ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

ブガッティ・シロンは「1台売るごとに8億円の赤字」が出たヴェイロンとは異なり確実に利益が出ていた?それでも親会社のVWがブガッティを売却しようとした理由とは

投稿日:2022/06/09 更新日:

ブガッティ・シロンは「1台売るごとに8億円の赤字」が出たヴェイロンとは異なり確実に利益が出ていた?それでも親会社のVWがブガッティを売却しようとした理由とは

| どうやら電動化に際して巨額の投資を行い、ヴェイロンのように「開発費が嵩んで利益が出なくなる」ことを恐れたようだ |

ただし電動化にノウハウを持つリマックの登場で事情が大きく変わることに

さて、ブガッティはリマックとの合弁会社「ブガッティ・リマック」を設立しており、今後はこの合弁会社によって製品が開発されることになるといわれます(製造と販売はこれまでどおりブガッティを通して行われる。ただし当面の間)。

ちなみにこの「合弁」案が出るまで、フォルクスワーゲンはブガッティを売却するかどうかしばらく検討に検討を重ねており、それは「ブガッティがお金のかかるブランド」だから。

ランボルギーニ・ウラカン
VWが11月に重要会議を開催し、そこで「ブガッティ、ランボルギーニ、ドゥカティ」の未来を検討との報道。将来性がなければ売却の可能性も

| ただ、それらを売るとフォルクスワーゲングループ全体の価値は一気に下がってしまう |この記事のもくじ| ただ、それらを売るとフォルクスワーゲングループ全体の価値は一気に下がってしまう |フォルクスワ ...

続きを見る

ブガッティはヴェイロン・プロジェクトで1台あたり8億円の損失を出した?

ちなみにかつて、ビジネス・インサイダーは「ブガッティはヴェイロンを450台販売するのに、1台あたり624万ドル(日本円で約8億円)の損失を出したと算出しており、しかし当事ブガッティはこれを否定。

ブガッティ・ヴェイロンは1台売るごとに6.24億の赤字だった!そのためブガッティのニューモデル投入につき親会社のVWは開発資金提供を渋っている模様

| ただし承認を得ることができたらば、それは4シーターGTもしくはSUVになる |この記事のもくじ| ただし承認を得ることができたらば、それは4シーターGTもしくはSUVになる |ブガッティはもともと ...

続きを見る

しかしながらヴェイロンが「儲からない」クルマだったことは前ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏も認めており、その上で「シロンは利益をちゃんと出せるクルマ」だとコメントしたことも。

シロンが「儲かる」理由としては、販売価格そのものがヴェイロンの倍以上であったこと、様々な限定モデルの価格がさらに高価であったことなどが関係していると思われ、しかしW16クワッドターボエンジンやトランスミッション、車体そのものを「ヴェイロンから引き継ぐことができた」のも大きかったのかもしれません(その分開発費を節約できる)。

そして「ブガッティ・リマック」のCEOへと就任したメイト・リマック氏も「シロンは500台すべてでしっかり利益を出すことができている」とコメントしており、しかもその額は「その数字を見て驚いた」レベルだとも。

ブガッティがサンオフモデル「シロン・ピュールスポール・グランプリ」を公開!あわせて「超」高度なカスタムを可能とするオプション「シュール・ムジュール」も発表

ブガッティは今後「電動化」へと舵を切る

ただ、そういった状況であってもブガッティの親会社であるフォルクスワーゲンが”ブガッティを売却するべきかどうか”と考えたのは、今後ガソリン車が販売できない世の中になるにあたり、ブガッティも当然ながらエレクトリック化する必要があって、そうなるとせっかくシロンで儲かるようになったのに、また振り出しにもどって一からピュアエレクトリックハイパーカーを開発せねばならず、とあればヴェイロンのときのように「開発費を吸収できずに、売れば売るほど赤字が膨らむ」可能性があった」ため。

しかしながら今回リマックと組むことで、電動化にかかる開発はリマックが負担することになり、そしてリマックにとってはブガッティの名を利用してクルマを売ることができ、まさにこれはWin-Win。

シロンは現在すべての予定生産台数を受注しており、そしてこの生産が終わった後にはサーキット走行専用ハイパーカーのボリードを生産することになりますが、その後はいよいよ「シロンの後継モデルの生産開始」。

もちろんその前にはなんらかの発表があるものと思われ(2024年だと言われている)、そしてこのクルマはもちろん「ブガッティとリマック双方のリソースと経験を持ち寄った」ハイパーカーとなるはずで、おそらくは世界中を震撼させるだけの性能を持ち合わせているんじゃないかとも考えています。

合わせて読みたい、ブガッティ関連投稿

ブガッティとリマック
ブガッティxリマック続報!今後3台の新型車が控え、「ガソリン車も作り続けるがハイブリッド化される」「10年以内にはピュアエレクトリックカーを発売」

| ブガッティとリマックとの合弁会社設立に要した時間は18ヶ月 |この記事のもくじ| ブガッティとリマックとの合弁会社設立に要した時間は18ヶ月 |今後のブガッティは「ハイパーカー以外」もリリースする ...

続きを見る

新会社「ブガッティ・リマック」が11月より正式に発足!資本関係が公開されヒュンダイが「遠縁の関連会社」に、そしてブガッティCEOは交代
ブガッティ・リマックCEO、シロン後継モデルについて語る。「ガソリンエンジンは生き残り、しかし誰もが見たことがないような驚愕のハイパーカーになるだろう」

| おそらくは文字通り「ブガッティとリマック」が合体した、”ハイパーな”ハイパーカーになるに違いない |この記事のもくじ| おそらくは文字通り「ブガッティとリマック」が合体した、”ハイパーな”ハイパー ...

続きを見る

ブガッティ・リマックが新しい研究施設をオープン!どうやら直近でリマック、ブガッティそれぞれに新型ハイパーカーの発表が控えているようだ
ブガッティ・リマックが新しい研究施設をオープン!どうやら直近でリマック、ブガッティそれぞれに新型ハイパーカーの発表が控えているようだ

| リマックの新型車は正体不明、ブガッティ側はシロンの後継モデル? |この記事のもくじ| リマックの新型車は正体不明、ブガッティ側はシロンの後継モデル? |今後はさらなる活発な動きが期待できそうブガッ ...

続きを見る

参照:Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ブガッティ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5