)。そもそも、なぜボクはフェラーリを買おうと考えたのか

| これまでボクはなんどかフェラーリを購入しようとは考えてきたが |この記事のもくじ| これまでボクはなんどかフェラーリを購入しようとは考えてきたが |おそらくは今回がもっとも購入に対する意思が固いと ...

続きを見る

フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも
フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも

| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |この記事のもくじ| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |アセット・フィオラノ・パッケージ ...

続きを見る

【動画】フェラーリ296GTBを見てきた!公式画像/動画ではクラシカルに見えたものの、実車はシャープでソリッド、そして未来的だった
【動画】フェラーリ296GTBを見てきた!公式画像/動画ではクラシカルに見えたものの、実車はシャープでソリッド、そして未来的だった

| なぜ公式フォトや公式ムービーに映るフェラーリ296GTBはクラシカルだったのかを考えてみた |この記事のもくじ| なぜ公式フォトや公式ムービーに映るフェラーリ296GTBはクラシカルだったのかを考 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ, ■近況について, フェラーリ296GTB
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5