ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリのデザイナーが「ヘッドライト」について語る!ボクは常々「フェラーリのヘッドライトはコロコロ変わるのに、なぜどれもフェラーリに見えるのか」が不思議だった

投稿日:

フェラーリ

| とくにフェラーリのヘッドライトのデザインはF12でLEDを採用して以来、大きく変化した |

さらにはその複雑さは他の自動車メーカーの追随を許さない

フェラーリは「世界で最も美しいSUV」と評される「プロサングエ」を発表したところですが、現在のフェラーリにおけるデザイン言語を構築したのはチーフデザイナーであるフラビオ・マンツォーニ氏、そして彼が率いるチェントロ・スティーレ(デザインスタジオ)。

そして今回、フェラーリ公式コンテンツ「The Official Ferrari Magazine(TOFM)」にて、ヘッドライトを語るコンテンツが公開されており、ここでその内容を紹介してみたいと思います。

フェラーリSF90ストラダーレのデザイン
【動画】フェラーリのデザイナー、SF90スパイダーを語る。ピニンファリーナ時代からどう変わったのか、デザイナーの個性や近代フェラーリのデザインについて考える

| ボクはピニンファリーナよりもフェラーリ内製のデザインを支持している |この記事のもくじ| ボクはピニンファリーナよりもフェラーリ内製のデザインを支持している |フラビオ・マンゾーニ氏は近年のフェラ ...

続きを見る

フェラーリはピニンファリーナへのデザイン委託から自社デザインへと切り替えた

フェラーリのデザインというとピニンファリーナが担当してきたことでも知られますが、フェラーリは458以降、自社による内製デザインへと切り替えており、そのデザイン部門を率いるのが上述のフラビオ・マンツォーニ氏。

ピニンファリーナのデザインというと彫刻のような塊感を重視し、なめらかな表面、可能な限り連続するラインをもたせ、凹凸やラインの断絶を極力避けてきたという印象がありますが、それ以降のフェラーリのインハウスデザインだと逆に凹凸が強調され、複数のラインを交錯させ、異なる要素を一つのクルマの中に介在させるという手法に転じており、それまでのピニンファリーナのデザインとは「似て非なるもの」。

どちらがどうとは論じることができず、その判断は個人の思考に委ねるしかありませんが、ぼくは基本的に現在のフェラーリデザインのほうが好みです。

ちなみにこちらはピニンファリーナによる458イタリア。

z3

こちらはフェラーリ内製デザインのF8トリブート。

z5

参考【動画】フェラーリF8トリブートのデザインは間違っている!458を絶賛するカーデザイナーがF8を再デザインして公開

| フェラーリは458よりあとの世代ではピニンファリーナを切り、自社デザインへと切り替えている |この記事のもくじ| フェラーリは458よりあとの世代ではピニンファリーナを切り、自社デザインへと切り替 ...

続きを見る

クルマの「顔」はヘッドライトが決定する

そして今回フラビオ・マンツォーニ氏が語るのが「クルマには顔があり、そこでヘッドランプが果たす役割は非常に興味深い」とコメント。

同氏によれば「ヘッドライトは、人の顔で言えば目に相当し、それが無ければ、そのクルマを判別できなくなる」と考えているといい、そしてフェラーリは伝統に沿ってデザインされなければならず、一方では伝統に縛られないようにすることが重要である、とも(”偉大な名作は破壊的である”と語っている)。

加えて現代のフェラーリのデザインに際しては「現代性と独創的なアプローチが重要」であるとし、たとえばデイトナSP3だと330P3/4をモチーフにしつつも現代的なアプローチを取り入れていて、このヘッドライトは「格納式パネルを後方にスライドさせてヘッドライトの光源(LED)を露出させる」という構造を取っており、これはもちろんリトラクタブルヘッドライトを現代風に解釈したもので、「過去と現在、未来」とを結びつけたものだと説明しています。

2022-09-19 9.45.56

フェラーリの最新少量限定モデル「デイトナSP3」発表!ほぼ全てが新設計された特別すぎるフェラーリ、搭載されるエンジンは「フェラーリ史上最強」
フェラーリの最新少量限定モデル「デイトナSP3」発表!ほぼ全てが新設計された特別すぎるフェラーリ、搭載されるエンジンは「フェラーリ史上最強」

| そのデザインはウワサされた330 P4だけではなく512S、412Pなどもモチーフに |この記事のもくじ| そのデザインはウワサされた330 P4だけではなく512S、412Pなどもモチーフに | ...

