ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

英国プロドライブが「究極」のレーシングシミュレーターを発表!価格643万円、「電子機器というよりは、グランドピアノのように堂々としたものを作りたかった」

投稿日:2022/08/04 更新日:

英国プロドライブが「究極」のレーシングシミュレーターを発表!価格643万円、「電子機器というよりは、グランドピアノのように堂々としたものを作りたかった」

| ここ最近、非常に高額なレーシングシミュレーターの発売が相次いでいる |

そんな中では「まだ安い」部類かも

さて、先日はスバル・インプレッサWRXのレストモッド「P25」を発表した英国のレーシングカーコンストラクター「プロドライブ」。

プロドライブは、世界最高峰のラリーカー(1995年にコリン・マクレーのドライブにて優勝したスバル・インプレッサWRXなど)にて成功を収めたモータースポーツの名門で、ラリー以外だとブリティッシュツーリングカーや耐久レースに参戦するGTカーなどのレーシングカーの製造で知られます。

加えて、ル・マン24時間レースにフェラーリとアストンマーティンにて参戦しGTクラスにて優勝を果たたほか、トータルで1200以上ものレース(サーキット、オフロード問わず)を戦い、300以上の勝利と500回近い表彰台を獲得していますが、今回はその活躍の場をeスポーツへと移し、「現代では最高峰の」レーシングシミュレーターを発表することに。

スバル・インプレッサ22Bを「現代に蘇らせる」至高のレストモッド「プロドライブP25」公開!406馬力にレーススペックの仕様を持ち、25台限定、価格は7650万円
スバル・インプレッサ22Bを「現代に蘇らせる」至高のレストモッド「プロドライブP25」公開!406馬力にレーススペックの仕様を持ち、25台限定、価格は7650万円

| 見た目は当時のスバル・インプレッサWRXと大きく変わらないが、ボディパネルがカーボン製に置き換えられ、エンジンはじめドライブトレーンはレーススペックに |この記事のもくじ| 見た目は当時のスバル・ ...

続きを見る

デザインを担当したのは元ジャガーのデザイナー

デザインを手掛けたのは「デザインハウス・カラム」だとされ、これは前ジャガーのデザイナーであるイアン・カラム氏が主宰するデザイン会社。

ジャガーのデザインを20年率いたイアン・カラム退任。今回は韓国や中国からの引き抜きではなさそう。その人物とは?

| 今後は「別のデザインプロジェクトを模索することになる」 | 20年という長きに渡ってジャガーのデザイン部門を率いてきたイアン・カラム氏。そのイアン・カラム氏が退社することになったとジャガーが発表し ...

続きを見る

ちなみにプロドライブがちょっと前に発表したスーパーオフローダーもイアン・カラム氏のデザインなので、両者の関係はかなり強固だと考えていいのかもしれません。

イアン・カラム氏はこのシミュレーターについて「このプロジェクトには、技術的に刺激的で、かつ視覚的に印象的なものを作るという、非常に明確なビジョンがありました。機能的でよく知られた自動車のような構造ではなく、より抽象的で現代的、かつエレガントなもにしたかったのです。その結果、非常に興味をそそられるデザインに仕上がっており、シミュレーターとわかっていても、ついつい見入ってしまう美しさを持っています。そのフォルムとピアノブラックの光沢仕上げは、レーシングシミュレーターをまったく新しい次元へと導き、リビングスペースに優雅に佇む家具のように見せているのです」とコメントしています。

Prodrive-Simulator (2)

プロドライブがスゴいの出した!608馬力、0−100km/h加速4秒以下、最高速300キロのモンスターオフローダー、「ハンター・オールテレーン・アドベンチャービークル」見参
プロドライブがスゴいの出した!608馬力、0−100km/h加速4秒以下、最高速300キロのモンスターオフローダー、「ハンター・オールテレーン・アドベンチャービークル」見参

| エキゾチックなカテゴリではあるが、ハンター・オールテレーン・アドベンチャービークルのデザインもエキゾチックすぎた |この記事のもくじ| エキゾチックなカテゴリではあるが、ハンター・オールテレーン・ ...

