ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ポルシェが発売を計画しているフラッグシップ「ミニバン」のスケッチが関係者に公開されたもよう。それを見た人「これはその・・・とてもポルシェらしくないですね・・・」

投稿日:2022/10/03 更新日:

ポルシェが発売を計画しているフラッグシップ「ミニバン」のスケッチが関係者に公開されたもよう。それを見た人「これはその・・・とてもポルシェらしくないですね・・・」

| ただしポルシェだけに、ミニバンであっても「間違いなくポルシェ」なクルマを発売してくると思う |

アメリカや中国ではおそらく大変な人気となりそうだ

さて、ポルシェが「フラッグシップとして新型ミニバンを発売する」と言われて久しい状況ですが、どうやら着々とその実現に向けて物事が進んでいるもよう。

今回匿名ではあるものの、このミニバンについての公式レンダリングを見たというポルシェ関係者が情報を漏らしており、それによると「非常にポルシェらしくない」デザインを持つ、とされています。※上の画像はポルシェ・ヴィジョン・レンディーンスト

そしてこの人物によれば「それはセダンのようでもあり、SUVのようでもある」「軽快な印象がある」としながら、「リアがフラットであり、(丸くないから?)ポルシェらしくない」とも。

ポルシェがミニバンを発売?
え?ポルシェがミニバン?SUVラインアップのフラッグシップとして7人乗りの「セダンとSUVの中間のような」クルマを発売するもよう

| ポルシェはクルマが売れない時代に向け、自社のクルマを選んでもらえるための努力を続けている |この記事のもくじ| ポルシェはクルマが売れない時代に向け、自社のクルマを選んでもらえるための努力を続けて ...

続きを見る

ポルシェのミニバンはいったいどんなクルマに?

ただしこれだけの情報ではいったい何のことやらサッパリで、しかし「セダンのような、SUVのような」というところからすると、新型クラウンやプジョー408のような「背の高いセダンでハッチバック」といったスタイルになるのかも。

現在自動車業界ではSUVが大流行中ですが、それだけ流行ると必ず反動が来て他のボディスタイルに(消費者の)目が行くようになるだろうとも言われていて、しかし現状「SUVの次」となるようなボディスタイルは市場に存在せず、よって各社が注目するのがこの「背の高いセダン」ということになります。

「猫耳」つきの新型プジョー408が公開!トレンドのSUV風クーペ風セダンへ、ボクはプジョーを「最も内外装デザインが一致したメーカー」だと考えている
「猫耳」つきの新型プジョー408が公開!トレンドのSUV風クーペ風セダンへ、ボクはプジョーを「最も内外装デザインが一致したメーカー」だと考えている

| プジョーは次々と自動車メーカーの常識をくつがえすことで独自性を発揮している |この記事のもくじ| プジョーは次々と自動車メーカーの常識をくつがえすことで独自性を発揮している |グループ内の共通プラ ...

続きを見る

なお、この「背の高いSUV風セダン」はけっこう理にかなっているんじゃないかと思うことがあり、それは現在自動車市場のナンバー1とナンバー2である中国と米国で人気のあるボディ形状が「SUVとセダン」だから。※ちなみに他の地域(欧州など)においてSUVの人気が高いのは変わらずとも、そのほか支持されているのはハッチバック、日本ではハッチバックやミニバンとなっている

よって、世界の自動車市場を見渡したとき、最大公約数を拾うことができるのが「SUVとセダンとの融合(フュージョン)」ということは間違いなく、各社ともこれに目をつけるのは非常に自然な成り行きです。

Van_16

新型トヨタ・クラウンを見てきた!わざわざクラウンをSUV化しなくてもいいのではと考えていたが、実車を見ると「クラウンでやってこそ意義がある」と考えを改めた
新型トヨタ・クラウンを見てきた!わざわざクラウンをSUV化しなくてもいいのではと考えていたが、実車を見ると「クラウンでやってこそ意義がある」と考えを改めた

| ワールドモデルだけあって欧州や中国の流行を強く意識したという印象はあるが、新しいチャレンジは純粋に評価すべきだと思う |この記事のもくじ| ワールドモデルだけあって欧州や中国の流行を強く意識したと ...

続きを見る

ちなみにポルシェはこのミニバンをハイブリッドもしくはピュアエレクトリックにて発売する可能性が高く、さらに室内スペース効率を最大化するのであればピュアエレクトリックパワートレインを搭載するのがベストだとも考えられますが、現時点ではこのあたりの情報はなく、ポルシェ自身も「様々な可能性」を検討しているのかも。

ただ、ポルシェはこのミニバンに「ミッションR」で採用された技術を取り入れるとされ、となると920V充電システム、油冷式エレクトリックモーターが転用される可能性も否めません。

ポルシェが新型コンセプトカー「ミッションR」発表!eスポーツと現実世界を融合させたレーシングモデル、しかし「次期ケイマン/ボクスター」を具体的に示唆するディティールも
ポルシェが新型コンセプトカー「ミッションR」発表!eスポーツと現実世界を融合させたレーシングモデル、しかし「次期ケイマン/ボクスター」を具体的に示唆するディティールも

| ポルシェは次期ケイマン/ボクスターをハードなスポーツモデルとしてリリース? |この記事のもくじ| ポルシェは次期ケイマン/ボクスターをハードなスポーツモデルとしてリリース? |ポルシェにしては珍し ...

続きを見る

なぜポルシェがミニバンを?

