>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ポルシェが「ガソリン版マカンの延命」を決定との報道。ディーラー、そして消費者からの反発が大きく、とくに「充電インフラが不十分」だという不満も

ポルシェ・マカン

| やはりEV普及の大きな壁「充電インフラ」はここでも問題に |

まだまだEVが一般的になるには様々な障壁をクリアする必要がありそうだ

さて、ポルシェが「(ガソリンエンジン搭載版の)マカンを予定より長く販売する可能性がある」との報道。

ポルシェはもともと2023年にマカンのピュアエレクトリックバージョンを発売し、それと併売する形で内燃機関を搭載するマカンを2025−2026年頃まで併売する計画を持っていたと言われます。

この「併売」の理由について、おそらくガソリン版とエレクトリック版とを入れ替えてしまうと、”2022年に86,742台を販売し、ポルシェで2番めに売れたモデルとなったマカン”の販売を大きく落としてしまう可能性があるからだと考えられ、よってポルシェはマカンをピュアエレクトリックへと移行させるに際して「猶予」を設けたのかもしれません。

ただしそこからは微妙に計画が狂い始める

ただ、そこから少し事情が変わることになり、まずは2023年に発表するとされていた(マカンEVの)予定について、ソフトウエアを担当するフォルクスワーゲン傘下のカリアッドによる(車載ソフトの)開発遅れによって2024年まで発表が延期されることとなっています(それでも、2024年に発表できるかどうかはわからない)。

そして「内燃機関搭載版マカンの決定的理由」だとされるのが、ポルシェの主力市場である北米の充電器不足。

これについては、今回カナリア諸島にて開催されたディーラーミーティングにて「重大な懸念」としてディーラーから議題としてあげられたものだとされ、ディーラーいわく「マカンEVに対して顧客が全体的に反発している」。

その理由の一つが充電器なのだと思われますが、親会社であるフォルクスワーゲンについても「顧客が反発するのでEVが売れず」工場での生産を一時的に停止すると報じられたばかり。

porsche-macan-ev  (4)

VW
VW「EVに対して消費者が消極的なのでEVが売れず、工場を6週間閉める」。やはりEVはメーカーが笛吹けど消費者が踊らず、早々にEVシフトを行ったメーカーにはダメージが及ぶ?

| そうなると、EVシフトが遅れた日系自動車メーカーの「大勝利」に | 世の中、いったい何が起きるかわからない さて、フォルクスワーゲンが「EVが売れない」としてドイツ北西部にある自社のエムデン工場の ...

続きを見る

EVをめぐる市場環境については様々な報道があり、一部では「顧客がEVを求めている」「EVを納車したくともEVの在庫がない」といったポジティブなものもあれば、逆に「顧客がそもそもEVを求めてない」というネガティブな内容も。

とくにポルシェの顧客は「EVを求めない」傾向が強いものと思われ、その顧客がディーラーに対して「既存車種をEVに置き換えることに対する強い反発」を見せるのは不思議なことではなく、そしてその反発を今度は(ディーラーが)ポルシェ本社へと伝えることになり、そこで今回の「内燃機関版マカンの延命」という決定がなされたのだと思われますが、もしかするとここからまだ何らかの変更があるとも限りません。

porsche-macan-ev  (6)

718ボクスター/ケイマンEVの計画も再考される?

そこで気になるのが718ケイマン / マカンEVについて。

これは2025年に発表され、発売後には現行のガソリンエンジン搭載モデルと完全に入れ替えられると報じられています。

ただ、今回のマカンの延命のように、「顧客とディーラーの反発があり」、かつ充電インフラが整っていないのであれば完全にEVへと切り替えることは得策ではなく、よってこちらについても何らかの変更があるかもしれませんね。

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェ
ポルシェが今後発売するEVに使用されるプラットフォームはほとんどが「PPE」?となると718ボクスター/ケイマンEV、マカンEV、カイエンEVが「同じ車体」に

| このPPEはポルシェ・タイカンに採用される「J1」、そしてVWの持つMEB、MQBの特徴を併せ持つと言われている | マカンEV、カイエンEVはこのPPE採用で間違いないと思われ、しかし718EV ...

続きを見る

新型ポルシェ・マカンEVが隊列を組んでテスト中!ウインカーやテールランプの発光状態も確認可能、2024年のデビューが待ち遠しい【動画】
新型ポルシェ・マカンEVが隊列を組んでテスト中!ウインカーやテールランプの発光状態も確認可能、2024年のデビューが待ち遠しい【動画】

| ポルシェにとって新世代のEVとなるマカンEVには期待したい | 中でも新機軸「パフォーマンスアクスル」には注目が集まる さて、ポルシェが直近で発表する可能性が高いニューモデルが「マカンEV」。これ ...

続きを見る

ポルシェが「マカンEVの生産に向け着々と準備進行中」とアナウンス。生産は今年にも開始され、600馬力以上、1,000Nmというパフォーマンスには要注目
ポルシェが「マカンEVの生産に向け着々と準備進行中」とアナウンス。生産は今年にも開始され、600馬力以上、1,000Nmというパフォーマンスには要注目

| 新型マカンEVはポルシェの未来を左右する可能性がある要注目車種 | 「最も売れているポルシェ」のひとつでもあるマカンがEV市場で存在感を発揮できるかどうかで今後の流れが決まるかもしれない さて、ポ ...

続きを見る

参照:Automotive News Europe

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,