ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ >フェラーリ296GTB ■近況について

フェラーリ296GTBを注文してきたぞ!ランボルギーニを3台購入した身でもフェラーリのオーダーは異次元だった

投稿日:

フェラーリ296GTBを注文してきたぞ!ランボルギーニ3台購入した身でもフェラーリのオーダーは異次元だった

| フェラーリの注文システムは一般的なクルマとはかけ離れすぎていた |

意外とアッサリ契約が終了してしまったが、あとはひたすら待つしかない

さて、めでたくフェラーリ296GTBを契約(ちょうどバーレーンGPでフェラーリがワンツーフィニッシュを決めたところでもある)。

ただし納車は2年(以上)先なのでなんとも実感がわかないというのが実情で、それでもとにかく「初フェラーリ」の注文となり、新しい世界にまた一歩踏み出したとも考えています。

なお、なぜフェラーリを買おうと思ったのかは端々で触れてはいるものの、できれば考えをまとめて改めて公開したいとも考えていて、ただここで言えるのは、いろいろなクルマに乗っておいたほうが知見も広まりますし、ランボルギーニしか乗らずにランボルギーニを語るよりも、フェラーリに乗ってからランボルギーニを語ったほうが言葉にも厚みが出るかもしれません。

フェラーリ296GTB
フェラーリは魂を救う?フェラーリを買おうと決めた日の夜、ボクの心はちょっぴり軽くなったのか、今までになくよく眠れたようだ

| スーパーカーは、行き場のない現実の世界からボクを連れ出してくれる魔法の乗り物でもある |この記事のもくじ| スーパーカーは、行き場のない現実の世界からボクを連れ出してくれる魔法の乗り物でもある | ...

続きを見る

一応「特別な日」だとは意識はしたが

フェラーリをはじめて注文するということ、そして家を除くともっとも高額な買い物をするということで「(注文当日は)特別な日」でもあり、なにか特別なことでもしようかと考えたのですが、ぼくはあまり「特別な日に特別なこと」をするのが好きではなく、毎日同じ時間に同じことをするのが好きなタイプなので(むしろ、特別なことをして日常のバランスが崩れることを恐れる)、結局は「いつもどおり」に過ごしています。

ただし契約書にサインするときくらいは格好良くキメるかと考え、そこでフェラーリとモンブランとのコラボレーションによるボールペンでも購入し、さっそうとサインしようかと考えたものの、あまりに高額さにこれも断念。

2022-03-20 10.08.45

フェラーリとモンブランがコラボ!第一弾はエンツォシリーズ、「情熱を語ることはできない、それを生きることしかできない」も再現されているぞ
フェラーリとモンブランがコラボ!第一弾はエンツォシリーズ、「情熱を語ることはできない、それを生きることしかできない」も再現されているぞ

| エンツォ・フェラーリは万年筆のインクに「パープル」のみを用いていたそうだ |この記事のもくじ| エンツォ・フェラーリは万年筆のインクに「パープル」のみを用いていたそうだ |ボールペンには誕生日やレ ...

続きを見る

そしていよいよ注文当日となり、事前にオートカヴァリーノさんに(注文するのに)必要なもの確認したところ、注文の段階では「印鑑があればOK」とのことだったので、ちょっと前に作った「チタン製削り出し」の印鑑を用意して家を出ることとなっています。

L1420379

そんなわけでオートカヴァリーノさんへ

そういった紆余曲折を経てオートカヴァリーノさんへと到着していたわけですが、コンフィギュレーションルームにはフェラーリっぽい赤いマット、その上に契約書、そしてカルティエのボックスというセッティングがなされていてちょっとびっくり。

L1420388

ボールペンは高価そうなカルティエ製!

ちなみにこのレッドのマット、そしてカルティエのボールペンはセールスさんの個人所有物なのだそう。

ただ、フェラーリを契約するということは、普通のクルマを買うのとはまったく異なる行為であり、こういった演出は非常に嬉しい、と思います。※フェラーリは、試乗イベントの際にもこういった世界観の演出がなされている

L1420398

そしてその後は氏名住所、連絡先を記入して印鑑を押し注文完了。

ちなみにですが、現段階では仕様を決める必要はなく、このあとにフェラーリ・ジャパンの承認、そしてフェラーリ本社(イタリア)の承認を得た後に仕様を登録できる状態となるそうで、その頃までに仕様を決めればOKとのこと。

よって今のところは「車両本体価格だけ(3710万円)」を入力した注文書となっていて、オプションは「ゼロ」となっています。

L1420621

ただ、デポジットは早急に支払う必要があり、注文書にサインした後に300万円を送金しており、現在は「承認を待っている」という状況です(承認されなかったら嫌だな・・・)。

今後、フェラーリ296GTB納車までの流れはこんな感じ

今後の流れとしてはオプションを決めてそれを登録し(だいたいここから3ヶ月くらい?)、これまたフェラーリ本社の承認を得ることになりますが、オプションの額が少ないと「もうちょっとオプションを装着するように」とフェラーリ本社からオーダー内容の見直し要求が来ることがあるもよう(もしそうなったら嫌だな・・・)。

L1420594

JUN
ステアリングホイールの12時位置にイタリアンカラーを入れると17万円!

そしてオーダー内容が承認されるとあとは長い待ち時間がはじまり、1年数ヶ月くらい経過すると「生産を開始する」という連絡があり、そこから8ヶ月くらいすれば日本へと到着することなるそうですが、生産中はフェラーリのアプリを通じて自分のクルマの生産状況を確認できるとのことで、日に日にできあがってゆく自分のクルマを見ることができるのかもしれません。

もちろんそれまでには、キーボックスはじめ「ウエルカム」キットが届くことになると思われ、そちらも楽しみに待ちたいところですね。

これで晴れてぼくも「フェラーリファミリー」の一員としての道に足を踏み入れたということになりますが、続報については追って公開したいと思います。

L1420602

JUN
ハンドペイントのスクーデリア・フェラーリのシールドエンブレムは120万円だそうだ!

フェラーリ296GTBを注文してきた際の動画はこちら

合わせて読みたい、フェラーリ296GTB関連投稿

フェラーリ296GTB
フェラーリは魂を救う?フェラーリを買おうと決めた日の夜、ボクの心はちょっぴり軽くなったのか、今までになくよく眠れたようだ

| スーパーカーは、行き場のない現実の世界からボクを連れ出してくれる魔法の乗り物でもある |この記事のもくじ| スーパーカーは、行き場のない現実の世界からボクを連れ出してくれる魔法の乗り物でもある | ...

続きを見る

フェラーリ250LM
まだまだフェラーリ296GTBの仕様を検討中!コンフィギュレーターには表示されない「新たなる選択肢」が登場しさらに迷うことに

| やはり自分にとって「満足のゆくフェラーリ」を作ろうとなると相当にお金がかかる |この記事のもくじ| やはり自分にとって「満足のゆくフェラーリ」を作ろうとなると相当にお金がかかる |文字通り、フェラ ...

続きを見る

ボクは迷っている。フェラーリのインテリアを決めるのは本当に難しい。一歩間違えばチグハグな仕様になってしまいそうだ
ボクは296GTBの内装カラーについて迷っている。フェラーリのインテリアを決めるのは本当に難しい。一歩間違えばチグハグな仕様になってしまいそうだ

| ここまで選択肢が広いクルマをオーダーしたことはなく、それがむしろ悩みどころでもある |この記事のもくじ| ここまで選択肢が広いクルマをオーダーしたことはなく、それがむしろ悩みどころでもある |現在 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, >フェラーリ296GTB, ■近況について
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5