ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェとアウディのF1参戦を親会社のVWが承認したとの報道!「我々は、原則として2026年からF1へと参戦することになるだろう」

投稿日:

ポルシェ

| ただし「条件付き」、現時点では最終の決定は下されず |

これからはル・マン24時間レースといい、F1といい、目が離せなくなりそうだ

さて、フォルクスワーゲンが、傘下にあるポルシェとアウディの「F1参戦計画について承認した」との報道。

ただしこの計画は「環境保護に関する目標を達成するという条件付きで」認められるものだと報じられていますが、フォルクスワーゲンの広報担当社直接AFPに対して語ったものだとされるので、これによりポルシェとアウディとのF1参戦の可能性が限りなく高まったということに。

そしてこの広報担当者は「よって、2026年からF1選手権に参加する可能性が非常に高くなった」とも語っているもよう。

アウディ、ポルシェがF1に参戦とのウワサ。早ければ2022年はじめにもアナウンスがなされ、アウディの車体にポルシェのエンジンが載るとも
アウディ、ポルシェがF1に参戦とのウワサ。早ければ2022年はじめにもアナウンスがなされ、アウディの車体にポルシェのエンジンが載るとも

| たしかに以前から様々なウワサが出ていたが、ついにそれが実現することになるのかも |この記事のもくじ| たしかに以前から様々なウワサが出ていたが、ついにそれが実現することになるのかも |ポルシェ、フ ...

続きを見る

ポルシェは2017年からF1へのカムバックを進めてきた

なお、直近でポルシェがF1に復帰するという話は2017年から出ていて、このときポルシェの役員であるルッツ・メシュケ氏が「F1はポルシェにとって現実的かつ最適な選択肢のひとつであり、エンジンサプライヤーとしての復帰を検討している」とコメント。

ちょうど当時は3連覇したル・マン24時間レースの撤退を表明したばかりであり、しかしそのチームを残し「特別なエンジンを作っている」と述べています。

さらにその後2019年、ポルシェは実際にF1用のエンジンを製造していたことを明かしていますが、2026年にF1参戦が実現するとなると、なんと10年越しのプロジェクトがようやく達成されるということになりますね。

ポルシェ「F1用エンジンを新型ハイパーカーに積むかもしれん」「え?」「実は今までF1用V6ハイブリッドターボを開発していたのだ」

| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |この記事のもくじ| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ |ポルシェは最後に大きな花火を上げるのかポルシェは ...

続きを見る

ちなみにアウディのほうはマクラーレン・レーシングの買収を進めていると報じられており、最初に提示した額が「低すぎた」ため、再度金額を上げて交渉に臨んだと報じられたばかり。

さらにポルシェはレッドブルとの提携も視野に入れているといい、これらが「どう絡んでくるのか」楽しみでもありますね。

マクラーレン
アウディがマクラーレンF1部門を買収するための金額を605億円から874億円に吊り上げて再オファーとの報道!さらにはアウディはロードカー部門の買収も視野に

| これが実現すれば、モータースポーツだけではなくスーパーカーセグメントでの勢力図も大きく変わりそうだ |この記事のもくじ| これが実現すれば、モータースポーツだけではなくスーパーカーセグメントでの勢 ...

続きを見る

ポルシェは意外とF1と縁が深い

なお、ポルシェとF1とはこれまでの歴史をみても「浅からぬ縁」を持っていて、1961/1962年には”ポルシェ804”にて参戦し、1勝を記録したことも。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: porsche804.jpg

その後はマクラーレンとのタッグにて1983年-1985年まで1.5L/V6ターボエンジンで戦い、1984/1985年にはニキ・ラウダ/アラン・プロストがドライバーズタイトルを、マクラーレンがコンストラクターズタイトルを獲得しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: porsceh-maclaren.jpg

その後F1では「ターボが禁止」となり、そのため3.5L/V12自然吸気へとスイッチしたものの、このエンジンは大きく重く、加えて信頼性にかけており、マクラーレンでは採用見送り、最終的に採用したフットワーク・アロウズもシーズン半ばでエンジンをコスワース製に変更するという対応を取るなど、近年のル・マン24時間レース撤退とは異なって「フェードアウト」する形でポルシェはF1を去ることに。

そのためか、ル・マン24時間レース含め、実に「2万4000もの」レースで勝利を獲得したポルシェではあるものの、「ポルシェ=F1」という印象は薄く、「ポルシェがF1に参戦していた」ということ自体もあまり知られていないかもしれません。

ただ、今回のカムバックは非常に大きな話題となることは間違いなく、もしもフェラーリを打ち負かすようなことがあれば、今度こそ(F1においても)ポルシェの勝利が永遠に語り継がれることになるだろう、とも考えています。

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェ911にF1マシンのエンジンをスワップする「ポルシェ・タグ・ターボ」計画の詳細が公表。なんとニキ・ラウダが使用し英国GPで優勝したユニットも使用可能

| マクラーレンがMP4/2に積んでいたエンジンのうち11基を今回のプロジェクトのために供出 | 昨年秋に公開された「ポルシェ911(930)タグ・ターボ」プロジェクト。これは1980年代のF1マシン ...

続きを見る

ちょっと待って!マクラーレンF1(MP4/2)のエンジンを積んだポルシェ930ターボが公式に登場。もしかすると販売されるかも

| マクラーレンF1マシンのエンジンを搭載したポルシェ911が登場 | イギリスのレーシングカーファクトリー、Lanzante(ランザンテ)がポルシェ930ターボに本物の、そして実際にレースに使用され ...

続きを見る

参照:AFP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5