ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

ブガッティ・シロンの燃費公称値がスゴい。街中ではリッターあたり3.83キロ

投稿日:2017/08/03 更新日:

ブガッティ・シロンの燃費性能が明らかに。
ブガッティが明らかにした(EPAに届け出た)ところでは、燃費の公称値は「リッター4.68キロ」。
8リッター4ターボエンジンを搭載し、出力1500馬力、最高速度450キロを標榜する車としては「悪くない」数字だと思います。
なお、この数字は「高速道路と市街地複合」によるもので、高速道路のみだとリッターあたり5.96キロ、街中だとリッターあたり3.83キロ。

ちなみにシロンの先代であるヴェイロンは複合でリッター4.22キロ、高速でリッター6.37キロ、街中では3.83キロとなっており、高速のみがシロンより優れる数値となっています(エンジンは同じ、ただし出力は1001馬力)。

なおヴェイロンが登場した頃は「その異常は燃料の減り方を予測できず」ガス欠となる案件が続出。
ヴェイロンを購入するような人は「世界で最も燃費が悪い」と言われたランボルギーニの歴代V12モデルを所有してきたような人たちであるとも考えられるものの、「それでも」ヴェイロンの燃費は「予想を遥かに超えていた」ということになりますね。

今回の数値はブガッティがアメリカ合衆国環境保護庁(EPA)に届け出たもので、この数値はかなり厳格性が求められることもあり「信憑性が高い」と考えていますが、おそらく実際に乗るとやっぱりこれを下回るんじゃないかとも考えています(以前にウラカンの燃費をテストしたら、EPA届け出の数値を上回った、という動画もありましたが)。

先日試乗したメルセデスAMG E634MATIC+は街中だとリッターあたり3キロに届かない数字だったので、それを考えてもやはり実際のシロンの燃費は「もっと悪い」のかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->ブガッティ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5