ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ「ガソリンエンジンがなくとも、我々はエキサイティングなスーパーカーを作ることができる」。ボクはここでその理由と根拠を考えた

投稿日:

フェラーリ488スパイダー

| フェラーリはずいぶん前から一貫した考え方を持ち、一切ブレずに未来に向かっていたようだ |

こういったフェラーリの考え方は、過去の行動や発言を掘り返してみるとよくわかる

現フェラーリCEOは自動車業界出身ではなく、エレクトロニクス業界出身のベネデット・ビーニャ氏が努めていますが、最新の人事異動においては、さらにその傾向を強めており、ガソリン時代の立役者が第一線から外され、かわりに要職に就いたのがベネデット・ビーニャ氏同様のエレクトロニクス業界出身者たち。

そして今回、ベネデット・ビーニャ氏は「我々フェラーリは、ビークルダイナミクスに対して深い理解があり、バッテリーによって重量が増加したとしてもエキサイティングなEVを作ることができる」とコメント。

そしてとくに「ビークルダイナミクスに対する深い理解」という部分を強調しています。

たしかにフェラーリはクルマと人との関係をよくわかっている

そしてベネデット・ビーニャ氏が語るには「こう想像してみてください。今日では、多くの自動車メーカーが、同じメーカーの、同じ型番のマイクロチップにアクセスしていると。しかし我々フェラーリのエンジニアは、他の自動車メーカーと同じチップを使用していたとしても、ユニークな、そしてエキサイティングなクルマを作っているのです」。

実際に言われてみるとそのとおりで、ほとんどの自動車は電子制御化されており、そして車の中枢にあるのはクアルコムなどの半導体メーカーが作ったマイクロチップです。

更に言うならば、(どの自動車メーカーにとっても)サスペンション、トランスミッション、ブレーキなど多くの構成部品はサプライヤーから仕入れたもので、他の自動車メーカーも同じサプライヤーから同じ部品を仕入れているかもしれません。

ただ、今回の発言につき、フェラーリの場合は、(理論上の遊びとして)その構成パーツが仮に他のスーパーカーメーカーと全く同じだとしても、「フェラーリにしか作れないクルマ」を作ることができる、ということを意味しているのだと思います。

フェラーリが新CEOをハイテク業界から引っ張ってきたことについては「なんでだろうな」と考えていたものの、今回のインタビューの内容を見てみると至極納得させられるものがあって、いま、もっともいいクルマを作ろうとするならば、もっとも力を入れるべきは”ハードウエアを操る”ソフトウエアなのかもしれませんね。

フェラーリ296GTS

ボクは実際にフェラーリを運転してみてこう思った

ちなみにですが、フェラーリの試乗においては驚かされることが多く、たとえばポルトフィーノMだとそのエキゾーストサウンド。

音がいい、大きい、といった話ではなく、たとえば加速しようとアクセルを踏んだ時点でエキゾーストサウンドが大きく盛り上がるわけですね。

なんだ当然じゃないと思うかもしれませんが、他のスーパーカー、スポーツカーの殆どは、アクセルを踏み、エンジン回転数が上がるにつれてエキゾーストサウンドも大きくなります(絶対的な排気音が大きくなることに加え、回転数に連動してバルブが開くことが多い)。

ですがポルトフィーノMの場合は、エンジン回転数が上る前に(ぼくの勘違いでなければ)エキゾーストサウンドが高鳴ることとなり、おそらくですがアクセルを踏んだ瞬間に、エンジン回転数と関係なく電気的にバルブを開いているんじゃないかと推測しているわけですね(何度か試してみたが、たぶんそうなっている)。

これによって、(人間の感覚とは外部の状況に左右されやすいので)アクセルを踏んだ瞬間にエキゾーストサウンドが高まる=レスポンスがいい、という認識を脳が行うことになり、つまり「気持ちいい」と感じることに(ぼくは、フェラーリのターボエンジンについて、フェラーリが言うようにターボラグがゼロではないと認識しているが、こういった仕掛けによってターボラグを感じにくくなっているとは思う)。

