ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イタリア車

KTM X-Bowベースにてランチア・ストラトスのオマージュモデルが製作中!製造するのは「キスカ」、とんでもなくハードコアなクルマとなりそうだ

投稿日:2022/08/19 更新日:

| キスカのデザイナーはこれまでにも様々なコーチビルド / レストモッドに携わっている |

現時点ではその情報は限られており、しかし限定台数にて実際に発売されそうだ

(バイクが絶好調な)KTMは4輪オープンスポーツ「X-Bow」を発売していますが、現在そのハードコアバージョン「X-Bow GT-XR」を準備中だと言われます。

そしてこのX-Bow GT-XRの開発に深く関わっているのが「キスカ(Kiska)社」であり、そのキスカからはX-Bow GT-XRの独自バージョンがリリースされるもよう。

これはキスカにてデザイン部門を率いているアラン・デロジェ氏が自身のインスタグラムにて公開したもので、その姿は「ランチア・ストラトス・ストラダーレ」にインスパイアされたものであることがわかります。

アラン・デロジェはこれまでにも数々のプロジェクトに参画

なお、このアラン・デロジェ氏はマーク・フィリップ・ゲンバラ「マーシャン」、そしてレジェンデ・オトモビルR5ターボT3のデザインを手掛けた人物だといい、つまりはアイコニックなクルマの再解釈はお手の物だと考えられます。

スゴいの出た!ルノー5ターボのレストモッド「R5 T3」。コストを度外視し、限られた人のみに提供するとあって芸術作品のような仕上がりだ
スゴいの出た!ルノー5ターボのレストモッド「R5 T3」。コストを度外視し、限られた人のみに提供するとあって芸術作品のような仕上がりだ

| 思っていたよりもずっと「5ターボ」、そしてずっと高品質なクルマだった |この記事のもくじ| 思っていたよりもずっと「5ターボ」、そしてずっと高品質なクルマだった |このR5 T3はレジェンデ・オー ...

続きを見る

今回インスタグラムに投稿された画像を見ると、このランチア・ストラトス「オマージュ」はフルカーボンボディを持つことがわかるものの、そのルックスは「完全に」ランチア・ストラトスを模倣したものではなく、かなりな独自性が反映されていることも見て取れます。

ちなみにですが、上から見るとかなり「ランチア・ストラトス」的ではあるものの、人の視線から見るとけっこうな独特ルックス。

1 (2)

おそらく基本骨格やエンジンなどパワートレインはKTM X-Bow GTXと同一だと見られており、カーボンファイバー製モノコックフレーム、プッシュロッド式サスペンション、そしてABTがチューニングしたアウディRS3ベースの2.5リッターエンジンを備えることとなりそうです。

画像を見る限りではドアはなく、車両への乗降はキャノピーを開いたのち、ボディサイドをまたいで行うようですね。

1 (3)

リアもかなり独特なデザインを持っていますが、ロールバーのような形状を持つCピラー、リアウインドウ位置にあるルーバー、ダックテール形状を持つテールエンドなど、ランチア・ストラトスが持つデザイン的要件を満たしています。

1 (1)

JUN
テールパイプがとんでもない形をしているようだ!

ランチア・ストラトスはいつだって大人気

なお、ランチア・ストラトスはベルトーネ(マルチェロ・ガンディーニ)の最高傑作のひとつだと言ってよく、しかし生産設備が火事になったために生産が意図せず終了してしまい、現代に至るまで復刻がなされず、後継モデルも登場しないまま。

しかしながら復活を望む声も多く、数々のレンダリングアーティストが独自解釈のランチア・ストラトスの現代版をCGにて再現しているほか、マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(MAT)がフェラーリ430スクーデリアをベースとしたニュー・ストラトスを限定生産したことも。

【動画】現代版ランチア・ストラトス、フェラーリベースの「ニューストラトス」レビュー動画!その細部はこうなっている

| これほど「欲しい」と思わせるクルマは他にない | 昨年公開されて話題を呼んだ「ランチア・ストラトス」の現代版、「ニューストラトス」。これはイタリアのマニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(MAT ...

続きを見る

ちなみにランチアの親元であるステランティスは、ランチア含む傘下のブランドに対し「時間とお金を与える」としており、これをもって現在ランチアは「デルタ」復活に向けて動いているところですが、デルタが復活し成功を成し遂げた暁には「ストラトス」の復活もぜひとも望みたいところです。

ランチア・ストラトス
ステランティスが「傘下のブランドにつき、ブランド確立のために10年の猶予と、必要な予算を与える」。これはもうランチア・ストラトス、デルタの復活を期待するしかない

| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ |この記事のもくじ| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ |現状、いずれのブランドも「廃止」はないすでにいくつかのブ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランチア・ストラトス関連投稿

ランチア・ストラトス「2020年モデルが登場したら」。ストラトス・ゼロ発表50周年を記念した「ランチア L コンセプト オマージュ」

| けっこうアグレッシブなスタイルで出てきたな |この記事のもくじ| けっこうアグレッシブなスタイルで出てきたな |ランチア L コンセプト オマージュはこんなクルマストラトスHFはこんなクルマあわせ ...

続きを見る

こんなストラトスもあった。オリジナルと同じデザイナーが30年後に再解釈した「ストーラS81」

| これが「ストラトス」復刻の狼煙だった | ランチア・ストラトス(ストラダーレ)の原型となる「ストラトスHFゼロ・コンセプト」は1970年デビュー、そしてその後のストラトスHFプロトーティポのデビュ ...

続きを見る

ランチア・ストラトスが2025年に蘇ったら!「ストラトス(ストラタス)2025」が公開

| ランチアは絶対にストラトスを復活させるべき |この記事のもくじ| ランチアは絶対にストラトスを復活させるべき |元祖ランチア・ストラトスはこんなクルマストラトス2025はこんなクルマほかにはこんな ...

続きを見る

参照:alan_derosier(Instagram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イタリア車
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5