ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン自身による「左右色違い」カスタムが公開!メーカー公式カスタムでここまでの表現ができるとは・・・。

投稿日:2022/08/14 更新日:

マクラーレン自身による「左右色違い」カスタムが公開!メーカー公式カスタムでここまでの表現ができるとは・・・。

| 以前からマクラーレンのカスタムに対する許容度は非常に高かったが |

文字通りマクラーレンのカスタムに関するポテンシャルは「無限」だと考えられる

さて、マクラーレンはこれまでにも「グラデーション」ペイントを施した個体をいくつか発表しており、たとえば「上下」や「特定の角度から光が当たったという過程」でのグラデーションが見られたものの、なんと今回は「左右」という今までにないカラーシフトを持つ車両が公開されています。

この車両は765LTスパイダーで、運転席側(左)はブラック、右側はマクラーレンらしいオレンジという仕様です。

さらにこの2色の中央にあるのはハニカムパターンというやはり例のないパターンでもありますね(このハニカムパターンにも強弱がつけられている)。

マクラーレンが「生い茂る緑」をテーマにしたグラデーションの”GT”を公開!ペイントにかかるのは430時間

|  その名はヴァーダント・テーマ GT バイMSO、内外装ともグリーンづくし |この記事のもくじ|  その名はヴァーダント・テーマ GT バイMSO、内外装ともグリーンづくし |実車を見ると相当にイ ...

続きを見る

オーダーしたのは株式のトレーダー

なお、このマクラーレン765LTスパイダーをオーダーしたのは株式トレーダーのペリー・"PJ"・マトロックだといい、その要望に答えたのはもちろんマクラーレンの特別車両制作チーム「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」。

2022-08-13 19.35.54

リアから見てもやはり「半々」。

2022-08-13 19.35.41

リアウイングの裏面は一面ブラック、そしてそのエッジはオレンジ。

2022-08-13 19.35.05

ホイールもブラック、そしてルーフもブラック(ドアミラーキャップも左右ともブラック)。

なお、こういった塗装は仕上がりを予想することが非常に難しく、ある意味では「賭け」な部分もあるかもしれませんね。

2022-08-13 19.34.53

そしてハニカムグラフィックの「ブラック側」が太く、「オレンジが側」はフェードアウトしオレンジへと溶け込む仕様です。

2022-08-13 19.35.23

このハニカムがあるのとないのとではかなり印象が変わるものと思われ、これがあるがために芸術的な仕上がりとなっているようにも思えます。

2022-08-13 19.34.46

このマクラーレン765LTのインテリアはこうなっている

そしてこちらはこのマクラーレン765LTのインテリア。

ブラックをベースにオレンジのアクセントが付与されていますが、シートのカラーは左右で変更しておらず両方ともブラック。

むしろ左右同色であるところがシックでもあり、安っぽくならずに良かったのかもしれませんね。

2022-08-13 19.35.28

合わせて読みたい、マクラーレン765LT関連投稿

【動画】Youtubeチャンネル登録者1610万人!米ユーチューバーに内外装ピンクな「マクラーレン765LTピンクマジック」が納車される
【動画】Youtubeチャンネル登録者1610万人!米ユーチューバーに内外装ピンクな「マクラーレン765LTピンクマジック」が納車される

| ここまでの逸材が今まで大きく報じられなかったのが驚きだ |この記事のもくじ| ここまでの逸材が今まで大きく報じられなかったのが驚きだ |このマクラーレン765LTの製作にかかったのは1年、価格は8 ...

続きを見る

手が入ってないパーツはひとつもない!史上もっともカスタムされたマクラーレン765LTがカナダにて納車される
手が入ってないパーツはひとつもない!史上もっともカスタムされたマクラーレン765LTがカナダにて納車される

| このカスタムにどれだけの費用がかかったのかは明かされていない |この記事のもくじ| このカスタムにどれだけの費用がかかったのかは明かされていない |そしてこれだけの仕様を決めるにはそうとうな時間が ...

続きを見る

マクラーレン765LTのノヴィテックチューン
【動画】マクラーレン最強との誉れ高き765LTを855馬力へ!ノヴィテックがカーボンパーツとともにチューニングメニューを公開

| 相変わらずノヴィテックはやることが過激すぎる |この記事のもくじ| 相変わらずノヴィテックはやることが過激すぎる |カスタムパーツはカーボン満載出力は「3段階」ノヴィテックがチューンするマクラーレ ...

続きを見る

参照:pjmatlock

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5