そのほか、F8スパイダーだと、エンジンのみならず、ステアリングホイール、ブレーキ、トランスミッションなどすべての反応が電光石火であり、まるで「こちらがそう操作するのをあらかじめ理解し、待っていたかのような」動きを見せ、実際に運転していると「いい馬というのはこういった馬なんだろうなあ(馬に乗ったことはないけれど)」と考えたり。※逆にランボルギーニは文字通りの猛牛といった感じで、その獰猛さに振り回されるロデオのような感覚がたまらず、どちらのフィーリングも大好きだ(ロデオもやったことはないけれど)

フェラーリ

【動画】フェラーリF8スパイダーに試乗!フェラーリに乗るのは「乗馬」のようだと改めて感じる。なお走行中、白バイに抜かれることに
【動画】フェラーリF8スパイダーに試乗!フェラーリに乗るのは「乗馬」のようだと改めて感じる。なお走行中、白バイに抜かれることに

| フェラーリを運転するのは、馬との対話を行いながら乗馬をするのによく似ている |この記事のもくじ| フェラーリを運転するのは、馬との対話を行いながら乗馬をするのによく似ている |対してランボルギーニ ...

続きを見る

さらに296GTBでは、その車体重量がF8トリブートに比較して140kgも重くなっているのに、逆に運転した感じは「このクルマ軽いなオイ・・・」というもので、これはもちろんエレクトリックモーターのアシストによる加速「感」の演出、ブレーキ制御システム、ステアリング・ホイールの操作感や反応といったところによって総合的にもたらされるものだと考えています。

ちなみにフェラーリ296GTBのコンセプトは「ファン・トゥ・ドライブ」というシンプルなものですが、フェラーリはこれを実現するために5つの指標を用いていて、それぞれにおいて細分化し、数値にて表すという手法を採用しています(これがもっとも重要な、フェラーリならではのノウハウとなりそうだ。詳細については公開されていない)。

フェラーリ296GTBに公道試乗!快適で乗りやすく「運転のこと、フェラーリのこと」以外は何も考えずにいいクルマ。知っている範囲では試乗した人が注文する確率100%
フェラーリ296GTBに公道試乗!快適で乗りやすく「運転のこと、フェラーリのこと」以外は何も考えずにいいクルマ。知っている範囲では試乗した人が注文する確率100%

| どっぷりフェラーリに浸れること間違いなし、これほどよくできたクルマも珍しい |この記事のもくじ| どっぷりフェラーリに浸れること間違いなし、これほどよくできたクルマも珍しい |ただし過剰な演出は一 ...

続きを見る

参考までに、その5つとは、フェラーリによると下記の通り。

フェラーリの考えるドライビングファン

  1. 横方向:ステアリングホイールからのインプットに対する前輪の反応、ステアリングホイールのインプットに対するリアアクスルの反応(電制デフを指しているのだと思う)、苦も無く操ることができるステアリング・ホイール
  2. 縦方向:アクセルペダルに対する迅速でスムーズな反応
  3. ギアチェンジ:変速時間、それぞれのギアチェンジによって生じる明確な変化の感覚
  4. ブレーキング:ブレーキペダルのストロークや反応といったフィーリング(効率性や操作量)
  5. サウンド:キャビン内の音質や音量、エンジン回転数の上昇に伴う音の変化

電動化はフェラーリにとって挑戦である

そしてベネデット・ビーニャCEOは「電動化はフェラーリにとっての挑戦である」とも語っており、それは「V12エンジンはもちろん、ガソリンエンジンを搭載しないクルマにおいて、いかにエキサイティングだとドライバーに感じさせるかを追求する機会を与えてくれる」ため。

かつてフェラーリは「エレクトリック化大歓迎」というコメントを発していますが、ファン・トゥ・ドライブを実現する方法を知っているからこそ、電動化時代でも十分に差別化を行ったクルマを作ることができる、という自信があるからなのでしょうね。※この発言はフェラーリ会長、ジョン・エルカーン氏によるものだが、だからこそベネデット・ビーニャ氏をその後引っ張ってくることになったのだと思われる

