ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

VWのCEOが「ビートル復活の可能性は高い」とコメント!ファンとのオンライン交流イベントにてその質問に答える

投稿日:2022/02/18 更新日:

VWのCEOが「ビートル復活の可能性は高い」とコメント!ファンとのオンライン交流イベントにてその質問に答える

| むしろなぜ真っ先にビートルをEVで復活させなかったのかは謎だが、よく考えるといろいろな課題もあるようだ |

ただし時間がたてばたつほど復活が難しくなるのかも

さて、フォルクスワーゲンCEO、ヘルベルト・ディースは比較的露出を好むことでも知られますが(おそらくはテスラCEO、イーロン・マスク氏の影響)、つい先日、画像掲示板レディットのAMA(Ask Me Anything=なんでも聞いて)セッションに登場し、ファンからの質問に忌憚のないコメントを返しています。

その中で話題となったのが「ビートルの(EVとしての)復活で、ファンからの「ビートルの復活はあるか」という質問に対し、「我々の歴史の中で最もエモーショナルなクルマは、間違いなくマイクロバスです。このアイコンを復活させることが、私たちの最優先事項でした。しかし、そうですね、私たちのスケーラブルなMEBプラットフォームを使用すれば、その他にも多くのエモーショナルなクルマの再現が可能なのです」とコメント。

これはつまりビートルの復活を暗に認めたと考えてもよく、そしてこれまでにも何度か「ビートルはEVで復活」という噂が出たことからも「実際に復活の可能性が高まった」ということになるのかも。

「テスラ寄り」の発言にて職を追われそうになったVWのCEO。なんとか現職にとどまるも権力の一部を奪われ、経営スタイルの変更を迫られる
「テスラ寄り」の発言にて職を追われそうになったVWのCEO。なんとか現職にとどまるも権力の一部を奪われ、経営スタイルの変更を迫られる

| ちょっとした発言でここまで大きな事態に発展してしまうとは |この記事のもくじ| ちょっとした発言でここまで大きな事態に発展してしまうとは |こうなるともう今後の地位は安泰ではなく、ヘルベルト・ディ ...

続きを見る

フォルクスワーゲンはすでに「VWバス」を復活させる

なお、フォルクスワーゲンにとってビートル(タイプI)、そしてVWバス(タイプII)は「もっとも有名なアイコン」ということになりそうですが、このうちVWバスについては上述の通りピュアEVとして(MEBプラットフォームの採用にて)復活することが決まっており、フォルクスワーゲン自身、過去のアイコンを新しい時代に蘇らせることについては前向きだと考えられます。

「VWバス」の現代そしてEV版、ID.BUZZの市販モデルをチラ見せ!日本ではID.BUZZブランドが2022年から展開予定、ぜひ導入してほしい
「VWバス」の現代そしてEV版、ID.BUZZの市販モデルをチラ見せ!日本ではID.BUZZブランドが2022年から展開予定、ぜひ導入してほしい

| 欧州では複数バージョン、アメリカでは「乗用」バージョンのID.BUZZが展開されるらしいが |この記事のもくじ| 欧州では複数バージョン、アメリカでは「乗用」バージョンのID.BUZZが展開される ...

続きを見る

その理由としてはやはり「EVという未知の世界に踏み入れるにあたり、全く新しいモデル名を使用するよりは、よく知られた名を使用したほうが認知されやすい」からだと思われ、これはルノーが「5(サンク)」をEVにてリバイバルするのと同様の手法だといえそう。

となるとフォルクスワーゲンが「4輪では、世界で最も売れたクルマ」であるビートルを放っておくわけはなく、むしろ今まで具体的な復活の話がなかったのが不思議に思えるほど。

【動画】ダメだ、涙が止まらない・・・。VWがビートルと共に歩んだ家族、そしてビートルが天に召される動画を公開

| フォルクスワーゲンが「ここまでの思い入れがあるクルマ」を販売終了にするとは |この記事のもくじ| フォルクスワーゲンが「ここまでの思い入れがあるクルマ」を販売終了にするとは |物語はビートルが家に ...

