ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

新興EVメーカー「ドラコ」より2,000馬力のハイパーSUV、ドラゴン登場。巨大ガルウイングドアを持ち0-100加速1.9秒、最高速322キロ。いかなるSUVよりも優れた性能を保有

投稿日:

新興EVメーカー「ドラコ」より2,000馬力のハイパーSUV、ドラゴン登場。巨大ガルウイングドアを持ち0-100加速1.9秒、最高速322キロ。いかなるSUVよりも優れた性能を保有

| ただし納車は2026年以降、実際に発売できるかどうかはわからない |

そのデザインはイタリアにて、そしてフェラーリの要素も随所に見られる

さて、カリフォルニア拠点のEVスタートアップ「ドラコ」。

今回はその第一弾となる「GTE」に次ぐ第二のモデル「ドラゴン」を発表していますが、これは2,000馬力という出力、巨大なガルウイングドアを持つピュアエレクトリック(ハイパー)EV。

このドラゴンは全長5,050ミリ、全幅2,050ミリ、全高1,600ミリという大きなボディサイズを持ち、しかしその重量は2,254kgだとアナウンスされています。

ちなみにこのボディサイズはテスラ・モデルXよりも(全高を除いて)やや大きく、しかしモデルX P100Dはこれよりも255kg重いので、ドラゴンは相当に軽いEVだということもわかります。

Drako-Dragon (10)

1200馬力、最高速332km/hのハイパーEV”GTE”が新興メーカー「ドラコ」より登場。開発には20年をかけ、価格は1億2000万円、限定台数は25台

| 新興メーカーでかつEV、この価格となるとかなり売りにくそうだ | 新興自動車メーカー「ドラコ・モータース(Drako Motors)が開発に20年近くをかけたという新型車「GTE」を発表。なお、こ ...

続きを見る

ドラコ・ドラゴンはこんなクルマ

なお、このドラコ・ドラゴンの軽量性を実現している最大の理由は「カーボンファイバー製モノコックを持つ」ということ。

Drako-Dragon (5)

従来のSUVと比較して、シャシー重量を50パーセント削減しながらも構造剛性を2倍に高めており、フロアに敷き詰められたバッテリーは、EPAによる推定航続距離420マイル(676km)という性能を発揮し、500kWの充電に対応するとされています(ただしバッテリー容量については説明がなされていない)。

Drako-Dragon (6)

このドラコ・ドラゴンは「イタリアンデザイン」を持つとアナウンスされていますが、たしかにセクシーかつワイルドなデザインを持っていて、低くシャープなスタンス、鋭いヘッドライト、巨大なガルウイングドア、大きなホイールアーチ(ホイールは23インチ)など、まるでコンセプトカーがそのまま路上に解き放たれたかのよう。

Drako-Dragon (3)

なお、フロント先端からエアを取り入れ、そのままフロントフード上を流すという手法や、Cピラーに相当する部分の「ヒドゥンピラー」、そしてフライングバットレスなど、フェラーリ各世代における特徴も見え隠れするようですね。

Drako-Dragon (2)

ドラコ・ドラゴンは驚愕の運動性能を持っている

搭載されるエレクトリックモーターは4つで、合計出力は上述のとおり2,000馬力、0−100km/h加速は1.9秒、ゼロヨン9秒、最高速度322km/h以上という行学のスペックを実現しており、ハイブリッド、EV、ガソリンといういずれのパワーユニットを搭載するSUVと比較しても、加速・最高速ともに大きくライバルを凌駕しています。

Drako-Dragon (4)

ちなみに、現在「最速SUV」のタイトルを保持しているテスラ モデルX プレッドは1,020馬力を発生し、0-100km/h加速は2.5秒、クォーターマイル(ゼロヨン)は9.9秒、最高速度は262km/h。

ただしテスラ・モデルX プレッドの数値についてはすでにその実現性が証明されており、しかしドラコ・ドラゴンのそれは「推定値(目標値)」なので、実際にこれを実現できるかどうかは不明です。

Drako-Dragon (7)

ドラコ・ドラゴンに採用されるアダプティブサスペンションは、選択したモードに応じて地上高が変化し、舗装路では6.4インチ(163mm)、通常走行時では8.4インチ(213mm)、オーバーランドでは最大2.4インチ(315mm)へと変更可能。

ブレキーシステムは、フロントが10ピストンキャリパー+420mmディスク、リアが6ピストンキャリパー+410mmディスク(いずれもカーボンセラミックローター)を持っています。

Drako-Dragon (8)

乗車定員は5名、そしてトップとボトムがフラットになったステアリングホイール、デジタルメーター、17.1インチという大きなサイズのタッチ式インフォテイメントスクリーンを持っていますが、ドアミラーの代わりに「カメラ」を備えるため、ダッシュボード両端にはその映像を映し出すモニターが埋め込まれているようですね。

Drako-Dragon (9)

なお、「非常に現実的な仕様」を持っていることでもわかるとおり、ドラコ・ドラゴンはこのまま市販化されることになり、現在予約金500ドルにて受注を開始しています。

気になる価格は29万ドル(約4100万円)で、先に発売されたドラコGTEの125万ドルに比べるとかなり安い設定。

なお、ドラゴン「ファーストエディション」も発表されており、こちらは5,000ドルの保証金が必要となり、限定台数は99台限定だとアナウンスされています。

ただ、納車までには相当な時間を要するようで、「納車は2026年以降」、そして生産は年間5,000台に絞られるようですね。

あわせて読みたい、新興EVメーカー関連投稿

EVスタートアップ「アルファ」がまたまた新型車発表!今回はレトロフューチャーなワゴン、そしてオンロード版とオフロード版も
EVスタートアップ「アルファ」がまたまた新型車発表!今回はレトロフューチャーなワゴン、そしてオンロード版とオフロード版も

| アルファ・モータースのEVシリーズはデザイン的にイケてると思う |この記事のもくじ| アルファ・モータースのEVシリーズはデザイン的にイケてると思う |問題は「実際に発売されるかどうか」現時点では ...

続きを見る

【動画】見た目はバットモービル、6モーターを搭載し1250馬力を発生する電動ハイパーカー「タキオン」は実現できる?なぜここまで新興ハイパーカーが増えたのか
【動画】見た目はバットモービル、6モーターを搭載し1250馬力を発生する電動ハイパーカー「タキオン」は実現できる?なぜここまで新興ハイパーカーが増えたのか

| ただし実際に発売できるクルマは多くはないだろう |この記事のもくじ| ただし実際に発売できるクルマは多くはないだろう |技術的に設計することは難しくなくとも、各国の法規に合致させて製造することは難 ...

続きを見る

SF好きのボク歓喜!新興ハイパーカーメーカー、ハイペリオンより登場の「XP-1」があまりに未来に行っていた【動画】
SF好きのボク歓喜!新興ハイパーカーメーカー、ハイペリオンより登場の「XP-1」があまりに未来に行っていた【動画】

| 新興といえど設立からすでに11年、その技術とデザイン性、クオリティはあなどれない |この記事のもくじ| 新興といえど設立からすでに11年、その技術とデザイン性、クオリティはあなどれない |ただし現 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5