続きを見る

フェラーリのヘッドライトはこう進化してきた

そこでフェラーリのヘッドライトの歴史を見てみたいと思いますが、まずそのはじまり1939年に採用が始まった「シールドビーム・ヘッドランプ」で、これはパラボラリフレクター、タングステンフィラメント、レンズが一体化したもの。

DSC04256

その後1962年にははじめてハロゲンヘッドランプが登場し・・・。

DSC04025

その後に登場したのがHID、そして現代のフェラーリに採用されるのがLED。

ちなみにLEDはHIDの3倍となる45,000時間の発光寿命を持ち、様々なカラーを表現でき、サイズもコンパクトであるためにデザイナーにとっては「多くの可能性を持つ」エレメントだと述べています。

L1430547

多くの自動車メーカーでは(フェラーリのデザイナーが認める通り)ヘッドライトはクルマの表情を形作るものだと捉えられているので、そのデザインを「大きく変えない」場合も多いと認識しています。※ポルシェやミニはそういった例の一つでもある

DSC04415

ただしフェラーリの場合はけっこう大胆にその形状だけではなく構造をも変えているように思われ、世代によって大きな相違があるもよう。

DSC04392

もちろんリトラクタブルヘッドライトや・・・。

DSC04095

ヘッドライト内ハウジングをペイントしたものも。

DSC04091

そして縦型に・・・。

DSC04074

横方向にも拡大したデザイン。

L1450812

ハンマーヘッドシャークに・・・。

L1450830

横長デザイン。

なお、フェラーリによると、エポックメイキングなヘッドライトを採用したモデルとしては「カバーで覆われたヘッドライトとグリル埋込み型ドライビングランプを持つ375MM」、「カバー付き、もしくはオープンヘッドランプを選べた250カリフォルニアスパイダー(オープンヘッドランプを有するのは16台のみらしい)」、「プレキシガラスを採用した欧州仕様の初期型365GTB/4デイトナ」。

そしてLED登場によって劇的デザインが変化したのは458イタリアやF12ベルリネッタ、その後の488系、812系などで、LEDが縦に並ぶ下にプロジェクター式ヘッドライトが格納されています。

L1460144

さらにはモンツァSP1/SP2も非常に特徴的なヘッドライトを持っていますが、これだけ「クルマの顔」であるヘッドライトが変わっているにもかかわらず、フェラーリそれぞれのモデルは一見して「フェラーリである」とわかる識別性を持っていて、それこそがフラビオ・マンツォーニ氏のいう「伝統に沿ったデザイン」を行った結果なのでしょうね。

L1450641

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリが最新ワンオフモデル「SP48 Unica」を公開!ベースはF8トリブート、現在のフェラーリの魁となるデザインモチーフを多数盛り込む
フェラーリが最新ワンオフモデル「SP48 Unica」を公開!ベースはF8トリブート、現在のフェラーリの魁となるデザインモチーフを多数盛り込む

| フェラーリ296GTBに「似ている」ように思えるが、おそらくは296GTBが「SP48 Unicaに似ている」のかも |この記事のもくじ| フェラーリ296GTBに「似ている」ように思えるが、おそ ...

続きを見る

フェラーリ初のSUV「プロサングエ」正式発表!まさかの観音開き、さらに想像していたよりも思いっきり「フェラーリ」。これだと文句を言うものは誰もいないだろう
フェラーリ初のSUV「プロサングエ」正式発表!まさかの観音開き、さらに想像していたよりも思いっきり「フェラーリ」。これだと文句を言うものは誰もいないだろう

| ある程度のハイスペックは予想していたが、SUV最速だけではなくトランスアクスル、(前開き)クラムシェルなどフェラーリらしさ満載 |この記事のもくじ| ある程度のハイスペックは予想していたが、SUV ...

続きを見る

参照:Ferrari

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5