ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンの新型レーシングカー「アルトゥーラGT4」発表!ノンハイブリッド、先代の570S GT4に比較し100kg以上も軽量化

投稿日:

マクラーレンの新型レーシングカー「アルトゥーラGT4」発表!ノンハイブリッド、先代の570S GT4に比較し100kg以上も軽量化

| 続々発表されるGT4クラスのレーシングカー。モータースポーツは日増しにアツくなるようだ |

やはり大排気量エンジンの時代はもう終わりなのか

さて、マクラーレンがアルトゥーラGT4を発表。

これは言うまでもなくGT4クラスに参戦可能なスペックを持つレーシングカーで、これまでの「570S GT4」にかわるもの。

ただ、V8エンジンを積んでいた570S GT4に対し、アルトゥーラはV6エンジン、そしてレギュレーションによって「ハイブリッドなし」となっています。

今回公開された車両はマクラーレンらしいオレンジをベースにブルーとグレーのグラフィックが入り、もちろん市販車とは異なるエアロパッケージが採用され、このエアロパッケージはスプリッター、カナード(エアロフリック)、ダクト付きフロントフード、リアウイングにて構成されています。

アルトゥーラGT4は570S GT4に比較して100kg以上も軽量化

なお、このアルトゥーラGT4の大きな武器は「軽量化」。

もともとアルトゥーラはハイブリッドカーとして設計されており、ハイブリッドシステムに必要なエレクトリックモーターやバッテリーの重量を相殺するために軽量性が追求されたクルマではありますが、アルトゥーラGT4ではそこからハイブリッドシステムを取り除いたことで、結果的に570S GTに比較して100kg以上も軽量化されています(ロードバージョンのアルトゥーラに比較しても130kg軽い)。※市販車のドライウエイトだと570Sが1313kg、アルトゥーラが1395kg

マクラーレン初の量産ハイブリッド「アルトゥーラ」発表!HV専用設計を持ちバックギア無し
マクラーレン初の量産ハイブリッド「アルトゥーラ」発表!HV専用設計を持ちバックギア無し、ハイブリッドにしかできないことが満載で2385万円

| この馬力でこの価格は相当に破壊力がある |この記事のもくじ| この馬力でこの価格は相当に破壊力がある |マクラーレン・アルトゥーラのパワートレーンは新設計マクラーレンの軽量設計思想は随所に現れるそ ...

続きを見る

アルトゥーラの車体構造の核となるのはMCLA(マクラーレン・カーボン・ライトウエイト・アーキテクチャ)ですが、アルトゥーラでは570Sよりもコンパクトなエンジンを搭載し、かつハイブリッドシステムを排除したことにより、重量低減もちろん応答性の向上、重心の低下といったメリットが得られ、かつバッテリーが占めていたスペースを燃料タンクや補助駆動システム用として活用するなど、バランスや効率といった点でも優位性があるようですね。

そのほかの特徴としては、ボッシュ・モータースポーツ社製のV6ツインターボECUとモータースポーツ用モジュラーワイヤリングハーネスの導入、570S GT4よりもショート化されたギアレシオを持つ特注7速ギアボックスと機械式リミテッド・スリップ・デフが挙げられています。

ちなみに公道走行版のアルトゥーラに採用されるのは8速デュアルクラッチですが、こちらは「リバース(後退/バック)をエレクトリックモーターの逆回転で行う」ためにバックギアを持たないという特殊なもので、これが競技用の7速ギアボックスへと置き換えられているわけですね。※同じハイブリッドでも、フェラーリ296GTBにはバックギアが備わる

加えてサスペンションのセットアップも競技用に、そしてブレーキシステムもレーススペックへと変更されていますが、その冷却効率が向上しているほか、フロントではタイヤ幅を拡大するなど微妙な調整も行われています(グリップ向上が主目的だが、摩耗を遅らせることも考慮されているという)。

なお、ボディパネルの着脱が容易になり、メンテナンス性が(570S GT4に比較して)向上したこともカスタマーチームにとっては見逃せないポイントかもしれません。

ドライバーエイドとしてはモータースポーツ用ABS、アジャスタブルトラクションコントロール、オプションではタイヤ空気圧モニタリングシステム、V-boxテレメトリー、衝突回避システムも用意されており、安全性も向上しているようですね。

マクラーレン・アルトゥーラGT4のコクピットはこうなっている

そしてこちらはアルトゥーラGT4のコクピット。

もちろんFIAの規定に準拠しており、カーボン製バケットシート(オプションで助手席も用意される)、アジャスタブルペダルボックス、イルミネーションつきステアリングホイール、ボッシュ製デジタルメーター、オプションではドリンクシステムも選べるそうですが、最近のレーシングカーにおいて「標準化」が進むエアコンについては(標準装備としてアナウンスされていないので)備わっていないのかもしれません。

このマクラーレン・アルトゥーラGT4のパブリックデビューはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードとなりますが、そこではマクラーレンのワークスドライバー、ロブ・ベル氏がステアリングホイールを握ってヒルクライムに挑戦する、とのこと。

合わせて読みたい、マクラーレン・アルトゥーラ関連投稿

マクラーレンが「周囲の環境に応じて色が変化する」特殊な塗料を使用したアルトゥーラをドバイの超高級ホテルに展示!これが実用化されれば楽しそうだ
マクラーレンが「周囲の環境に応じて色が変化する」特殊な塗料を使用したアルトゥーラをドバイの超高級ホテルに展示!これが実用化されれば楽しそうだ

| マクラーレンもついにアートカーへと参入 |この記事のもくじ| マクラーレンもついにアートカーへと参入 |アートカーをビジネス的に正当化することは難しそうだが、知識層へのアピールには役立ちそうマクラ ...

続きを見る

マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレン・アルトゥーラを見てきた!この時点でここまで完成されたハイブリッドスポーツを出されると、他メーカーはさぞやりづらいだろうな・・・。

| スポーツカーとしてのパッケージング、バランスはマクラーレン史上最高かもしれない |この記事のもくじ| スポーツカーとしてのパッケージング、バランスはマクラーレン史上最高かもしれない |マクラーレン ...

続きを見る

マクラーレン・アルトゥーラのカーコンフィギュレーター公開
マクラーレン・アルトゥーラのカーコンフィギュレーター公開!ボディカラーは35色、インテリアの選択肢は2パターンと少なめ

| パッケージオプション追加でずいぶんイメージが変わるようだ |この記事のもくじ| パッケージオプション追加でずいぶんイメージが変わるようだ |マクラーレン・アルトゥーラの4つの仕様はこうなっているマ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5