ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

驚愕の680馬力、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス発表!C63初の4気筒、ハイブリッド、4WD、4WSなど新機軸を盛り込んだゲームチェンジャー

投稿日:

驚愕の680馬力、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス発表!C63初の4気筒、ハイブリッド、4WD、4WSなど新機軸を盛り込んだゲームチェンジャー

| 正直、メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスがここまで革新的なクルマになるとは想像しなかった |

メルセデスAMGは「AMG One」を通じ、電動化をパフォーマンスに結びつける方程式を見つけ出したようだ

さて、メルセデス・ベンツが新型「メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス(セダンとステーションワゴン)」を発表。

このモデルは非常に大きな特徴を持っており、「63」という大きな数字を持つにもかかわらず4気筒エンジンを積むこと、C63としてははじめて4WDを採用したこと、そしてハイブリッドシステムによるサポートを受けていること、そしてこのハイブリッドシステムがF1由来のテクノロジーを持つということ。

メルセデス・ベンツいわく「ゲームチェンジャー」と表現していますが、まさに他ブランドでは実現不可能な、メルセデス・ベンツだからこそ可能となったモデルだと言えそうです。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (3)

CクラスのAMGモデルにける「4気筒化」は大きな懸念であったが

なお、Aクラスなどコンパクトなモデルであればまだしも、CクラスのAMGモデルにおいて「(V8でも6期等でもなく)4気筒化」というのはいささかセンセーショナルであり、これは(発表前から)広くアナウンスされていたということもあって、多くの人がそこに不安を感じていたかもしれません。

ただ、実際に発表されてみると、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス「680馬力」というとんでもない出力を持っていて、先代C43(390馬力)はもちろん、先代C63 S(510馬力)とは比較にならない出力が与えられ、メルセデス・ベンツはこの圧倒的なパワーをもって、ネガティブな意見をまったく無意味なものにしてしまったわけですね。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (24)

その構成を見てみると、フロントに積まれるのは、リッターあたり238馬力を発生する”世界一パワフルな4気筒エンジン”、M139(電動ターボ)。

これ単体(476馬力)でも先代C63 Sに積まれる4リッターV8エンジンに近いパワーを発生しますが、さらにリアアクスルには「F1からフィードバックを受けた技術が反映されるエレクトリックモーター」を組み合わせることでシステム合計「680馬力」を達成します。

なお、ピークトルクは1,020Nmで、もちろんこのパワー、トルクともに「Cクラス史上最強」をマークしています。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (5)

ターボラグ解消に切り札!メルセデス・ベンツがF1由来の技術を使用した市販車向け電動ターボを開発し、「次世代AMGから採用」と発表

| おそらくこの「電動ターボ」は今後の主流になりそうだ |この記事のもくじ| おそらくこの「電動ターボ」は今後の主流になりそうだ |ターボラグはどのメーカーにとっても悩みのタネただし今回のメルセデスA ...

続きを見る

このエレクトリックモーターは2速トランスミッション、そして電子制御式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを介して後輪を駆動しますが、もちろんピュアエレクトリックモードでの走行を可能としており、その際には最長で13km走行できる、とのこと(その場合の最高速は125km/h)。

なお、この「13km」という距離は最新のほかのPHEVの数値(75km)に比較するとかなり短い距離となるものの、メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスでは、EVとしての性能よりもハイパフォーマンスカーとしての挙動に重きを置いており、「ガソリンエンジンとの併用」を前提として、バッテリー容量を減らすことによって車体重量も低減したかったのだと思われます。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (4)

F1由来の「パフォーマンス型」ハイブリッドシステムは驚異的な性能を誇る

エレクトリックモーターを駆動するバッテリーは400Vアーキテクチャを持ち、AMGが独自に開発したもので、そして最適な出力を獲るために革新的なセルの直接冷却システムを持つそうですが、こういった技術はAMG Oneを開発する段階で得られたのだと思われ、つまりAMG Oneは「F1の技術を、市販車に転用するためのフィルター」として機能したのかもしれません(そのパフォーマンスには賛否あるが、存在意義としては大きいと言える)。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (6)

メルセデスAMG Oneを注文したオーナー「重量1100kgと聞いていたのに実際は1750kg。200km/hまでの加速も5.5秒のはずが7秒。価格に見合わないクルマを買わされた」
メルセデスAMG Oneを注文したオーナー「重量1100kgと聞いていたのに実際は1750kg。200km/hまでの加速も5.5秒のはずが7秒。価格に見合わないクルマを買わされた」

| さらには「最大の失望」とコメントし、そして高額なメンテナンス費用に不満も |この記事のもくじ| さらには「最大の失望」とコメントし、そして高額なメンテナンス費用に不満も |ここまで予定と異なれば、 ...

