ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

もはや敵なし!802馬力を誇るSクラス史上最強のメルセデスAMG S63 Eパフォーマンスが正式発表。その加速はフェラーリやランボルギーニなどスーパーカー並み

投稿日:

もはや敵なし!802馬力を誇るSクラス史上最強のメルセデスAMG S63 Eパフォーマンスが正式発表。その加速はフェラーリやランボルギーニなどスーパーカー並み

| 出力面において、ラグジュアリーサルーンだとAMG S63 Eパフォーマンスに比肩しうるクルマが存在しない |

その割になぜかオフィシャルフォトの質・量が貧弱なのがちょっと気になる

さて、メルセデス・ベンツが「Sクラス史上もっともパワフルな」新型メルセデスAMG S63 Eパフォーマンスを発表。

これはエレクトリック化によって802馬力を発生する超高性能サルーンであり、0-100km/h加速3.3秒、最高速290km/h(オプションのAMGドライバーズパッケージ装着時)という驚異的なパフォーマンスを誇ります。

なお、AMG C63 Sが「4.0リッターV8エンジンを捨ててハイブリッド搭載の4気筒エンジンにダウンサイジング」したのに対し、このメルセデスAMG S63 Eパフォーマンスでは4リッターV8エンジンを継続して採用していることも見逃せない点です。

ハイブリッドシステムによって「プラス190馬力」

搭載される4リッターV8エンジンは612馬力を発生し、これにシングルモーター+13.1kWhリチウムイオンバッテリーにて構成されるハイブリッドシステム(190馬力)を組み合わせることになりますが、ガソリンエンジンは前輪と後輪を駆動し、ハイブリッドシステムは後輪をアシストすることに。

ちなみにエレクトリックモードでの走行距離は33kmと長くはなく、しかしこれはAMG C63の「13km」よりはずいぶん長い距離となっています。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (12)

それでも多くのPHEVが「70kmくらい」走行することを考慮すると物足りなさを感じるものの、メルセデス・ベンツはAMG S63 Eパフォーマンスにつき「EV走行距離ではなくパフォーマンスに焦点を当てた」とコメントしており、エレクトリックモード時の走行距離はあくまでも副産物だと捉えているのかもしれません(それでもAMG C63より距離が伸びているのは、4リッターV8ツインターボの発するCO2を抑え込み、既定値に収めるためなのかもしれない)。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (8)

新型メルセデスAMG S63 Eパフォーマンスの加速性能はスーパーカー並み

ちなみにですが、V8エンジン単体の出力は先代S63の後期モデル(2017年~2020年)と同じであり、これはメルセデス・ベンツがもはやガソリンエンジンに投資する意欲を失っていること、そしてこれ以上の出力向上が(規制の観点から)難しいということを伺わせます。

それでもここに「190馬力」のエレクトリックパワーが上乗せされることによる爆発力は凄まじく、この0-100km/h加速3.3秒というのは、フェラーリ・ローマの3.4秒よりも速く、フェラーリ・プロサングエの3.3秒と同一で、ランボルギーニ・ウラカン・テクニカの3.2秒にわずか0.1秒劣るのみ。

このパワー、そして速度をコントロールするための装備としては、電気機械式アンチロールバー付きエアサスペンション、アダプティブダンパー、リアアクスルステアリング、カーボンセラミックブレーキ、そしてアクティブエンジンマウントといったものがアナウンスされています。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (13)

外観だとパナメリカーナグリルの装備に始まり大型のサイドインテークを持つ「ジェットウイングデザイン」フロントバンパー、リアディフューザー両側に設けられた台形テールパイプ、最大径21インチ(標準は20インチ)サイズの鍛造アルミホイールのほか・・・。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (2)

トランクリッドに装着される、レッドアクセントを持つ「S63」バッジなどAMGならではのビジュアルアップデートがトピックです。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (3)

やはりSクラスだけあってインテリアはゴージャス

こちらはメルセデスAMG S63 Eパフォーマンスのインテリアですが、やはりSクラスベースだけあって豪華絢爛。

いかにAMGといえどもブラックのダイナミカ素材が張り巡らされているわけではなく、むしろマイバッハに近いという印象も(ホイールもポリッシュ仕上げとなっていて、やはりマイバッハに近い)。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (4)

AMGステアリングホイールには、4段階のブレーキ回生と7つのダイナミックセレクトドライビングモードを切り替えるためのコントローラーが装備され、これら走行モードは、V8エンジンを常に作動させるSportとSport+から、V8を常時停止させながらエキゾーストサウンドを低周波の電子音に置き換えるElectricモードまでがあり、この電子音はステアリングホイールのボタンを押すことによって低速時は車内外、高速時は車内に聞こえるようになります。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (5)

なお、ラグジュアリー色が強いといえど、シート表皮はAMG専用、さらにはヘッドレストにはAMGロゴ、MBUXインフォテイメントシステムやデジタルメーターもAMG仕様となるなど、”パフォーマンス”を意識した演出がなされているようですね。

Mercedes-AMG-S-63-E-PERFORMANCE (6)

新型AMG S63 Eパフォーマンスは、AMGならではのパフォーマンスに加えてSクラスとしての本質を持ち、快適なロングホイールベース、さらにはリムジンに期待されるすべての贅沢と安全装備を備えるクルマ。

特に安全性に関しては非常に高いレベルにあり、高速道路だけでなく標識のない田舎道でも作動するアクティブディスタンスコントロールとステアリングアシストが標準装備となるほか、来年3月以降だとメルセデス・ベンツ自慢の自律走行システム「ドライブパイロット レベル3」が利用できるようになる、とのこと。

現在のところ「802馬力」という途方もないパワーを持つハイパフォーマンス・ラグジュアリーサルーンは市場に存在せず、BMW 7シリーズやアウディA8、そしてポルシェ・パナメーラ、ベントレー・フライングスパー等の顧客に対して強く訴求できるかもしれませんね。

参照:Mercedes-Benz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5