そこでやっぱり気になるのは「なぜポルシェがミニバンを」ということですが、これについてはかつてポルシェ自身が参考となるようなコメントを残していて、それによると「我々が持つラインアップだと、5人以上の家族を持つ家庭をカバーできず、したがって今後はそこを狙う必要がある」「特に利益率の高いセグメントをターゲットにし、新たな販売機会を開拓することを目指している」。

つまり、ポルシェは現在のラインアップでは「取りこぼしている」層を獲得するために乗り出したということになり、これによってますますフルラインアップメーカーに近づくとも考えられます。

こういった方向性について、「ポルシェもお金儲けのために魂を売ったな・・・」という声が聞こえてきそうですが、ぼくとしてはこういったポルシェのスタンスをネガティブに捉えているわけではなく、営利企業なので当然のことだとも考えています。

そしてそれを許容できる背景としては、先日発表された新型911GT3 RSのような過激極まりないクルマを作っているからで、こういったポルシェらしい、そしてポルシェらしいクルマが存続する限りは「ポルシェらしさを失っていない」と思うわけですね。

ポルシェが新型911GT3 RSを発表!もはやロードカーというよりレーシングカー。DRSを備えサスアームは翼断面、ダンピングやデフも室内から調整可能
ポルシェが新型911GT3 RSを発表!もはやロードカーというよりレーシングカー。DRSを備えサスアームは翼断面、ダンピングやデフも室内から調整可能

| 相変わらずポルシェはいつもボクらを驚かせてくれる |この記事のもくじ| 相変わらずポルシェはいつもボクらを驚かせてくれる |新型911GT3 RSにはまだまだ明かされていない機能がたくさん潜んでい ...

続きを見る

Van_9

つい先日、ブガッティが「普段乗れるようなブガッティを発売することは、ブランドを安売りすることにも繋がりかねないが、それを防ぐには、もう一方の方向性つまりエキセントリックなハイパーカー路線でさらに排他性を極める必要がある」と語ってまいて、まさにこれと同じことなのかもしれません。

今後ポルシェは911もハイブリッド化することになりますが、これはカイエンやパナメーラに積まれるハイブリッドシステムとは全く異なるものになるといい、それは「モータースポーツ由来の」ものとなるもよう。

こういった「切り分け」がしっかり行われているうちは安泰だとも考えていて、しかし仮に「911に、カイエンやパナメーラと同じハイブリッドシステムを積む」となればまた話は全く別であり、それは悪魔(フォルクスワーゲン)に魂を売るのと同じ行為だとも捉えています。

ブガッティが「日常的に乗れる、第二のブガッティ」検討中?ブランドイメージの希薄化を恐れ、さらなる「超限定モデル」を連発することでブランド価値の維持を図る可能性
ブガッティが「日常的に乗れる、第二のブガッティ」検討中?ブランドイメージの希薄化を恐れ、さらなる「超限定モデル」を連発することでブランド価値の維持を図る可能性

| 現代においては、ヴェイロン発売時と比較して「ブガッティと比肩しうる存在」が多数登場し、その排他性がゆらぎつつある |この記事のもくじ| 現代においては、ヴェイロン発売時と比較して「ブガッティと比肩 ...

続きを見る

ポルシェは実際にミニバンを提案したことも

参考までに、ポルシェはこれまでにもコンセプトモデルとしてのミニバンを提案したことがあって、2021年には「ヴィジョン・レンディーンスト(Vision Renndienst)」が公開されたことがあり、これは「明日のステップを導き出すために、 明後日のビジョンを考えてデザインする」というポルシェの未来への挑戦を表したコンセプトカー。

porsche-vision-renndienst

ポルシェのミニバン
え?これがポルシェ?センターシート採用のポルシェ製ミニバン「ヴィジョンRenndienst」が公開

| ヴィジョンRenndienstのパワートレーンはフルエレクトリック、ドアミラーは「カメラ」 |この記事のもくじ| ヴィジョンRenndienstのパワートレーンはフルエレクトリック、ドアミラーは「 ...

続きを見る

ポルシェ自身、カイエンを発売する前には「我々は、最も必要ではないクルマ(スポーツカー)しか持たないメーカーであり、本来、生活にポルシェを必要とする人は誰もないのだ」と語ったこともあったほどで、その後に発売されたのが日常生活に威力を発揮するカイエンやパナメーラ、そしてマカン。

さらにその後、ポルシェは「このまま電動化が進めば、ガレージに”911とカイエン、もしくはパナメーラ”というように複数のクルマを並べる人は減り、1家に一台の車しか保有しない時代が来るだろう。そのとき、我々が生き残る余地は非常に狭くなる」とも述べているので、「1台ですべてを賄える」クルマの発売を目指すのは当然のことかもしれません。

なお、この「ポルシェのミニバン」は、高い利益率を獲得することを目的として「カイエンの上」に設定され、非常に高い価格にて2026年頃に発売されるだろう、と言われています。

え?ポルシェがミニバンをデザイン?ポルシェ公式、「スマホ世代を潜在顧客に設定した」ヴィジョン・レンディーンストはこんなクルマ
え?ポルシェがミニバンをデザイン?ポルシェ公式、「スマホ世代を潜在顧客に設定した」ヴィジョン・レンディーンストはこんなクルマ

| ポルシェは本気で「快適に移動でき、クルマの中で何ができるのか」を追求しはじめている |この記事のもくじ| ポルシェは本気で「快適に移動でき、クルマの中で何ができるのか」を追求しはじめている |ポル ...

続きを見る

参照: Autonews

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5