ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

テスラの値下げは全世界に波及!米ルシードも値下げを発表し、完全にテスラのペースに呑まれる。このままでは値下げラッシュで淘汰されるEVメーカーも出てきそう

投稿日:2023/01/26 更新日:

ルシード

| ある意味では、日本の自動車メーカーはまだここに参入していなかっただけに「傷を受けなくて済んだ」のかも |

それにしても多くのEVメーカーはテスラに翻弄されるばかりのようだ

さて、テスラが世界中にて大幅値下げを行った後に大きく販売が増加し、そこでいくつかのEVメーカーも値下げに踏み切らずを得ない状況となっています。

ちょっと前には中国のシャオペン(Xpeng)が大幅値下げを敢行していますが、今回は米国にてルシード(ルーシッド)が自社のルーシッド・フィナンシャル・サービスを通じて車両をリースする場合のみ、新型Airを7,500ドル割引するというキャンペーンを実施すると発表。

テスラ
テスラがアメリカでも「値下げ後に爆売れ」!多くのテスラの店舗が過去最高の受注を記録との報道、他社は悲鳴か

| 他社も値下げを行いたいところだろうが、テスラを超える値下げを行うことは難しく、いたずらに値下げをすると利益を失うだけになるのかも |この記事のもくじ| 他社も値下げを行いたいところだろうが、テスラ ...

続きを見る

ルシードは完全に「並みに乗れなかった」新興EVメーカー

なお、このルシードは米国カリフォルニアにて創業されたEVメーカーですが、同じ地で設立されたテスラが「モデルS」をヒットさせた際、テスラの幹部がテスラを辞して創業された新興EVメーカー。

よって「打倒テスラ、打倒モデルS」を標榜しているものの、実際にルシードの市販第一号である「Air(エアー)」が発売された頃にはテスラの主軸がモデルSからモデル3/モデルYへと移っており、しかも同じようにモデルSをターゲットとしたポルシェ・タイカン、メルセデス・ベンツEQS、アウディ E-Tron GTなど多数のモデルが同じセグメントへと投入されているという状況に。

つまり追いかけていたテスラはとうの昔に別のセグメントに移ってしまい、よってルシードは完全に肩透かしを食らってしまったという状況で(しかも厳しい環境に放り込まれている)、ルシードとしては「こんなはずじゃなかった」という感じなのかもしれません。

テスラ最大のライバルにして天敵、「ルーシッド」

そして今回はテスラが大きく値下げを行うことになり、それはルシード・エアーが仮想ライバルだと考えていたモデルSとて例外ではなく、よってルシードとしては「追いかけるべき存在がいなくなり、しかも周りにはライバルだらけ、そしかしテスラが値下げを行った以上、自社も値下げを行わねばクルマが売れない」といった状況となってしまったわけですね。

これは「デリバリーをはじめたばかり」で利益を出せていないルシードにはかなりキツい状況だと考えてよく、今回のテスラの値下げは多くの新興EVメーカーを駆逐してしまう可能性もありそうです。

ルシードの対応は右往左往

なお、今回の値下げの前、ルシードは(サプライチェーン問題を理由に)大きく値上げを行っていて、この際には多数のキャンセルが発生したといい、そのキャンセルをつなぎとめるために「顧客に14回電話すること」という通知が出されたことも報じられています。

ちなみに値上げ幅は10,000~15,000ドルだったので、今回の7,500ドルというのはそれを帳消しにするには及ばず、さらには特定の条件をクリアせねばならないという難しさもあり、ここからは「本当は値下げしたくないが、テスラが値下げしたのでやむなく値下げしなければ」といった雰囲気も見え隠れします。

テスラ最大のライバルと目されたルシードのキャンセル止まらず。社内では「キャンセル希望者に14回電話をかけるように」というマニュアルも存在することが判明
テスラ最大のライバルと目されたルシードのキャンセル止まらず。社内では「キャンセル希望者に14回電話をかけるように」というマニュアルも存在することが判明

| イーロン・マスクCEOは「ルシードはもう長くない」とツイート |この記事のもくじ| イーロン・マスクCEOは「ルシードはもう長くない」とツイート |そしてルシードをキャンセルしようと思うと14回も ...

続きを見る

いずれにしても、ルシードは何から何までテスラに翻弄されてきたという印象があり(しかもテスラはルシードのことなど意に介していない)、なにかビジネスをはじめるのであれば、あまりに状況変化の速度が早い今の世の中において「現在売れているものをターゲットにする」というスタイルがいかに危険であるかもわかりますね。

そして同時に「やはりビジネスを始めるのであれば、いかに困難であっても(テスラのように)先行者利益を得られる新規ジャンルを切り開くべき」ということも強く感じさせられる今日このごろです。

合わせて読みたい、関連投稿

テスラ
テスラの値下げ→販売急増がドイツにも波及。ベルリン工場所在地の経済大臣がテスラに「生産能力を増強するよう」異例の要請を行う

| おそらくは販売増加による経済の活性化、輸出増加による貿易黒字増加を考慮したものだと思われる |この記事のもくじ| おそらくは販売増加による経済の活性化、輸出増加による貿易黒字増加を考慮したものだと ...

続きを見る

テスラ
テスラは先行者利益によって得たマージンを使用して「値下げを行っても十分な利益を確保できる」。一方で新興そして既存自動車メーカーはこの値下げについてこれない可能性

| テスラはまたしても他社の一歩先へ、そして他社を淘汰の渦に突き落とす |この記事のもくじ| テスラはまたしても他社の一歩先へ、そして他社を淘汰の渦に突き落とす |この段階でかなりの新興EVメーカーが ...

続きを見る

テスラに続け!中国の大手EVメーカー、シャオペン(Xpeng)が10%強の大幅値下げに踏み切る!「インテリジェントな当社のEVを多くの人に」
テスラに続け!中国の大手EVメーカー、シャオペン(Xpeng)が10%強の大幅値下げに踏み切る!「インテリジェントな当社のEVを多くの人に」

| 値下げ幅はテスラとほぼ同じ、1月初旬に失った販売をこれで取り返すことができるか |この記事のもくじ| 値下げ幅はテスラとほぼ同じ、1月初旬に失った販売をこれで取り返すことができるか |需要が減って ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5