ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■旅行/外国ネタ ■近況について

久しぶりに香港へ(8)。もはや姿を消しつつある飲茶へ、そして最先端の商業施設「K11」へ。様変わりしつつある香港を体感する

投稿日:2023/01/09 更新日:

久しぶりに香港へ(8)。もはや姿を消しつつある飲茶へ、そして最先端の商業施設「K11」へ。様変わりしつつある香港を体感する

| 旧来の香港は姿を消しつつあり、新しい香港へと生まれ変わろうとしている |

ボクはどちらも好きではあるが、古い香港が姿を消すのはちょっと寂しい

さて、香港トリップ最終編をお届けしたいと思いますが、まずは飲茶で有名なロンドンレストランから。

コロナ禍に入ってから多くのレストランが閉店していますが、このロンドンレストランは頑張って営業を続けており、久しぶりに寄ってみることに。

けっこうハードルが高い店のひとつであるのは間違いなく、というのもいつも満席で、そして座る席は自分で見つけなければならず、空いている席があれば相席であっても(座っている人に)声をかけて場所を確保せねばいつまでたっても食べることができないため。※席を見つけられずにいると、見かねてお店の人が席を作ってくれることもある

そして席につくとお店の人が伝票を持ってきれくれるので、その伝票を持ってフロア内を回っているワゴンやキッチンにて好きな食べ物をもらい、その際に伝票に値段を書き込んでもらい、最終的にその伝票をもって精算するというシステムです。

L1013603

香港では遠慮していては何もできない

とにかく香港では遠慮していては何もできないので、現地の人を見習ってグイグイと攻めるしかなく、欲しい物があれば人をかき分けつつそこへ行って「これちょうだい」というわけですね。

L1013605

蒸した餃子のようなものに・・・。

L1013610

エビ団子に・・・。

L1013612

名物のココナッツプリン(ウマい)。

L1013613

一通り食べた後にレストランを後にし、ちょっと街を歩いていて見かけたのがこのケンタッキー・フライドチキンのバイト募集のポスター。

カーネルサンダースおじさんがとんでもなくイケメンになってますね。

L1013614

ちなみにトヨタ・マークX率高し(しかも殆どが改造されている)。

香港含む中華圏ではかなりセダンが好まれると言われ、実際にセダンの比率はかなり高いもよう。

L1013616

BMWユーザーはカスタムを好むようで、メルセデス・ベンツユーザーはノーマルのまま乗る人が多いといった印象です。

L1013623

そのあとはペニンシュラホテルへと戻ってくると、エントランス前には「ペニンシュラグリーン」の特別仕様ロールスロイスが鎮座。

L1013630

新名所「K11」はその規模がケタ違い

そして海沿いを歩いて新しく(3年くらい前に)できたショッピングモール、「K11」へ。

L1013634

ペニンシュラはシャネル、ハーバーシティはディオール、そしてK11はバーバリーとのタイアップによる展示がなされており、特設スケートリンクが設けられています(やはりインスタ女子ばかり)。

L1013637

スキーリゾートを意識したゴンドラが設置されていますね。

L1013639

そしてこのK11はセレブ向けの商業施設なので、その作りもセレブ仕様。

L1013662

ちなみに香港のあちこちでは草間彌生関連の展示やイベントが開催されており、ルイ・ヴィトンと草間彌生とのコラボ製品の発売に合わせたのかもしれません。

L1013677

ここ最近香港で増えてきたジェントルマン向けの高級バーバー。

L1013682

何やら美味しそうなスイーツも。

L1013683

アメリカっぽいパイのようですね。

L1013687

英国っぽい高級家具店に・・・。

L1013690

バーやキャビア専門店、トリュフ専門店も。

L1013691

まあスゴい作りだな・・・という店内のつくりに驚かされます。

L1013709

フロアごとにコンセプトが異なり、比較的若い顧客をターゲットにしたフロアはこんな感じでアートを押し出したデザインが採用されることに。

ちなみに以前入居していたミニカーのお店がなくなっていてちょっと残念(香港はオートアートの本拠地でもあり、ミニカーの人気が高い。オートアートのオンリーショップも存在するほか、ハーバーシティにもミニカーショップが入っている)。

L1013706

そして夜景の見えるイタリアンレストランにて夕食を摂り・・・。

L1013734

翌朝には帰国となりますが、ぼくは靴下や下着、部屋着などをボロボロになるまで着る習性があり、そういった着古した衣類を旅行時に持って行き、旅先にて捨てて帰るようにしています。

そうすると帰りの荷物が軽くなり、帰宅した後の洗濯物の量も減るので後片付けも楽になるわけですね。

L1013752

このほかの画像はFacebookページのアルバム「香港2022/12−2023/1 | Hongkong (1)」「香港2022/12−2023/1 | Hongkong (2)」「香港2022/12−2023/1 | Hongkong (3)」「香港2022/12−2023/1 | Hongkong (4)」「香港2022/12−2023/1 | Hongkong (5)」に保存しています。

合わせて読みたい、香港関連投稿

久しぶりに香港へ(4)。ハイブランドのショップが急増、ペニンシュラホテルはシャネルとのコラボレーションにて「シャネル仕様」に
久しぶりに香港へ(4)。ハイブランドのショップが急増、ペニンシュラホテルはシャネルとのコラボレーションにて「シャネル仕様」に

| 香港は今、急速に「ラグジュアリー」へと変貌を遂げつつある |この記事のもくじ| 香港は今、急速に「ラグジュアリー」へと変貌を遂げつつある |とくにルイ・ヴィトン筆頭のLVMHグループが席巻中ブライ ...

続きを見る

久しぶりに香港へ(2)。 やはり香港の夜は華やかだった。ボクは香港島と九龍島との移動にはいつもフェリーを利用する
久しぶりに香港へ(2)。 やはり香港の夜は華やかだった。ボクは香港島と九龍島との移動にはいつもフェリーを利用する

| 夜になると「変わらぬ香港」が顔を見せ、ちょっと安心 |この記事のもくじ| 夜になると「変わらぬ香港」が顔を見せ、ちょっと安心 |夜の香港はいつもどおりにぎやかだ香港には様々な食べ物がある今年の香港 ...

続きを見る

久しぶりに香港へ(3)。ひとくちに香港といっても香港島と九龍島では性格が異なっていて面白い
久しぶりに香港へ(3)。ひとくちに香港といっても香港島と九龍島では性格が異なっていて面白い

| 香港はどんな時間帯、どんな人でも楽しめるのが大きな魅力 |この記事のもくじ| 香港はどんな時間帯、どんな人でも楽しめるのが大きな魅力 |古さと新しさ、伝統とテクノロジーが凝縮されている香港島と九龍 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■旅行/外国ネタ, ■近況について
-, , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5