ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

イーロン・マスクCEOがじきじきにテスラ「セミ」の納車が今年から始まると明言!あわせてサイバートラックは2023年からと改めてコメント

投稿日:2022/08/14 更新日:

イーロン・マスクCEOがじきじきにテスラ「セミ」の納車が今年から始まると明言!あわせてサイバートラックは2023年からと改めてコメント

| セミの導入によって大きくテスラの評価が上がることになりそうだ |

実際にこのトラックが走る姿は相当にインパクトがありそうだ

さて、日本に導入される可能性が低く、導入されたとしてもこれを配備する企業は少ないと思われるため、あまり(我が国では)話題になっていない「テスラ・セミ」。

これはいわゆる電動セミトラックですが、2017年に発表され、その際には2019年に市場へと投入されると言われながらも(毎度のごとく)伸び伸びになっていたもの。

ただし今回テスラCEO、イーロン・マスク氏が自身のツイッターにて「今年中にテスラ・セミのデリバリーを開始する。サイバートラックは来年」とコメントしており、セミの投入が近づいていることが明らかになっていて、これは2023年だと見られていたセミの納車が一転して早まるということを意味します。

tesla-semi

テスラ・セミの最大航続可能距離は800キロ

そして今回のツイートにて明かされたのが「最初に投入されるモデルは、一回の満充電あたりの走行可能距離が最大で500マイル(800キロ)」になるということ。

ただしこのセミについては残された疑問が多数あり、そもそも価格が当初予定されていた18万ドルに収まるのかどうか。

ちなみにイーロン・マスクCEOはサイバートラックの価格が大幅に上がるであろうことも示唆しており、よってこのセミの価格も同様に「高く」なると考えて良さそうですね。

4

【動画】テスラ・サイバートラックの市販モデル?テスラのテスト施設内を走行する試作車が目撃され、ヘッドライトなど変更点が確認される
テスラが株主総会にて「悪い知らせがある」としてサイバートラックの価格とスペック変更について言及。ただし生産開始は2023年半ばからで間違いなさそう

| ボクはサイバートラックの生産開始になみなみならぬ期待を寄せている |この記事のもくじ| ボクはサイバートラックの生産開始になみなみならぬ期待を寄せている |サイバートラックの量産開始はおそらく様々 ...

続きを見る

さらに言えば、バッテリーが新型の4680となるのか、それとも旧型の2170となるのか、500マイル以外にはどういったグレードが存在するのかなど疑問も多く、しかし今年にデリバリーを始めるとなると、もうじきその情報が開示されることになるものと思われます。

3

テスラ「セミ」にはまだまだ謎が多い

このセミについては、プロトタイプがテストを行ったり、スーパーチャージャー(テスラの急速充電器)を収める姿などが目撃されていますが(セミの姿を偽装したり隠すことは難しそうだ)、生産工場についてはいまだ明かされておらず、しかしおそらくはテキサスの新しいギガファクトリーになるのでは、と言われているようですね。

ちなみにこのテキサス工場には「テスラ・メガチャージング・ステーション」が新しく設置されているといい、これもテキサス工場にてセミが生産されるというウワサを裏付けているのかもしれません。

テスラ・セミは4モーターを備えるうえ、自車の重量自体が相当に重くなり、かつ重量物を牽引するということを鑑みるに、かなりのサイズのバッテリーを搭載することは間違いなく、となると充電時間もかなりかかりそう。

よって既存のスーパーチャージャーにてこれを充電するとテスラの乗用車が充電するスペースが無くなったりしそうですが、その意味でも専用の充電施設が全米各地に用意されるのかもしれません。

1

イーロン・マスクCEOはかねてより「クリーンエナジー」「カーボンフリーのモビリティの普及」を重要視しており、このセミの導入によって大量の燃料の節約、そしてCO2排出の抑制がなされることになると思われ、いざ配備が開始され、実際にその効果が立証されたとなれば、テスラの評価も大きく上がるのかもしれません。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ・ロードスター
テスラがライバル視しているのは自動車メーカーではなく石油会社の「サウジアラムコ」!テスラはクリーンエナジーで戦いを挑み、時価総額で逆転を狙う

| なお、サウジアラムコは現在「世界最も時価総額の大きな企業」 |この記事のもくじ| なお、サウジアラムコは現在「世界最も時価総額の大きな企業」 |現在テスラの時価総額はこの1/3だが、イーロン・マス ...

続きを見る

テスラ・モデルY
イーロン・マスクのツイッターでの発言がテスラの販売を阻害している?以前は「挑戦者の偉大な夢」と捉えられたツイートが今では「金持ちの戯言」と一蹴されることも

| たしかにかつてと今ではテスラの立場も追う側から追われる側になってしまった |この記事のもくじ| たしかにかつてと今ではテスラの立場も追う側から追われる側になってしまった |立場が変われば、同じ発言 ...

続きを見る

パナソニックが米国・カンザスと日本・和歌山にてテスラ向けのバッテリー製造設備を開設!EV製造は今後バッテリーをいかに安価に、安定的に調達できるかが鍵に
パナソニックが米国・カンザスと日本・和歌山にてテスラ向けのバッテリー製造設備を開設!EV製造は今後バッテリーをいかに安価に、安定的に調達できるかが鍵に

| EVは参入障壁が低いと思われたが、ここへきてバッテリー製造工場をまかなえるだけの資本の有無が勝敗を分けるかも |この記事のもくじ| EVは参入障壁が低いと思われたが、ここへきてバッテリー製造工場を ...

続きを見る

参照:InsideEVs, ElonMusk(Twitter)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5