続きを見る

世界最高峰のレーシングシミュレーターはこんな仕様を持っている

このレーシングシミュレーターは、16層のバーチ材で構成されたキャノピー、そしてカーボンファイバー製モノコックによって構成され、プロドライブによると「12GBのGeForce RTXグラフィックスカードと16GBのメモリを搭載した専用システムを中心に、滑らかなグラフィックスを実現する49インチの高解像度ディスプレイを持ち、シムキューブ・ステアリングモーターと結合したプレシジョン・シム・ステアリングホイールによる正確極まりない入力を可能とし、ペダルボックスはリアルな体験を追求してメカニカル構造を意図的に採用」。

なお、カーボン製モノコックはフローティング構造を採用しており、このシミュレーターのひとつのハイライトとなっています。

Prodrive-Simulator (7)

ちなみにこのレーシングシミュレーターの価格は39,000ポンド、日本円にして約643万円。

購入希望社はプロドライブの顧客リストへと登録した後にプロドライブの本社を訪問して実際に体験ができるそうですが、その結果購入に至ればプロドライブが「自宅までに配送を手配すること」になるのだそう。

Prodrive-Simulator (6)

プロドライブ会長、デビッド・リチャーズ氏によれば、「より多くのデジタル機器が家庭に置かれるようになった今、より印象的な作品を作ることを考えた」といい、「ここ数年、ゲームやeスポーツを始める人が爆発的に増えてました。しかし、私はテクノロジーと現代的な家具を融合させ、邪魔にならない場所に置くのではなく、グランドピアノのように家に飾っておけるような、誇れるものを作りたかったのです。現代美術のギャラリーに置いても違和感のないものに仕上がったと自負しています」。

Prodrive-Simulator (3)

たしかにこのレーシングシミュレーターの細部を見ると、もはやeスポーツ用のデバイスというよりは「家具だともオブジェだとも」捉えることができそう。

Prodrive-Simulator (4)

そして金属パーツ、カーボンパーツのフィニッシュを見るに「プロドライブがレーシングカーを作るのと同じクオリティ」で仕上げられていることもわかり、ある意味では643万円という価格も高いと断じることはできないのかもしれません。

Prodrive-Simulator (5)

合わせて読みたい、レーシングシミュレーター関連投稿

その価格780万円!アストンマーティンが「究極の」個人向けレーシングシミュレーターを発売

| 誰が買うんだろうとは思うが、けっこう重要はあるようだ | さて、アストンマーティンが「AMR-C01」なるレーシングシミュレーターを発表。これは「民生用」つまりゲーマーが自宅に置くことを想定したも ...

続きを見る

FANATECがベントレーのレーシングカーとシミュレーター「兼用」で使用できるハンドルコントローラーを発売
いくらするんだろうなコレ・・・。FANATECがベントレーのレーシングカーとシミュレーター「兼用」で使用できるハンドルコントローラーを発売

| もしかすると、これは今後のちょっとした流行になるかもしれない |この記事のもくじ| もしかすると、これは今後のちょっとした流行になるかもしれない |使用する予定はないが、とてつもなく欲しい素材はカ ...

続きを見る

予想落札価格1800万円!ピニンファリーナがデザインした「クラシックカー風のレーシングシミュレーター」が競売に登場
予想落札価格1800万円!ピニンファリーナがデザインした「クラシックカー風のレーシングシミュレーター」が競売に登場

| デザインは1940年代にピニンファリーナがデザインしたクラシックカーを再現 |この記事のもくじ| デザインは1940年代にピニンファリーナがデザインしたクラシックカーを再現 |インテリアには高価な ...

続きを見る

参照:Prodrive

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5