ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

【動画】フェラーリ公式!250テスタロッサの70%縮小版「テスタロッサJ」がキッズ用として299台限定、1200万円(!)で発売

投稿日:2021/12/08 更新日:

【動画】フェラーリ公式!250テスタロッサの70%縮小版「テスタロッサJ」がキッズ用として299台限定、1200万円(!)で発売

| 公道走行な仕様として発売する計画もあったようだが、フェラーリはライセンス供与先に対してそれを認めなかったようだ |

ただし007仕様のアストンマーティンDB5キッズカーはもっと高価で1350万円

さて、これまでにもアストンマーティンDB5、ブガッティ・ベイビーII、タミヤ ワイルドワンなど様々なキッズ用エレクトリックカーを発売してきたリトル・カー・カンパニー。

今回は1950年代のフェラーリ250テスタロッサを70%のサイズに縮小した「テスタロッサJ」を発売するとアナウンスしています。

なお、アストンマーティンDB5は実車の66%程度だったので、テスタロッサJの「70%」というのはかなり大きなサイズであり、たしかに実車と並べても極端には小さく見えないもよう。

このフェラーリ・テスタロッサJは「フェラーリ初のEV」となるはずだった

なお、このフェラーリ・テスタロッサJについてはすでにいくつかの逸話が存在しており、その一つが「フェラーリ初のEVとなるはずだった」ということ。

正確に言うと「公道走行可能なEVになるはずだった」ということで、このテスタロッサJの開発段階において、リトル・カー・カンパニーはフェラーリに対してこのテスタロッサJを「公道走行可能にしてはどうか」と提案したのだそう。

Ferrari-Testa-Rossa (4)

これは、すでに発売したブガッティ・ベイビーIIを公道走行用に改造したオーナーがいることを受け、テスタロッサJを購入するオーナーの多くが(テスタロッサJで)公道を走ろうと考えるのではないかという考えに基づいたもので、法規を満たすためのウインカーやヘッドライトを付属させて発売し、それらを取り付けて届け出を行えば事実上「可能」ではあったもよう。

Ferrari-Testa-Rossa (6)

ただ、フェラーリはこのリトル・カー・カンパニーのオファーを断り、テスタロッサJをあくまでも「玩具」にとどめることにしたと報じられていますが、その主な理由は、リトル・カー・カンパニーのベン・ヘドリーCEOによると「もし公道走行を可能な仕様にすれば、(ライセンスを管理する)フェラーリのライフスタイル部門ではなく、フェラーリの車両管理部門との交渉が必要になるため、開発が難航を極めるであろうことが想像に難くなかった」ため。

Ferrari-Testa-Rossa (2)

おそらくはフェラーリにとっても懸念が存在

ただ、そういった実務上の煩雑さを除いたとしても、フェラーリ側にもなんらかの検討事項があったのだと思われ、もしテスタロッサJが公道を走行できるとして発売することになれば、1990年代のフェラーリ348以来の「1000万円台のフェラーリ」となり(このテスタロッサJの価格は9万3000ユーロ=1200万円くらい!)、そして「フェラーリ初のEV」となり、限定台数が299台と非常に(599台のSP3デイトナよりも)少なく、そして最高速度が72km/hにとどまること。

Ferrari-Testa-Rossa (3)

そして「公道走行不可能なフェラーリ」として売り出すには上述のような問題がフェラーリのブランディング上問題となることは想像に難くなく、こういった理由もあってフェラーリはリトル・カー・カンパニーのオファーを断ったのかもしれません(フェラーリとしての要件を満たしているとはいい難い)。

それにしてもこのキッズ用乗用トイカーの価格が1200万円というのは大きな驚きではありますが、このテスタロッサJはフェラーリの保管する(実車の250テスタロッサの)設計図から厳密に縮小されて設計されたといい、そのこだわりを反映するとどうしてもこの価格になってしまうのかもしれません。

Ferrari-Testa-Rossa (5)

ちなみに北米や欧州では、一定の要件を満たせばこういったクルマでも公道走行可能なナンバープレートを取得することが可能だといい、実際に公道仕様へとコンバートする顧客が出てくることも容易に想像できますね。

フェラーリ・テスタロッサJのプロモーション動画はこちら

合わせて読みたい、リトル・カー・カンパニー関連投稿

その価格1350万円!世界で最も高価なキッズ用乗用トイカー「DB5 ノー・タイム・トゥ・ダイ」発売!購入すると自動的にアストンマーティン・オーナーズクラブの入会権も得られる模様
その価格1350万円!世界で最も高価なキッズ用乗用トイカー「DB5 ノー・タイム・トゥ・ダイ」発売!購入すると自動的にアストンマーティン・オーナーズクラブの入会権も得られる模様

| 中古のアストンマーティンが余裕で買えそうだ |この記事のもくじ| 中古のアストンマーティンが余裕で買えそうだ |さすがにここまで高価なキッズ用トイカーは聞いたことがないこれまでにもリトル・カー・カ ...

続きを見る

タミヤを象徴するRCカー「ワイルドワン」がほぼ実車サイズになって発売
タミヤを象徴するRCカー「ワイルドワン」がほぼ実車サイズになって発売されるぞ!軽自動車より大きなボディを持ち、ブレーキはブレンボ製

| 自走可能なのでプロポは不要、しかしタミヤ製品同様に組み立てが必要 |この記事のもくじ| 自走可能なのでプロポは不要、しかしタミヤ製品同様に組み立てが必要 |タミヤのラジコンカー「ワイルドワンオフロ ...

続きを見る

「世界で最も高価なキッズ用乗用車」、ブガッティ・ベイビー2発表。カーボンボディ装着の「ヴィテス」も用意され、価格は330万円から

| 時代を反映してピュアエレクトリック、そして最高速チャレンジ用の「スピードキー」も付属 | ブガッティが、おそらくは「史上もっとも高価な」キッズ用乗用電動車、「ベイビーⅡ(BabyⅡ)」を公開。これ ...

続きを見る

参照:The Little Car Company

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5