続きを見る

バッテリー容量は6.1kWhと大きくはなく、しかし一度に最大150kWの出力を10秒間発揮することが可能なほか、常に最低でも70kW(95馬力)を発生し、時速140kmもしくは13,500rpmのレブリミットに達すると2速に切り替わるという制御を持つもよう。

これによってBMW M3コンペティションの510馬力はおろか、BMW M5コンペティションの620馬力をも超える出力を手にし、0-100km/h加速はスーパーカー並みの3.4秒(先代C63 Sは4.0秒だった)、最高速は紳士協定の上限である250km/h(オプションによって280km/hまで引き上げることができる)。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (9)

そのほか特筆すべきは、上述の通り「はじめて」C63に導入される完全可変式全輪駆動システム「AMGパフォーマンス4MATIC+」、さらにアクティブリアアクスルステアリング、そして極めつけのドリフトモード。

足回りを担うのはスチール製スプリングサスペンションを持つアダプティブダンパー、そしてブレーキシステムにはカーボンセラミックディスク(C63には初採用)が与えられ、車両ダイナミクスの制御としてはAMGドライブモードセレクター(ドリフトを可能にする新しい「マスター」モード付き)といったところがトピックです。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (18)

インテリアだとデジタルメータークラスターとヘッドアップディスプレイにAMG独自のグラフィックが採用され、ステアリングホイール上のスイッチにて回生ブレーキの効きを4段階にて調整することが可能だとアナウンスされています。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (17)

メルセデスAMGの取締役会長、フィリップ・シーモア氏によれば「C63 S Eパフォーマンスの登場とともに、私たちはAMGブランドの歴史に新しい章を開くことになります。創業から55年経った今でも、私たちAMGは、創造的なものを実現するための大胆さと意志を示し続け、特別なものを提供しています。特に新型C63は、まさにゲームチェンジャーです。その革新的なコンセプトにより、これまで主に性能の高さによって特徴付けられてきたこのセグメントに、まったく新しいアプローチをもたらします。最高出力680馬力のシステムにより、この約束は守られます。しかし、インテリジェントなハイブリッドコンセプトは、それ以上のものを提供します。フォーミュラ1のノウハウをふんだんに取り入れたこのテクノロジーは、新しい顧客層にもアピールできると確信しています」。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (22)

さらにメルセデスAMG社の最高技術責任者ヨッヘン・ヘルマン氏は「パフォーマンスハイブリッドドライブと電動アシスト式エキゾーストターボチャージャーを搭載した新型C 63 S Eパフォーマンスは、新しいアプローチによる技術的な傑作と言えるでしょう。電動化されたパワートレインは、まったく新しいドライビング・エクスペリエンスを提供します。リヤ・アクスルの電気駆動の即時反応、迅速なトルクの蓄積、そして高速な出力は非常に特別な機能です。さらに、標準装備のリアアクスルステアリングとドリフトモード付きフル可変全輪駆動が加わり、新型C63は、AMGの持つ高い技術力を改めて示すものとなりました」とコメントしています。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (23)

新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスのエクステリアもまた「特別」だった

ここまではパワートレインに焦点を当ててきましたが、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスのエクステリアにも見どころは多く、まずフロントは50ミリ延長されて76ミリワイドに。

エンブレムもこれまでのメルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターから「AMG」へと変更されています。

このスリムなパワードーム、そしてその中間にあるエアアウトレットはC63 Sのみの特徴です。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (20)

フロントウイングもワイドになり、その雰囲気はベースとなるCクラスとは全く別モノ。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (13)

フロントグリルは縦型ストラットを備えたAMG専用デザイン、AMGフロントエプロンはジェットウィングデザイン。

そのほかフリック、大型インレット、エアカーテンにより、様々な機能・状況に応じたエアフローを提供するといい、電子制御式の2つのエアパネル(ラジエーターグリル奥とフロントエプロン内)により、必要に応じて空気の流れを調整することが可能となっています。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (11)

全長は標準モデルのCクラスから83ミリ延長され、ホイールベースも10ミリ拡大。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (10)

テールパイプにはリブ加工(低速時のサウンドは合成音)。

より「ジェット戦闘機」をイメージしたデザインに近づいているようですね。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (16)

ディフューザー形状も新しくなり、ボトムにはウイングが装着されています。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (12)

トランクリッドスポイラーは「エアフロー・ブレイクアウェイエッジ」。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (14)

モデル名にはレッドが使用され、「PERFORMANCE」はモーターのコイルをイメージしたカッパー仕上げ。※パッケージによって仕上げが異なる

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (15)

ホイールは標準にて19インチ、オプションで20インチ。

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (7)

なお、エンジンが4気筒となったことで(V8の半分)車体重量を抑えることが可能になったのかと言えばそうではなく、先代C63 Sに比較すると新型C63 Sは(セダンで)1,680kgから2,036kgへと増加しており、これはハイブリッド化、そして前輪駆動や後輪操舵といったデバイスを装着した「代償」ということなのかもしれません。※ステーションワゴンはさらに34kg重い

Mercedes-AMG-C-63-S-E-PERFORMANCE (8)

新型メルセデス・ベンツC63 S Eパフォーマンスのワールドプレミア/レビュー動画はこちら

参照:Mercedes-Benz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5