ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが「同社史上最大」SUV、タラゴンを中国にて発表!ゴルフの車体をベースに全長5mオーバー、幅は2mオーバー

投稿日:2021/04/23 更新日:

VWが「同社史上最大」SUV、タラゴンを中国にて発表

| とにかく中国では「デカさ」がモノを言うようだ |

さて、フォルクスワーゲンが「同社最大のSUV」を中国で発表して話題に。

フォルクスワーゲンはかなり早い段階から中国へと進出しており、そのために中国市場では大きなシェアを占めますが、これは同時に「フォルクスワーゲン内でも中国の占める割合が大きい」ということを意味します。※ちょっと前に「VWに占める中国のシェアは40%超」と言われたので、今はもっと多いと思う

世界最大の自動車市場、中国。シェア1位はVW、2位はホンダ、そのほかのメーカーは?

| 中国には100以上の自動車メーカーがある | 2017年には2500万台近くの自動車を販売した中国。 言うまでもなく「世界ナンバーワン」の自動車市場ですが、生産においても2015年以降世界第一位を ...

続きを見る

中国市場はフォルクスワーゲンにとって「最重要地域」

そんなフォルクスワーゲンですが、中国対策としてはセダンよりもSUVを選んだようで、やはり数年前には「直近で新型SUVを10モデル投入する」と発表したことも。

そして今回発売された「タラゴン」はそのうちの一台ということになりますが、全長は5,152ミリ、全幅2,002ミリ、全高1,795ミリという堂々たる体躯を誇り、これまでフォルクスワーゲンで最大だったアトラス(中国ではテラモントとして販売中)よりも全長で112ミリ、全幅12ミリ、全高では15ミリ大きなクルマとなっています。

VW-Talagon (3)

ただし中国市場特有というか、「見かけでイバリがきくのであれば、性能なんぞどうでもいい」という考え方が反映されているようで、最大のボディサイズを持つにもかかわらず、タラゴンに採用されるプラットフォームはVWゴルフ、アウディA3等に採用される同社の「コンパクトカー向け」。

つまり見えない部分は「必要最低限のコスト」ということになり、搭載されるパワーユニットについても、これだけの車体サイズにもかかわらず「2リッターターボが中心」だと伝えられています。

VW-Talagon (2)

フォルクスワーゲン・タラゴンのインテリアはこうなっている

そちてこちらはフォルクスワーゲン・タラゴンの内装。

ステアリングホイールこそアトラスに似ているものの、タラゴンの内装はぐっと近代的なアレンジがなされており、デジタルメーター、そしてインフォテイメントスクリーンの姿も確認可能。

このあたりは、中国市場が「ハイテク装備を強く求める」という傾向を反映したのでしょうね。

VW-Talagon (5)

シートレイアウトは3列を採用し、6名もしくは7名が乗車可能。

さすがに余裕あるボディサイズを持つだけあって、サードシートの後方にもかなり広い荷室スペースがあるようです。

VW-Talagon (4)

合わせて読みたい、中国とフォルクスワーゲン関連投稿

フォルクスワーゲンID6(VW)
VWが中国向けにID.6 CROZZ、ID.6 X発表!中国製の3列7人乗り版ID.4、生産は中国

| ID.6 CROZZのほうが車高が高く、SUV的位置づけを持つようだ |この記事のもくじ| ID.6 CROZZのほうが車高が高く、SUV的位置づけを持つようだ |基本的にはID.4と同一フォルク ...

続きを見る

大丈夫かフォルクスワーゲン!?中国に年産30万台規模のEV専門工場を建設開始

| フォルクスワーゲンが中国にEV専用工場を建設 | フォルクスワーゲンが、中国・上海にEV専用工場を建設する、と発表。 これはMEBプラットフォームを利用した電気自動車専用工場で、フォルクスワーゲン ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5