ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型ポルシェ・カイエンのデザインが期せずしてリーク!インフォテイメント画面からその姿が明らかに。新世代の横長ヘッドライトを採用して大きくイメチェン

投稿日:

新型ポルシェ・カイエンのデザインが期せずしてリーク!インフォテイメント画面からその姿が明らかに。新世代の横長ヘッドライトを採用して大きくイメチェン

| 新型カイエンはこのヘッドライトを採用する「第一号」となりそうだ |

フロントとリアはシャープに、しかしサイドはこれまでのままなのでちょっと「見慣れない」感も

さて、ポルシェは昨日「2024モデルとして発売される新型カイエンのインテリア」を公開したところですが、今回は実車のインフォテイメントシステムを撮影したものと思われる画像がリーク。

低解像度ではあるものの、フロントとリアから見たCG画像を確認でき、(フェイスリフト/マイナーチェンジ版の)新型カイエンがどういったデザインとなるのかを見ることが可能です。

ポルシェが新型カイエンの内装を先行公開!エンジン車でははじめて「アナログメーター廃止」、ギアセレクターはダッシュボードに、さらに助手席ディスプレイも
ポルシェが新型カイエンの内装を先行公開!エンジン車でははじめて「アナログメーター廃止」、ギアセレクターはダッシュボードに、さらに助手席ディスプレイも

| その印象は大きくタイカンに近づいており、ポルシェはエンジン車と電動車との垣根をなくしてゆくようだ | ただし、コネクティビティが行き過ぎると「ちょっとした問題」も さて、ポルシェは「フルモデルチェ ...

続きを見る

新型ポルシェ・カイエンは「EVっぽい」ルックスに

この画像を見て分かるのは、そのヘッドライトが「マカンEV(下の画像)」「ミッションR」のような横に長い形状を持ち、その中にバー状のクワッドLEDが収められていること。

1 (5)

ポルシェがマカンEVの情報を追加公開!最上位モデル「ターボ」にはリアエンジンを彷彿とさせる、モーターを車軸後方に搭載した「パフォーマンスアクスル」が採用
ポルシェがマカンEVの情報を追加公開!最上位モデル「ターボ」にはリアエンジンを彷彿とさせる、モーターを車軸後方に搭載した「パフォーマンスアクスル」が採用

| ポルシェは電動化時代に突入するに際し、「よりポルシェらしい」クルマを実現する方法を模索しているようだ | マカンEVは「エレクトリックSUV」セグメントにおける大きなヒットとなる可能性を秘めている ...

続きを見る

なお、ポルシェというと「カエル顔」のイメージが強いものの、ポルシェ初のピュアエレクトリックカー「タイカン」では横方向に長いヘッドライトが採用しており、その後に発表されたミッションRコンセプト(下の画像)、そしてスパイフォトが多数出回っているマカンEVでも同様に「横長」ヘッドライトが用いられています。

Porsche-Mission-R (24)

ポルシェが新型コンセプトカー「ミッションR」発表!eスポーツと現実世界を融合させたレーシングモデル、しかし「次期ケイマン/ボクスター」を具体的に示唆するディティールも
ポルシェが新型コンセプトカー「ミッションR」発表!eスポーツと現実世界を融合させたレーシングモデル、しかし「次期ケイマン/ボクスター」を具体的に示唆するディティールも

| ポルシェは次期ケイマン/ボクスターをハードなスポーツモデルとしてリリース? | ポルシェにしては珍しく「ヘルメットルーフ」を採用 さて、今回のミュンヘン・モーターショー(IAA)にて、ぼくがもっと ...

続きを見る

ただ、現在のところ横長ヘッドライトが採用されるのはピュアエレクトリックモデルだけなので、今回の新型カイエン(ピュアエレクトリックではない)にこれを用いることはないかもしれないと考えていたものの、「まさかの」横長ヘッドライト。

つまり、ポルシェはこの横長ヘッドライトをEVだけではなくガソリン車にも採用するということになりますが、これは昨日公開された新型カイエンのインテリア(下の画像)も同様で、新型カイエンのインテリアはタイカンに大きく近づいています。

ポルシェが新型カイエンの内装を先行公開!エンジン車でははじめて「アナログメーター廃止」、ギアセレクターはダッシュボードに、さらに助手席ディスプレイも

そのほか気づくのはヘッドライトの形状変更にあわせてフロントフェンダーとボンネット形状が変更されていること、フロントバンパー形状が変更されダクトが大きく立体的になっていること(いや立体的になってるのはバンパーか)で、全体的にはクリーン、そして未来的な雰囲気を持っているかのように見えますね。

一方、新型カイエンのリア周りの変更は大きくない

そしてこちらは新型カイエンのリアですが、一見するとテールランプ形状とリアハッチ形状、そしてリアバンパーのデザインが変更されているものの、フロントほどは変更度合いが大きくないもよう。

ただしこちらもタイカンによく似た雰囲気となっており、ポルシェはEV世代のカイエンの登場を待たずして「EVラインアップのデザインに寄せてきた」と考えることも可能です。

Porsche-Cayenne (2)

ポルシェはこの新型カイエンを4月18日に開催される上海もモーターショーにて発表するとしていますが、ニューモデルをアジア圏で発表する例はけっこう珍しく(過去にはパナメーラの例がある)、しかしそれだけ「中国はポルシェにとって、そしてカイエンにとって重要な市場」ということになるのでしょうね。

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェ
ポルシェが今後発売するEVに使用されるプラットフォームはほとんどが「PPE」?となると718ボクスター/ケイマンEV、マカンEV、カイエンEVが「同じ車体」に

| このPPEはポルシェ・タイカンに採用される「J1」、そしてVWの持つMEB、MQBの特徴を併せ持つと言われている | マカンEV、カイエンEVはこのPPE採用で間違いないと思われ、しかし718EV ...

続きを見る

ポルシェが正式に「カイエンEV」について言及!「2024年のマカンEV、2025年の718(ケイマン、ボクスター)EVの後に発売される」
ポルシェが正式に「カイエンEV」について言及!「2024年のマカンEV、2025年の718(ケイマン、ボクスター)EVの後に発売される」

| ただし現時点では詳細については明かされず、ただしマカンEVに近いコンポーネントが使用されるものと考えられる | ポルシェはEV比率を2030年までに80%にまで引き上げたい さて、ポルシェが毎年一 ...

続きを見る

ポルシェ
ポルシェを買うなら今しかない!「2023年半ばに大幅値上げ実施」、そして「マカン、718、カイエンEVは10~15%(ガソリン車比で)高価になる」

| ポルシェは利益を最大化するために1台あたりの利益率/利益額を最大化 | もちろんポルシェは価格を正当化するだけの優れた製品を提供してゆく予定 さて、ポルシェはつい先日、年次カンファレンスを実施して ...

続きを見る

参照:wilcoblok

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

興味の範囲が広く、猫、小説、映画、音楽、腕時計、クルマなど。 酒、タバコ、ギャンブルは一切しません(ある意味では自分の人生そのものがギャンブル)。 いま欲しいクルマはアルピーヌA110。

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5