ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

24年ぶりにF1ペースカーへメルセデス以外のブランドが採用!アストンマーティンがカスタム仕様のヴァンテージ、メディカルカー仕様のDBXを公開

投稿日:

F1セーフティカー仕様のアストンマーティンヴァンテージ、メディカルカー仕様のDBXが公開

| F1ペースカー仕様のヴァンテージは「ダウンフォース+60kg、出力+25kg」 |

アストンマーティンがF1向けのセーフティカーとしてヴァンテージを導入すると発表し、同時にその車両も公開。

アストンマーティンは2021年シーズンよりF1へと参戦することになりますが、そのF1マシンと同じアストンマーティン・レーシング・グリーンへとペイントされ「ライム・エッセンス」のハイライトが用いられています。※2021年シーズンは、メルセデスAMGとアストンマーティン両方がセーフティカーを務める

アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開
【動画】アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開に。両者の共通点についても語られる

| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている |この記事のもくじ| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている |アストンマーティン・ヴァルキリーはこんなクルマアストンマーテ ...

続きを見る

”F1セーフティカー”ヴァンテージは「特別仕様」

そしてこのヴァンテージはもちろん「特別仕様」。

フロントにはベーン・グリル(これはカスタマー向けにオプションで選択できるようになった)、そしてスポイラー(ダウンフォースが最大で60kg増加)とカナードが装着され、リアにはウイング、そしてルーフにはもちろんライトバー。

そしてこのライトバーはエアロダイナミクスを考慮した専用設計となり、リアウイングへと適切にエアを導くためのデザインがなされている、とのこと。

加えてライトバー後方にはカメラが装着され、捉えた映像を車内のモニターに表示できるようですね。

Aston-Martin-Vantage-F1 (4)

なお、アストンマーティンは外観だけではなくドライブトレーンにも手を加えており、4リッターV8ツインターボエンジンは+25HPの528HPを発生するとアナウンスされています。

Aston-Martin-Vantage-F1 (3)

F1のペースカーは24年間、メルセデス・ベンツのみの提供だった

F1におけるセーフティカーの導入は1973年のカナダグランプリとされていますが、正式にルールが制定されたのは1992年のブラジルGP。

しかし正式に導入されたといえどもペースカーが遅く、ペースカー投入時にF1マシンのタイヤ温度が下がるといった問題があり、そこで導入されたのがメルセデス・ベンツ製の高性能スポーツカー。

1996年がメルセデス・ベンツにとっての初舞台だとされていますが、メルセデス・ベンツはそこから今に至るまでずっとペースカーを担当することとなっています。

2021-mercedes-amg-gt-r-c63-s-estate-f1-safety-medical-cars-4

ただ、今回メルセデス・ベンツ(AMG)に加えアストンマーティンへがセーフティカー(ペースカー)に採用された背景としてはAMGの意向が大きく関係しているものと思われ、というのも現在AMGはアストンマーティンに対する支配力を強めており、アストンマーティンのプレゼンスを高めたいと考えている(と思われる)ため。

おそらくこの「セーフティカー投入」もその一つに過ぎず、今後は様々な場面にてアストンマーティンの露出が高まるものと思われます。

アストンマーティン
アストンマーティンCEOがAMGのトップに置き換えられた!今後は「この人事がメルセデスの意向かどうか」によって変わりそう

| アンディ・パーマー氏は当面CEOのポジションを継続すると発表されていたが |この記事のもくじ| アンディ・パーマー氏は当面CEOのポジションを継続すると発表されていたが |アンディ・パーマー氏は元 ...

続きを見る

アストンマーティンは「メディカルカー」DBXも公開

そしてアストンマーティンは、セーフティカーとしてのヴァンテージのほか、メディカルカーとしてDBXを公開。

Aston-Martin-Vantage-F1 (2)

メディカルカーについても、これまでメルセデスAMGが担当しており、C63ステーションワゴンなどが採用されることが多かったものの、こちらもあわせてアストンマーティンがそのラインアップに加わったということになりますね。

Aston-Martin-Vantage-F1 (5)

ボディカラーはやはりアストンマーティンレーシング、そしてライムエッセンスのアクセント入り。

ルーフにはLEDバー、ライセンスプレート部分にもLEDが仕込まれています。

Aston-Martin-Vantage-F1 (6)

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティンが突如、腕時計メーカー「ジラール・ペルゴ」とのコラボを発表
アストンマーティンが突如、腕時計メーカー「ジラール・ペルゴ」とのコラボを発表!これまでのパートナー「タグ・ホイヤー」との提携は解消?

| アストンマーティンはタグ・ホイヤーとの提携を発表したところだったが |この記事のもくじ| アストンマーティンはタグ・ホイヤーとの提携を発表したところだったが |ジラール・ペルゴはこんな腕時計メーカ ...

続きを見る

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ
アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ!それに伴い発売も1年遅れて2023年に

| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化ということになりそう |この記事のもくじ| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化とい ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンが投資家向けに今後の計画を公開。「ヴァルキリーとDBXに派生モデル」「新型SUV」「フロントエンジン車は全入れ替え」「ヴァンキッシュにはピュアEVも」

| さらに2030年には全ラインナップの90%をエレクトリック化 |この記事のもくじ| さらに2030年には全ラインナップの90%をエレクトリック化 |フロントエンジンモデルは「フルリフレッシュ」DB ...

続きを見る

参照:AstonMartin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5