続きを見る

その理由は定かではありませんが、「ニュービートル」、その後継である「ザ・ビートル」の販売が芳しくなかったことが考えられ、これがフォルクスワーゲンにとってのトラウマとなっているのかもしれません。

加えてもうひとつ、考えられる理由としては「そのボデイ形状に由来し、積載効率が高くない」こと。

当時こそビートルは画期的なパッケージングを持つクルマではあったものの、その後に自動車の形がどんどん多様化するに際し、ビートルの形は「人と荷物を運ぶのに最適」とは言えない形状になってしまったのだと考えています。

よってフォルクスワーゲンは、エレクトリックブランド「ID」を立ち上げる際、「VWバス(ID.Buzz)」「ハッチバック(ID.3)」「クロスオーバー(ID.6)」という、「人とモノが乗る」ボディ形状を選んだのかもしれません。

The Volkswagen I.D. Family

そしてID.3について、フォルクスワーゲンは「思想的に」ビートルの再来だとも述べていて、これは「国民車」という意味だとは思われますが、やはりID.3をビートルだと受け止めることは難しく、よってフォルクスワーゲンはID.3とは別に「見た目がビートルな」エレクトリックカーを用意している可能性もありそうです。

フォルクスワーゲンID3
VWが初の量産ピュアEV「ID.3」発表!「思想的にはビートルの再来だ。価格については340万円以下にできるよう頑張る」

| 航続可能距離は最大500キロ。11月から生産開始 | フォルクスワーゲンがついにそのEVシリーズ「ID」の第一弾、ID.3を発表。フォルクスワーゲンによると、1938年に発売したビートル(安価に大 ...

続きを見る

ただしそこには問題も

ただ、そこには大きな問題があり、上述の通り、ビートルのボディ形状は現代において、そしてエンジン搭載位置を考慮しなくてもいいEVにおいては「非効率的」であること。

さらにビートルは「2(3)ドア」なので乗降性にも優れないということになり、「3ドアハッチバックや、5ドアクロスオーバーに対して優位性を発揮できない」わけですね。

唯一、優位性を発揮できるとすれば「そのスタイル」ということになりますが、現代では「見た目だけ」でクルマを売ることは難しく、(オリジナルの)ビートルのスタイリングに忠実であろうとすればするほど「販売の可能性を自ら狭めてしまう」ことにもなりかねません。

そこでふと思うのが、「じゃあ人が乗りやすいように4ドアにすればいいじゃない」ということですが、これについてはすでに中国のORAが実行しており、もしかするとフォルクスワーゲンとしては「しまった、先を越された・・・」という感じなのかもしれません。

ついにビートルのコピー「ORA バレエキャット」が3/30に発売!VWは今のところ打つ手なし
ついにビートルのコピー「ORA バレエキャット」が3/30に発売!VWは今のところ打つ手なし

| 中国では「全力で女性受けアピール」商品も人気があるようだ |この記事のもくじ| 中国では「全力で女性受けアピール」商品も人気があるようだ |それにしても、このデザインが公的に「許される」ことが信じ ...

続きを見る

合わせて読みたい、フォルクスワーゲンのEV「ID」関連投稿

VWの頼みの綱、「ID」が中国で全く売れず
VWの頼みの綱、「ID」が中国で全く売れず。現時点で販売計画の1/10程度にとどまり、このままでは大コケする可能性も

| VWにとっての最大市場、中国でEVが売れなければ「この先はない」 |この記事のもくじ| VWにとっての最大市場、中国でEVが売れなければ「この先はない」 |フォルクスワーゲンは全力でこの状況を改善 ...

続きを見る

VW幹部「ID.6は現時点では利益が出ていない。それは認めよう」
VW幹部「ID.6は現時点では利益が出ていない。それは認めよう」。生産効率やパーツ価格が現時点では低く、生産台数増加が必須

| ただし生産台数を増やせば増やすほどバッテリー価格が上がってしまうというジレンマも |この記事のもくじ| ただし生産台数を増やせば増やすほどバッテリー価格が上がってしまうというジレンマも |フォルク ...

続きを見る

新世代の電動フォルクスワーゲンバス、「ID.BUZZ」の内装がリーク!やっぱり市販モデルだと「普通」のデザインになってしまうのか・・・
新世代の電動フォルクスワーゲンバス、「ID.BUZZ」の内装がリーク!やっぱり市販モデルだと「普通」のデザインになってしまうのか・・・

| 数年前の自動車業界は「2022年には完全自動運転が実用化されている」と考えていたが |この記事のもくじ| 数年前の自動車業界は「2022年には完全自動運転が実用化されている」と考えていたが |フォ ...

続きを見る

参照:Reddit

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5