>ランボルギーニ

【動画】ランボルギーニ・ウラカンがホッケンハイムで1分48秒6を記録!ランキングでは13位、ウラカンEVOに比較してわずか0.4秒速いだけにとどまるナゾ

2021/08/12

ランボルギーニ・ウラカンがホッケンハイムで1分48秒6を記録!ランキングでは13位、ウラカンEVOに比較してわずか0.4秒速いだけにとどまるナゾ

| やはりウラカンは4WDでないとタイムは出ないのか |

ある意味では、ほかのクルマが速くなりすぎた

さて、ランボルギーニ・ウラカンSTOがホッケンハイムにて1分48秒6を記録。

ウラカンSTOの「STO」はスーパートロフェオ・オモロガートを指しており、ウラカンのレーシングカーである「ウラカン・スーパートロフェオ」の公道走行バージョンという位置づけです。

搭載されるエンジンは5.2リッターV12 / 640馬力、そしてカーボンファイバーの多用によって重量はウラカン・ペルフォルマンテに比較すると43kgも軽量化されていますが、ひとつ大きな相違があり、それは「4WDではなく後輪駆動化されている」ということ。

これはそのコンセプトが「レーシングカーの公道版」だからで、ウラカン・スーパートロフェオそのものが後輪駆動であることに起因します。

ランボルギーニ・ウラカンSTOがホッケンハイムにて1分48秒6を記録。

ウラカンSTOの「STO」はスーパートロフェオ・オモロガートを指しており、ウラカンのレーシングカーである「ウラカン・スーパートロフェオ」の公道走行バージョンという位置づけです。

-08-11 19.33.50

ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた
ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた!何度見てもこのクルマには驚きしか感じないな・・・。

| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっと誰もが驚く | どう考えてもこれが公道走行可能な市販車だとは思えない | さて、以前にランボルギーニ・ウラカンST ...

続きを見る

やはりターボでないと勝てないのか

なお、今回ウラカンSTOが記録したタイムは「猛烈に速い」わけではなく、市販車だと13位という位置づけ。

正直言うともうちょっと上に行ってほしかったなと思うものの、他メーカーのクルマが速くなりすぎたのもまた事実なのかもしれません。※ニュルブルクリンクでぶっちぎりの速さを見せ、長く王者に君臨したポルシェ918スパイダーですら11位

ちなみにざっとランキングを抜き出したうち、ターボでなく純粋な自然吸気エンジンのみで走るのはポルシェ911GT3、そしてランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、ウラカンSTOそしてウラカンEVOのみ。

2021-08-11 19.34.03

そして興味深いのはウラカンSTOとウラカンEVOのタイムがわずかに0.4秒しか変わらないということで、となると「もし」ウラカンSTOが4WDであったなら、その軽量性とダウンフォース、協力なブレーキを生かしてもっとタイムを短縮できていたのかもしれません。

加えて、ウラカンはもともと4WDありきで設計されているため、RWDではその本領を発揮できないの可能性もありそう。

一説によるとランボルギーニはウラカンSTOをニュルブルクリンクに持ち込んでタイムアタックを行うと言われるものの、現状の仕様だとトップを狙うのはちょっと難しいかもしれませんね(そのため、なんらかのオプションを装着するのでは、とも言われている)。

ホッケンハイムのラップタイム上位

  1. マクラーレン・セナ・・・1:40.79(800馬力/1374kg)
  2. メルセデスAMG GT ブラックシリーズ・・・1:43.30(720馬力/1520kg)
  3. マクラーレン720S・・・1:45.50(720馬力/1431kg)
  4. ポルシェ911 GT3(992)・・・1:45:80(510馬力/1453kg)
  5. フェラーリ488ピスタ・・・1:45.90(720馬力/1474kg)
  6. マクラーレン765LT・・・1:46:20(765馬力/1339kg)
  7. ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ・・・1:47.30(770馬力/1677kg)
  8. ポルシェ911ターボS・・・1:47.80(640馬力/?kg)
  9. ラディカルRXCターボ・・・1:48.00(460馬力/?)
  10. メルセデスAMG GT R Pro・・・1:48.00(585馬力/1640kg)
  11. ポルシェ918スパイダー・・・1:48.50(887馬力/1665kg)
  12. メルセデスAMG GT R・・・1:48.50(585馬力/1690kg)
  13. ランボルギーニ・ウラカンSTO・・・1:48.60(640馬力/1330kg)
  14. マクラーレン600LT・・・1:48.90(600馬力/1399kg)
  15. ランボルギーニ・ウラカンEVO・・・1:49.00(640馬力/1593kg)
  16. ポルシェ911GT2RS・・・1:49.10(700馬力/1508kg)

ランボルギーニ・ウラカンSTOがホッケンハイムを走る動画はこちら

合わせて読みたい、ホッケンハイムのラップタイム関連投稿

【動画】メルセデスAMG GTブラックシリーズがホッケンハイムにてフェラーリ488ピスタ、マクラーレン720Sを下すタイムを記録!ニュルにて首位を狙えるか

| この速さは想像を超える | さて、市場レビューが解禁され「異次元レベルの速さ」と評されるメルセデスAMG GTブラックシリーズ。それもそのはずで、これまでのトップレンジである「AMG GT R P ...

続きを見る

やはりGRヤリスの速さはタダモノではない!兄貴分のGRスープラをホッケンハイムにて追い回す動画
【動画】やはりGRヤリスの速さはタダモノではない!兄貴分のGRスープラをホッケンハイムにて追い回す動画が話題に

| GRヤリスは今後「コレクターズアイテム」となりそうだ | さて、発売以来高い評価を得ているGRヤリス。これまでにもずっとパワフルで高価なスポーツカーにひけを取らない走りを見せる動画が公開されていま ...

続きを見る

新型ポルシェ911ターボがホッケンハイムを走る
【動画】新型ポルシェ911ターボがホッケンハイムを走る!先代ターボSよりも速く、「限定ではない」クルマとしては歴代5位にランクイン

| どうやらポルシェはとんでもなく速いクルマを作り上げたようだ | さて、SportAutoが992世代のポルシェ911ターボをホッケンハイムGPコースにて走行させ、1分49秒3という好タイムを記録。 ...

続きを見る

参照:sport auto

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN(intensive911)

->ランボルギーニ
-, , , , , , ,