ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

人気SUV3モデルにリコール発表!ランドローバーは「ディフェンダー」ディスカバリー」、ポルシェは「カイエン」

投稿日:

関西初公開!新型ランドローバー・ディフェンダー「90」を見てきた

| ランドローバー・ディフェンダー/ディスカバリー共に「比較的珍しい」リコール内容 |

やはりカイエンはポルシェの中では比較的リコールが多い

さて、現在非常に人気が高く、中古車の価格が新車を上回っている状態の新型ランドローバー・ディフェンダー。

メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)があまりに手に入りにくいため、セレブがディフェンダーに多く流れているという話もありますね。

ちなみにディフェンダーのボディサイズは全長4583ミリ、全幅2008ミリ、全高1974ミリなので、まず普通の駐車場に保管することは難しく、よって「自宅に大きな駐車場を持つ」セレブに購買層が集中していることも容易に理解できます。

関西初公開!新型ランドローバー・ディフェンダー「90」を見てきた
関西初公開!新型ランドローバー・ディフェンダー「90」を見てきた!!本気で欲しいがすでに2021年モデルは完売済み

| ディフェンダーはかなり大きなクルマであるにもかかわらず、多くの注文を獲得しているようだ |この記事のもくじ| ディフェンダーはかなり大きなクルマであるにもかかわらず、多くの注文を獲得しているようだ ...

続きを見る

そのディフェンダー90に早速リコール

そして今回、そのディフェンダー90に早速リコールが発表されていますが、内容としては「シートレール」に起因するもの。

以下の通り公表されており、問題の解決にはシートフレームを対策品に交換する必要があるようです。

前列シートフレームにおいて、最前部及び最後部の停止位置にあるブラケットの強度が不足しているため、手動でシートを最前部又最後部に強い力で移動した場
合、ブラケットが変形することがある。そのため、ロック位置がずれる事により、シートを正しい位置で固定出来ないおそれがある。

国土交通省

今回のリコール対象となるのは令和3年3月15日~令和3年5月18日に輸入された175台(けっこう多い)で、現在報告された不具合件数はゼロ、もちろんこれに起因する事故もゼロ。

問題を知ることになったのは「本国メーカーからの情報」とあるので、本社から不具合の通知があったものと思われます。

3

ランドローバーはディスカバリーにもリコール届け出

そしてランドローバーはディスカバリーにもリコールを発表。

こちらはバッテリーのアース関係となり、対策としてはボルトを交換する必要がある、とのこと(ボディ側のネジ山が潰れていたらけっこう面倒なことになっていた)。

対象となるのは令和2年10月10日~令和3年6月29日に輸入された21台で、やはり不具合/事故件数はゼロ、問題発見の動機は「本国メーカーからの情報」です。

バッテリマイナスケーブルのボディ側アース取付部において、作業管理が不適切なため、取付ボルトの締結トルクが大きい状態のものがある。そのため、当該ボルトのネジ山が破損し、原動機及び電装品に電源が供給されず、最悪の場合、原動機が始動しない又は走行中にエンストするおそれがある。

国土交通省
2

ポルシェはカイエンにリコール届け出

ランドローバーに加えてポルシェもカイエンに対してリコールを出しており、内容としては「エンジンスターター」。

平成30年5月22日~平成30年11月12日に輸入されたカイエン、カイエンS、カイエン・ターボ合計168台が影響を受け、スターターそのものを交換する必要がある、とのこと。

実際にこれに起因した事故は発生していないものの、不具合そのものは48件報告されており、対象台数からすると「かなり高い比率」でトラブルが出る模様。

発見の動機としては「本国及び市場からの情報による」。

カイエンはポルシェの中では(パナメーラとともに)リコールが比較的多いモデルとして知られますが、そのリコールの内容も多岐にわたるようですね。

エンジン始動用のスタータにおいて、製造工程管理が不適切なため、エンドカバーのねじがゆるむことがある。そのため、スタータが作動しなくなり、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

国土交通省
1

合わせて読みたい、リコール関連投稿

トヨタ/レクサスが11万台の大規模リコール!ヤリス、ハリアー、アルファード、センチュリー、レクサスISなど39車種。通信モジュールやハイブリッド機能に問題
トヨタ/レクサスが11万台の大規模リコール!ヤリス、ハリアー、アルファード、センチュリー、レクサスISなど39車種。通信モジュールやハイブリッド機能に問題

| いずれもトヨタらしく迅速に対応したようだ |この記事のもくじ| いずれもトヨタらしく迅速に対応したようだ |さらには問題発生前に社内で発見し対処した不具合も実際に不具合が起きた件数はさほど多くはな ...

続きを見る

ポルシェが珍しく「(986世代の)ボクスターとケイマン」にリコール届け出。足回りのパーツが経年劣化で破損する模様。再現率は6.5%と低くない
ポルシェが珍しく「(986世代の)ボクスターとケイマン」にリコール届け出。足回りのパーツが経年劣化で破損する模様。再現率は6.5%と低くない

| ポルシェはもともとリコールが少なく、スポーツモデルはさらにリコールが少ないことで知られるが |この記事のもくじ| ポルシェはもともとリコールが少なく、スポーツモデルはさらにリコールが少ないことで知 ...

続きを見る

シボレー・ボルトの火災
シボレー・ボルトが「燃える」可能性にて全数リコール!シボレー「ガレージに置かないよう」「他の車と15m間隔を開けて駐車して」「充電中は目を離すな」。今後誰も買わなさそうだ・・・

| これだけ大ぴらに報じられて全数リコール、そしてメーカーが不具合を認めたとなると今後の販売はかなり苦しいだろう |この記事のもくじ| これだけ大ぴらに報じられて全数リコール、そしてメーカーが不具合を ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5