ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

アストンマーティンがヴァンテージに60台のみの限定モデル「ヘリテージ・レーシング」発表。当時と同じカラーを身にまとい専用エアロパーツを装着

投稿日:2019/07/05 更新日:

| 最も古いモチーフは1923年の”レーザーブレード” |

アストンマーティンがヴァンテージに「ヘリテージ・レーシング・エディション」を追加すると発表。

2019年という年、そしてグッドウッドはアストンマーティンにとって非常に重要な意味を持ち、ひとつは1959年のル・マンにてDBR1は1-2フィニッシュを決めたこと。
そしてもうひとつははじめてアストンマーティンがグッドウッドを走ったのがちょうど70年前であった、ということ。

そして今回のヴァンテージ・ヘリテージ・レーシング・エディションは、そういった「節目」を記念するモデルとなるようですね。

アストンマーティン・ヴァンテージ・ヘリテージ・エディションの生産台数は60台のみ

そしてこのアストンマーティン・ヴァンテージ・ヘリテージ・エディションの生産台数は60台に限定され、選べるカラーも6種のみ。

これらボディカラーそして特別に装着されるエアロパーツは、アストンマーティンのカスタム部門「Q」によるもので、特にボディカラーやグラフィックは念入りに決定されているようですね。

なお、6色が各10台づつ用意されるのか、それとも60台に受注が達するまでは6種均等でなくともどれかに偏りがあってもOKなのかどうかは不明です。

aston-martin-vantage-heritage-racing-edition (4)

装着されるエアロパーツはカーボンファイバー製のリアウイング、フロントスポイラー、カナードで構成され、これらは時速306km/h時にダウンフォースを194kg増加させる働きがある、とのこと。

加えて、「オリジナルのデザインを維持している」の特徴で、ヴァンテージの美しさを損なうどころか強調しているようにも思います。

aston-martin-vantage-heritage-racing-edition (1)

加えて、いずれのデザインも軽量ホイールそしてスポーツプラスパック、インテリアにはカーボン製トリムが装着されているようですね。

カラーリングは過去のレーシングカーをイメージ

なお、この「6種類」のカラーリングは過去のレーシングカーをイメージしており、1923年にブルックランズにて2つのレコードを樹立した「レーザーブレード」、1935年のル・マンを3位でフィニッシュした「アルスター」、1989年の「AMR1」、イエローとグリーンの「DB3S」、2007年と2008年にル・マンで優勝したD「BR9」など。

なお、一番前に位置しているグリーンの個体が「レーザーブレード」をイメージしたものだそうですが、他のデザイン同様に「当時と全く同じカラー」にてペイントされているそうです。

現在アストンマーティンはこれに近い(同じ?)グリーンを”AMRライム”としてAMRモデルのアクセントに採用していますが、そのルーツは1923年にあった、ということになりますね。

aston-martin-vantage-heritage-racing-edition (2)

今回アストンマーティンはグッドウッドの「センター」に陣取るそうで、中央のモニュメント(高さ30メートル)は今回「アストンマーティン仕様」となり、1959年のル・マンで優勝したDBR1が飾られています。

今回の「ヴァンテージ・ヘリテージ・レーシング・エディション」について、発売時期や納車時期、価格については今のところ公表はなく、日本での発売や割当も不明。
ただ、アストンマーティンは比較的日本を重要視しており、おそらく数台は回ってくるんじゃないかと考えています。

Aston_MartinGoodwood_FoS_201902-jpg

VIA:ASTONMARTIN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5