ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>プジョー

あふれんばかりのプジョー205GTI愛を見よ!英国より205GTIのレストモッドを925万円で行うショップが登場、ほぼノーマルの外観を維持したマニア仕様

投稿日:2022/11/23 更新日:

| 誰がどう見てもこれをレストモッド車両、しかも1000万円近いクルマだとは思わないだろう |

このトールマンは、現在プジョー205GTI以外のレストモッドも企画しているそうだ

さて、最近はクラシックカーのみならずポルシェ911、ランチア・デルタ、ランチア037、ルノー5ターボなどのレストア+カスタムが世間を賑わせていますが、今回は英国のトールマン・エンジニアリングよりプジョー205GTIのレストモッドが登場。

ちなみにプジョー205GTIは数年前、オートカーやピストンヘッド等の編集者50人が選ぶ「ベストホットハッチ」に選出されたこともあり、ホットハッチ=205GTIというイメージを持つ人も少なくないとは思います。

7

凄いのでた!長者番付4位、ルイ・ヴィトン総帥の乗っていた防弾カスタム「プジョー205GTI」が中古市場に

| まさかのルイ・ヴィトングループ総帥のクルマが販売に | ホットハッチの代表とも言える「プジョー205GTI」の珍仕様が登場。 これまでもラリーのホモロゲーション取得を目的に製造された「ミドシップの ...

続きを見る

トールマン・エンジニアリング・プジョー205GTIはこんな仕様を持っている

そこでトールマン・エンジニアリングがレストモッドを行ったプジョー205GTIを見てみたいと思いますが、この画像のクルマはそのプロジェクト第一号で「顧客に納車される最初の一台」なのだそう。

11

見た目はほぼ当時のままに見えるものの、LEDヘッドライトを装備するなど現代風のアップデートもいくつか見られ、実用面も向上しているようですね。

9

なお、このプジョー205GTIのレストモッドに際してはボディをドンガラにまで分解し、いったん塗装を剥がして防錆加工を行い、ストーンチップ、セラミックコーティングの保護材で覆った後に再塗装を行っており、その他モロモロのカスタムを組み込むことで完成までには700時間を要します。

10

ちなみにそのコストは55,000ポンド(現在の為替レートで925万円)からと安くはなく、しかし一見してレストモッドだとわかる要素もほぼないため、このクルマは「真にプジョー205GTIを愛する富裕層のための一台」ということになりそうですね。

8

ただ、こっそりとAPレーシング製のブレーキキットが装着されていたり(ステンレスメッシュ製のブレーキラインとのセットオプション)、専用にチューニングが施されたビルシュタイン製ダンパーを装着するほか、アジャスタブルロアアームと特注のリアアンチロールバーも装着済み。

tolman-edition-peugeot-205-gti

搭載されるエンジンはもともとの1.9リッター4気筒エンジンの改良版で、その出力はオリジナルの128馬力から200馬力にまで向上し、これによって0−100キロ加速は7.8秒から6.5秒に向上している、とのこと。

なお、エンジンにはカスタムメイドのカムシャフトや16バルブシリンダーヘッド、さらにモーテックECU、改良型エキゾーストなどが組み込まれている、とのこと。

トールマン・エンジニアリング・プジョー205GTIはこんなインテリアを持っている

そしてこちらはトールマン・エンジニアリング製プジョー205GTIのインテリア。

オリジナルと同じカラーを使用しながらも微妙にその配色が変わっていたりというマニアックな仕様を持っています。

2

トランスミッションはオリジナル同様の5速マニュアルを採用していますが、シフトロッドとブッシュをアップグレードしてリビルトしており、トールマンによれば「より積極的なギアチェンジが可能になった」。

4

加えてオプションとして、トラクションを向上させるクワイフ社製オートマチック・トルク・バイアシング・ディファレンシャルを装着することも可能だと紹介されています。

5

全般的に見て「ノーマル(オリジナル)」に限りなく近い仕様を持っており、製造元であるトールマン・インターナショナルの強い205GTI愛を感じるクルマだと思いますが、まさかこのクルマが1000万円近いコストをかけたカスタムカーだとは思わないかもしれませんね。

合わせて読みたい、レストモッド関連投稿

【動画】今メルセデス・ベンツGクラスのレストモッドがアツい!軍用ゲレンデヴァーゲンを現代風にカスタムしたG25 Wolfが2000万円から受注開始
【動画】今メルセデス・ベンツGクラスのレストモッドがアツい!軍用ゲレンデヴァーゲンを現代風にカスタムしたG25 Wolfが2000万円から受注開始

| 現在、レストモッドビジネスには多くのショップやコーチビルダーが参入済み |この記事のもくじ| 現在、レストモッドビジネスには多くのショップやコーチビルダーが参入済み |手間や時間はかかるものの、そ ...

続きを見る

ランチア・デルタのレストモッド「サファリスタ」登場!10台限定7350万円、このままでグループAの規定を満たしているようだ
ランチア・デルタのレストモッド「サファリスタ」登場!10台限定7350万円、このままでグループAの規定を満たしているようだ

| 伝説のラリーカー復刻ブームはまだまだ続きそうだ |この記事のもくじ| 伝説のラリーカー復刻ブームはまだまだ続きそうだ |同時に「本家」ランチアから復活するデルタにも期待が持たれるランチア・デルタ・ ...

続きを見る

ドイツよりVWビートル(空冷)のレストモッドが登場!内外装は未来的、ポルシェへのオマージュも込めて価格は8000万円。なお限定台数は22台
ドイツよりVWビートル(空冷)のレストモッドが登場!内外装は未来的、ポルシェへのオマージュも込めて価格は8000万円。なお限定台数は22台

| さすがにVWビートルのレストモッドに8000万円は高いような気もするが、現在のレストモッドブームを考慮するに、意外とすぐに完売するのかも |この記事のもくじ| さすがにVWビートルのレストモッドに ...

続きを見る

参照:Tolman International

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->プジョー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5