ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

フェラーリがフィオラノにてプロサングエを走らせる!サーキットでも安定した挙動を見せ、驚くほどよく曲がる場面も。SF90VSも目撃される【動画】

投稿日:

フェラーリがフィオラノにてプロサングエを走らせる!サーキットでも安定した挙動を見せ、驚くほどよく曲がる場面も。SF90VSも目撃される【動画】

| フェラーリはプロサングエの車高の高さに手を焼いていたようだが、うまく解決の道を見つけたようだ |

とくに新型サスペンション、トルクベクタリング4WDの影響は大きい

さて、フェラーリはつい先日、新型SUV「プロサングエ」を発表していますが、こちらは大反響となっており、(すでに)購入することが非常に難しい状態となっています。

現時点で「モデルライフ通じての」すべての生産台数に近い受注が集まっていると言われ、しかしフェラーリは自社のクルマの希少性を保つことに重点を置いているため、増産はないと考えるべきかと思いますが(無限に注文を集めたらどれくらい売れていたのかがちょっと気になる)、今回そのプロサングエのプロトタイプがフェラーリ自社のテストコース、フィオラノ・サーキットにてテストしている姿が目撃されることに。

発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性
発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性

| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |この記事のもくじ| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |わかっていたことでは ...

続きを見る

「車高の高い」スポーツカーを作ることは難しい

フェラーリはこのプロサングエについて「SUV」という呼称は用いておらず、「フェラーリとして必要な性能を備えた」クルマであるとだけ語っていて、その上で「これまでのフェラーリでは行けなかったところにも行ける」とも。

「SUVではない」とすると非常に分類が難しいクルマではあるものの、フェラーリはカタログモデルについては「スポーツ」「GT」とに分けていて(少なくとも、株主向けの広報資料ではそういった分類となっている)、前者だと296GTB/296GTS、812スーパーファスト/812GTS、F8トリブート/F8スパイダーが該当し、後者にはポルトフィーノM、ローマ、ちょっと前だとGTC4ルッソが含まれます。

そしてこのプロサングエについても、販売分類上は「GT」となっており、つまりはオフローダー的性格を持つのではなく「グランドツアラー」ということになりそうですね。

Ferrari-Purosangue (5)

そのためプロサングエはフェラーリとしてふさわしい、そしてグランドツアラーに足る性能を持つクルマとして開発されていることは間違いなく、となるとその走行性能、運動性能も他メーカーのSUVとは一線を画すと考えて良さそう。

実際のところ、(おそらく)SUVボディを持つクルマとしては唯一トランスアクスルレイアウトを持つ例なんじゃないかと認識しており、その観点からは「基本はスポーツカー」ということに。

Ferrari-Purosangue (7)

ただ、プロサングエはスポーツカーとしては例外的に「背が高い」く、そして多くのメーカーが手を焼いているのがこの車高。

世の中には「スピードスター」なる、屋根もフロントガラスすらもチョップして重心を下げたクルマが存在することを見ても分かる通り、SUVの「重心の高さ」はスポーツカーとしては致命的にもなりえますが、フェラーリがプロサングエの開発においてもっとも苦労したのが「重心の高さ」だと言われます。

つまりフェラーリとしては、これだけ重心が高いクルマを今まで作ったことはなく、しかしプロサングエではいかに頑張っても「一定以上(そのパッケージングと目的からして)重心を下げることができず」、それでもフェラーリらしい走りを実現するために腐心したといいますが、今回の動画を見ているとフェラーリの目標は見事達成されたと考えてよく、ヨー、ピッチともにかなり抑え込まれており、4輪トルクベクタリングによってかなりキレのいいコーナリングを見せているようですね(場合によっては驚くほどよく曲がっている様子を見て取れる)。

Ferrari-Purosangue (6)

フェラーリはSF90のハードコアモデルを計画中

そしてここ最近頻繁にフェラーリ本社付近で見られているのがSF90ストラダーレのハードコア版(暫定にてSF90VS=ヴェルシオーネ・スペチアーレと呼ばれている)。

フロントバンパーがやや(通常モデルと)異なる形状を持っており、これまでのフェラーリのプロトタイプとは全く違う「スポンサーステッカー装着」にて走っていて、とくにこのスポンサーステッカーはかなり異例。

Ferrari-Purosangue (2)

何を意図しているのかはわからないものの、「どうせスパイフォトグラファーやユーチューバーに拡散されるのであれば」と宣伝を狙ったのかもしれません。※フェラーリはけっこうスポンサーを大事にする。同様に顧客も大事に扱うようだ

Ferrari-Purosangue (3)

それはさておき、現在走行しているSF90VSのプロトタイプはSF90ストラダーレと大きな相違が(フロントバンパー以外)ないように思われ、しかし市販時には「ロングテール」を採用するというウワサもあり、となるとこれからは「ロングテール装着の」テストカーがフェラーリ本社周囲を走ることになるのかもしれませんね。

Ferrari-Purosangue (4)

フェラーリが「プロサングエ」「SF90VS」を走らせる様子を捉えた動画はこちら

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5