フェラーリのコンセプトカー
フェラーリ会長「ガソリン禁止、業界の電動化への流れは大歓迎だ。その中でこそ我々の製品が際立つだろう」。たしかにフェラーリはSF90、296GTBによっていつの間にか「電動化スポーツカー」のトップランナーになっていた

| フェラーリは電動化するのが「もっとも遅い」部類になると考えていたが |この記事のもくじ| フェラーリは電動化するのが「もっとも遅い」部類になると考えていたが |さらにはランボルギーニやマクラーレン ...

続きを見る

ただ、電動化にとっての最大の懸念は「重量」でもあり、これについては懸念を示しつつも、株主に対する報告会ではその対策も提示されており、大きく心配することはないのかもしれません。

フェラーリ

ちなみにですが、フェラーリは2025年に初のピュアエレクトリックハイパーカーを発表し、2026年までにはラインナップの55%をハイブリッド車、5%を完全電気自動車、40%をガソリンエンジン車へ、そして2030年にはガソリン車がラインアップの20%に減少し、ピュアエレクトリックカーとプラグインハイブリッド車の比率は40%に達するという見込みを公表しています。

なお、フェラーリが「マイルドハイブリッド」「プラグインじゃないハイブリッド」を手掛けるのかどうかはわからないものの、2030年の「ガソリン車20%、EVとPHEVで40%」となれば、残りは何なんだということになり、これらが「マイルドハイブリッド」「プラグインじゃないハイブリッド」なのかもしれません。

フェラーリ
フェラーリが中期計画を発表!今後5年で15車種を発売、2025年には初のピュアEV、ハイパーカーも。ターゲットは100万ドル(1.3億)以上の投資可能資産を持つ富裕層

| 今後もフェラーリの中心的価値は「ドライビングプレジャー」、そして希少化戦略は揺るがない |この記事のもくじ| 今後もフェラーリの中心的価値は「ドライビングプレジャー」、そして希少化戦略は揺るがない ...

続きを見る

参考までに、フェラーリは「ユーロ7による新しい排ガス規制が導入されると、フェラーリらしさが損なわれる可能性がある」ともコメントしていて、しかしユーロ7は遅かれ早かれ導入されることになるのは間違いなく(避けられない)、これによって魅力が損なわれることへの解決策として、電動化による新しいフェラーリらしさ、そして魅力を創出することを推進しており、ガソリンエンジンがなくともファン・トゥ・ドライブを実現する方法を全力で模索しているということになりそうです。

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリがEV用プラットフォームの特許を出願!ガソリンエンジンではできない構造を採用し、完全に新しい考え方を導入した新世代へ
フェラーリがEV用プラットフォームの特許を出願!ガソリンエンジンではできない構造を採用し、完全に新しい考え方を導入した新世代へ

| この新しいフェラーリのプラットフォームは「見れば見るほど」よく出来ているようだ |この記事のもくじ| この新しいフェラーリのプラットフォームは「見れば見るほど」よく出来ているようだ |この図面を見 ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリがEV用の工場用地を取得し「第3の組立ライン」を建設中との報道。生産能力を拡大することは間違いなく、投資家向けの説明会で発表

| フェラーリは新社長のもとでエレクトリック化を加速させる |この記事のもくじ| フェラーリは新社長のもとでエレクトリック化を加速させる |さらにフェラーリをSUVのラインアップを3モデルに拡大する可 ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリが株主総会を開催!「プロサングエは数カ月後に発表」「最初のEVは前倒しで2025年に登場」「ユーロ7が実施されればサウンドや運動性能が失われる」ことに言及

| わかっていたことだが、フェラーリが「ユーロ7導入によってフェラーリらしさが失われる」と正直に語ったのは衝撃的 |この記事のもくじ| わかっていたことだが、フェラーリが「ユーロ7導入によってフェラー ...

続きを見る

参照:CNBC, Ferrari

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5