ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

ルシード・エアー・サファイアが0−60マイル加速1.89秒を達成し、市販車ではリマック・ネヴェーラに次ぐ2番めに速い車に。セダンなのにこの速さ、やはりEVの加速は異次元

投稿日:2022/11/21 更新日:

| ルシード・エアー・サファイアの価格はリマック・ネヴェーラの1/7以下 |

さらにルシード・エアー・サファイアの加速、最高速はテスラ・モデルSプレッドをも凌駕する

さて、テスラと同じカリフォルニアにて創業された新興EVメーカー、ルシード(ルーシッド)。

まず発売されたのは「エアー」と命名されたセダンであり、明らかにテスラ・モデルSを意識したクルマではありますが、ルシードいわく、「テスラはプレミアムではないが、ルシードはプレミアムカーである」。

たしかにその内外装を見てみるとテスラにはない「高級」さがあり、しっかりと差別化戦略を取っているようにも思います。

一旦は発売が危ぶまれた米新興EV「ルーシッド エアー」ついに販売開始。トップレンジは1080馬力、加速タイムはブガッティ・シロンに並ぶ

| そしてそのルックスは未来的 |この記事のもくじ| そしてそのルックスは未来的 |ルシードは途中で投げ出すことはなかったこんな記事も読まれています さて、プロトタイプの発表から4年の時を経てEVベン ...

続きを見る

ルシード・エア・サファイアの0−96km/h加速は1.89秒

そこで今回デリバリーが開始れたのが、「エアー」シリーズのフラッグシップ”サファイア”。

発表自体は8月のモントレー・カーウィークにて行われており、しかし今回ようやくデリバリーが開始されることとなっていて、その0−60マイル(0−96km/h)加速が1.89秒ということが公表されたわけですね。

なお、この1.89秒というのはリマック・ネヴェーラの(0−100km/h加速)1.85秒の次に速く、テスラ・モデルSプレッドの1.9秒よりも0.01秒速い数字です。

さらに今回ルシードは時速100マイル(160km)に到達するまでの所要時間がわずか3.87秒ということ、その加速が最高速度205マイル(330km/h)まで継続することについても触れており、1/4マイル(ゼロヨン)加速についても9秒以下だと述べています。※ゼロヨンタイムの正確な数値は公表されていない

こういったエレクトリックセダンが数億円というプライスタグを掲げるエレクトリックハイパーカーと同じパフォーマンスを誇るのは脅威としかいいようがありませんが、このあたりが(ケーニグセグ創業者の)クリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏が「ピュアエレクトリックカー時代に突入した後、今のような価格でハイパーカーを売る自信はない」という根拠なのかもしれませんね。

Lucid-Air-Sapphire (2)

ケーニグセグCEO「ピュアEV時代になると、テスラやポルシェと、ハイパーカーとの性能差が小さくなる。その状況で、それらの10倍の価格で電動ハイパーカーを売る自信はない」
ケーニグセグCEO「ピュアEV時代になると、テスラやポルシェと、ハイパーカーとの性能差が小さくなる。その状況で、それらの10倍の価格で電動ハイパーカーを売る自信はない」

| おそらくは多くのプレミアムカーメーカーも同じ課題を抱えていると思う |この記事のもくじ| おそらくは多くのプレミアムカーメーカーも同じ課題を抱えていると思う |エレクトリック時代では、各自動車メー ...

続きを見る

ちなみにこのルシード・エアー・サファイアは3つのエレクトリックモーターを搭載して合計1,200馬力ものパワーを発生させるという「地球上でもっともパワフルなセダン」ですが、その価格は249,000ドル(約3500万円)に設定されていて、この価格が「安いのか、高いのか」についてはちょっと判断が難しいところだと思います。

ルシード・エアーの塗装品質は高くない?

ルシードは現在エアーの納車を進めているところですが、今回カーディティーリングショップ「アウト・オブ・スペック・ディテーリング」が「ルシード・エアーの塗装が非常に薄い」という動画を公開。

この動画によると、ルシード・エアーの塗膜は、同ディティーリングショップがこれまで手掛けてきたクルマの中でも「もっとも」薄い2.24ミル(1ミルは1000分の1インチ)しかなかったといい、「飛び石キズによって修復不可能なほどのダメージを受ける可能性があり」、それを防ぐにはプロテクションフィルムを貼るしか無いだろう、と結論づけています。

なお、この薄さの理由については不明ではあるものの、ルシードが車体完成後にバフを掛けすぎたんじゃないかとも推測しているようですね。

あわせて読みたい、ルシード関連投稿

【動画】テスラ・モデルSと「天敵」ルーシッド・エアーとがドラッグレースではじめて対決!なおモデルSプレッドはパワーチェックで1100馬力を出したもよう
【動画】テスラ・モデルSと「天敵」ルーシッド・エアーとがドラッグレースではじめて対決!なおモデルSプレッドはパワーチェックで1100馬力を出したもよう

| テスラ・モデルSの速さにも驚かされるが、新参者のルーシッドの速さにも驚かされる |この記事のもくじ| テスラ・モデルSの速さにも驚かされるが、新参者のルーシッドの速さにも驚かされる |今後、EVは ...

続きを見る

上場間もないルシードの株価がこの1月で2倍になり時価総額がGMと並ぶ!上場数日しか経たないリヴィアンに至っては時価総額がテスラ、トヨタに次ぐ「自動車業界3番目」に
上場間もないルシードの株価がこの1月で2倍になり時価総額がGMと並ぶ!上場数日しか経たないリヴィアンに至っては時価総額がテスラ、トヨタに次ぐ「自動車業界3番目」に

| 期待の高さは理解していたが、さすがにここまで株価が上がるとは思わなかった |この記事のもくじ| 期待の高さは理解していたが、さすがにここまで株価が上がるとは思わなかった |ただし、本当の実力が試さ ...

続きを見る

テスラ最大のライバルにして天敵、「ルーシッド」
テスラ最大のライバルにして天敵、「ルシード(ルーシッド)」。テスラのエンジニアが設立し、第一号車「エアー」の発売と2.5兆規模の巨大上場が目前に迫る

| テスラとの直接競合を避けるためか、ルーシッドはやや異なる路線で攻めてくるようだ |この記事のもくじ| テスラとの直接競合を避けるためか、ルーシッドはやや異なる路線で攻めてくるようだ |ルーシッド・ ...

続きを見る

参照:Lucid Motors, Out of Spec Detailing

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5