ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】現行BMW M2にも「CSL」の計画があった!実際に製作され役員に見せるも販売までたどり着けなかったM2 CSLの試作車が公開

投稿日:2022/06/20 更新日:

【動画】現行BMW M2にも「CSL」の計画があった!実際に製作され役員に見せるも販売までたどり着けなかったM2 CSLの試作車が公開

| BMWはこれまでにも「生産に至らなかったが、その直前にまでこぎつけた」試作車をいくつか公開してきた |

新型BMW M2にも「CS」もしくは「CSL」が登場するようだ

さて、BMWはMモデルの展開を拡大する意向を示し、「CS」「CSL」といったネームの活用を示唆していますが、つい先日は「M4 CSL」が発表されたばかり。

ちなみに市販車に対して「CSL」が設定されたのは、BMWが1916年に会社を設立したのち、1972年の3.0CSL、2003年のM3 CSL(E46)、2022年のM4 CSLの3モデルのみであり、CSLとは「クーペ・スポーツ・ライトウエイト」を指しています(今後はクーペ以外にも設定されることになると思われるので、クーペの代わりにコンペティションが用いられるようだ)。

BMW史上ニュル最速「M4 CSL」正式発表!グリルやマットまでをも軽量化し「コンペティション、スポーツ、ライトウェイト」を全身で表現した超ハードコアモデル
BMW史上ニュル最速「M4 CSL」正式発表!グリルやマットまでをも軽量化し「コンペティション、スポーツ、ライトウェイト」を全身で表現した超ハードコアモデル

| 通常のM4コンペティションでも足回りが「硬すぎ」だったが、このM4 CSLではさらに硬そうだ |この記事のもくじ| 通常のM4コンペティションでも足回りが「硬すぎ」だったが、このM4 CSLではさ ...

続きを見る

ただしBMWは過去にもCSLモデルを何台か試作していた

ただしBMWはこれまでにも(市販されたCSLモデル以外にも)何台か「CSL」を試作しており、先日もBMW自らがワンオフにて「M3 CSL(E46)」「M5 CSL(E60)」「M6 CSL(E63)」を製作していたことを明かし、実際にプロトタイプを動画にて紹介したことも。

【動画】BMWが「発売されなかった」CSLモデル3つを紹介!M5 CSLはなんと9,000回転まで回る5.7リッターV10を積みレーシングカー真っ青の存在だった
【動画】BMWが「発売されなかった」CSLモデル3つを紹介!M5 CSLはなんと9,000回転まで回る5.7リッターV10を積みレーシングカー真っ青の存在だった

| BMWが自ら紹介するこのコンセプトカーシリーズはなかなかに面白い |この記事のもくじ| BMWが自ら紹介するこのコンセプトカーシリーズはなかなかに面白い |E60世代のBMW M5 CSLが発売さ ...

続きを見る

そして今回英国トップギアはBMW本社にて所蔵されている試作車をチェックする機会を得ており、まずは先日BMW自身も公開したE46世代のM3 CSLを動画にて紹介。

E46 M3 CSLは実際に市販されているものの、このプロトタイプは市販モデルとバンパー上のインテークなど一部形状に差異があります。

ただしもっとも大きな(市販モデルとの)違いはE39世代のM5に積まれる4.9リッターV8エンジンを積んでいることで(市販モデルのE46 M3 CSLは3リッター直6)、BMWによれば、これは「E46 M3にV8エンジンが収まるかどうか」を試しただけの試作車なのだそう。

そしてもう一台の「CSL」につき、おそらくこの動画で初めて公開されると思われる「M2 CSL」。

BMWはM2に「CS(これはクラブスポーツの略)」を設定していますが、こちらはM2コンペティションの410馬力から450馬力へとパワーアップした上、カーボンボンネットやカーボンルーフにて軽量化を追求したスパルタンモデルです。

なお、このM2 CSLは、M2 CSとともにBMWの役員会に提出されたそうですが、役員会は「M2 CS」のほうを選び、よってこのM2 CSLは残念ながらこの1台のみが作られたのみにとどまるようですね。

BMWが国内向けにM2 CS発売!60台限定なるも発表時点ですでに完売済み。出力は450馬力、価格は1260万円から

| ベースモデルのM2コンペティションに比較して40馬力、そして約170万円アップ |この記事のもくじ| ベースモデルのM2コンペティションに比較して40馬力、そして約170万円アップ |日本への割当 ...

続きを見る

このM2 CSLはその多くをM2 CSと共有するものの、主な違いは3Dプリンタにて製造されたステーを持つ角度調整式のリアウイングに・・・。

フロントやサイドのスプリッター、

そして室内にはロールケージ。

M2 CSとの差異を視覚的にわかりやすくするためか、異なる部分についてはレッドのパーツが使用されているようですね。

BMWはもうじき新型M2を発表しようというところですが、おそらくは従来型M2 CSと同様もしくはそれ以上のパフォーマンスを発揮することになると言われます。

そしてさらに、新型M2には「CS」もしくは「CSL」が追加されるというウワサもあり、今後の展開には期待したいところでもありますね。

1台のみ制作されたM2 CSのプロトタイプを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、BMW関連投稿

【動画】新型BMW M2の発表は10月、納車は2023年4月から!すでに試乗イベントが開催されレビュー動画も解禁に
【動画】新型BMW M2の発表は10月、納車は2023年4月から!すでに試乗イベントが開催されレビュー動画も解禁に

|とりあえず新型M2は8速オートマチックとの相性がよく、オプションのレーシングシートが必須なのはよくわかった |この記事のもくじ|とりあえず新型M2は8速オートマチックとの相性がよく、オプションのレー ...

続きを見る

【動画】BMWがM3ツーリングの製造風景を公開!工程の殆どは自動化されるも「コントラストルーフ」は人力にてマスキングがなされるもよう
【動画】BMWがM3ツーリングの製造風景を公開!工程の殆どは自動化されるも「コントラストルーフ」は人力にてマスキングがなされるもよう

| BMW工場での生産工程は他工場に比較して自動化率が高いようにも思える |この記事のもくじ| BMW工場での生産工程は他工場に比較して自動化率が高いようにも思える |BMW M3ツーリングの正式発表 ...

続きを見る

新型BMW M2の画像がリーク!サイドステップの出っ張りはレーシングカー並み、全体的にスクエアでボクシー、直線的なデザインに
新型BMW M2の画像がリーク!サイドステップの出っ張りはレーシングカー並み、全体的にスクエアでボクシー、直線的なデザインに

| ボクとしてはM3やM4よりもM2に激しく惹かれる |この記事のもくじ| ボクとしてはM3やM4よりもM2に激しく惹かれる |おそらくは「もうじき」行われる発表を楽しみに待ちたいやはり新型BMW M ...

続きを見る

参照:Top Gear

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5