ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イタリア車

あのランチア・デルタのレストモッド「フューチャリスタ」限定20台の「最後の一台」が公開!この後はさらにハードな「サファリスタ」の生産へと移行

投稿日:2022/10/31 更新日:

あのランチア・デルタのレストモッド「フューチャリスタ」限定20台の「最後の一台」が公開!この後はさらにハードな「サファリスタ」の生産へと移行

| 最後の一台は、まさかの「マルティニ」カラー |

ホワイトのボディそしてホイールがなんともレーシー

さて、先日珍しく売り物が出てきたランチア・デルタHFインテグラーレのレストモッド「フューチャリスタ(Futurista)」。

これはアウトモビリ・アモスなるイタリアの会社が手掛けたプロジェクトであり、わずか20台しか生産されない希少なクルマ(同社のウエブサイトでは、20台すべての仕様を見ることができる)。

そして今回、アウトモビリ・アモスはフューチャリスタ最後の一台の仕様を公開していますが、これは画像を見てとおり、かの「マルティニ」仕様となっています。

超希少!おそらくは世界で20台のみ、ランチア・デルタ・インテグラーレのレストモッド「フューチャリスティカ」が9400万円にて販売中
超希少!おそらくは世界で20台のみ、ランチア・デルタ・インテグラーレのレストモッド「フューチャリスティカ」が9400万円にて販売中

| 現時点ではこのクルマの判断が難しく、高い評価とそうでない評価とに分かれるようだ |この記事のもくじ| 現時点ではこのクルマの判断が難しく、高い評価とそうでない評価とに分かれるようだ |それでも長期 ...

続きを見る

その出力は330馬力、車体重量は1,250kg

アウトモビリ・アモスがこのプロジェクトをスタートさせたのは2018年なので、20台の製作に4年を要したということになりますが、たしかに手間がかけられていることがよくわかり、そもそもボディ自体が「5ドアから3ドア」へと変更されることに。

さらに前後バンパー、フェンダー、ボンネットなどボディパネルのほとんどがカーボンファイバーによって作り直されており、そのおかげで車体重量は1,250に収まっています。

1 (3)

反面、搭載されるエンジンは330馬力にパワーアップされ、強化された足回りと相まって痛快な走りを見せてくれることは間違いなさそうですね。

このフューチャリスタの注文に際してはレストアベースとしてランチア・デルタHFインテグラーレを用意する必要がありますが、今回公開された「最後の一台」のベースは1989年モデルだと紹介されています。

1 (1)

なお、リヤスポイラーには「MARTINI REGACY」の文字が入っており、マルティニとはなんらかのライセンス契約を結んでいるのかもしれません。

1 (2)

次にリリースされるのは10台限定の「サファリスタ」

今回のフューチャリスタの生産完了によってアウトモビリ・アモスは次のステージへと進むことになりますが、この「次」とは、1988年のサファリラリーで優勝したデルタをモチーフにした”サファリスタ”。

なお、このサファリスタはフューチャリスタをいっそうハードに仕上げたモデルであり、もちろんベースはフューチャリスタと同じランチア・デルタHFインテグラーレ。

lancia-delta-safarista

このサファリスタはわずか10台しか製造されず、価格は57万ユーロ(日本円で役8350万円)だとアナウンスされており、それでもおそらくは「完売済み」だと思われます。

lancia-delta-safarista (2)

見てのとおりコクピット内はシンプルなダッシュボードとメーターがあるだけで、フロアは鉄板むき出し、そしてステアリングシャフトも「そのまんま」。

lancia-delta-safarista (4)

ホイールにはディスク状のカバーが装着され(空力改善というよりは、ブレーキが砂利を噛まないようにという配慮だと思われる)、そしてフロントバンパーには大型ドライビングランプが組み込まれます。

lancia-delta-safarista (7)

前後ホイールハウスにはマッドフラップ、リアバンパー下にはディフューザー。

テールランプはLEDへと置き換えられているようですね。

lancia-delta-safarista (6)

シートもとことんハード、そして内装には頑強なロールケージも。

lancia-delta-safarista (5)

おそらくアウトモビリ・アモスはこれだけでは終わらないものと思われ、10台のサファリスタが終了した後には「次」が控えているものと考えてよく、その発表を心待ちにしたいと思います。

あわせて読みたい、ランチア・デルタ関連投稿

ランチア・デルタ
ランチア・デルタ・インテグラーレ復刻”フューチャリスタ”発売!価格は3800万円、限定20台のみ

| ランチア・デルタ・インテグラーレが現代に復活 |この記事のもくじ| ランチア・デルタ・インテグラーレが現代に復活 |ランチア・デルタ・フューチャリスタは一人の男の「夢」を実現したクルマだったランチ ...

続きを見る

ランチア・デルタのレストモッド「サファリスタ」登場!10台限定7350万円、このままでグループAの規定を満たしているようだ
ランチア・デルタのレストモッド「サファリスタ」登場!10台限定7350万円、このままでグループAの規定を満たしているようだ

| 伝説のラリーカー復刻ブームはまだまだ続きそうだ |この記事のもくじ| 伝説のラリーカー復刻ブームはまだまだ続きそうだ |同時に「本家」ランチアから復活するデルタにも期待が持たれるランチア・デルタ・ ...

続きを見る

まさかの「ランチア・デルタ」がラリーに復帰!671馬力の電動パワートレーン搭載、0-100km/h加速2秒以内というスペックを引っさげ2022年のラリークロスへ
まさかの「ランチア・デルタ」がラリーに復帰!671馬力の電動パワートレーン搭載、0-100km/h加速2秒以内というスペックを引っさげ2022年のラリークロスへ

| ランチアの「ワークス」ではないが、ランチアの名を名乗るという意味は大きい |この記事のもくじ| ランチアの「ワークス」ではないが、ランチアの名を名乗るという意味は大きい |2022年のラリークロス ...

続きを見る

参照:Automobili Amos

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イタリア車
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5