ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニCEOが「2022年はウラカンに派生モデル2つ」「ウルスに2種のフェイスリフトモデル」発売と明言!なおウラカンとウルスPHEVは2024年、ウラカン後継にはV10非搭載の可能製

投稿日:2022/01/22 更新日:

ランボルギーニ

| ウラカン派生モデルは「オフロード版」「地味なSTO」と言われるが、ウルスのフェイスリフトには隠し玉の可能性も |

ランボルギーニは2022年以降も積極的にニューモデルを追加

さて、ランボルギーニは先日、2021年の業績とともに2022年には4台のニューモデルを発売するとコメントしていましたが、今回カーメディアのインタビューにてその4台の内容が明らかに。

これによると「ウラカンに派生モデルが2つ」「2つに分かれたウルスのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデル」というものですが、ウラカンについては先日、ジャーナリストが「後継モデルの試乗会がある」と漏らしたものがそのひとつに該当するものと思われ、ただ、「後継モデル」ではなく「派生モデル」だったということになりそうです。

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニ・ウラカン後継モデルは2022年3月発表?ジャーナリストが2週間後に試乗会に招待されるとうっかり漏らし、しかし報道規制が6ヶ月ほど敷かれる模様

| ウラカン後継モデルは思ったよりも完成に近い状態にあるようだ |この記事のもくじ| ウラカン後継モデルは思ったよりも完成に近い状態にあるようだ |ハイブリッドなのは間違いなさそうだがその詳細はわから ...

続きを見る

ウラカン派生モデルのひとつは「ステラート」、もうひとつは「JVストラダーレ」?

今週になってウラカンのリフトアップ版が北極圏にてテストを行う様子が相次ぎ報じられていて、これはスパイフォトを見る限りではウラカン「ステラート」にそっくり。

c1388fba-2019-lamborghini-huracan-sterrato-concept-3

ランボルギーニ・ウラカン・ステラート
まさかのランボルギーニ本家から「ウラカンのオフローダー」、Huracan Sterratoが発表。車高47ミリアップ、オーバーフェンダーで武装

| たしかに以前から「ウラカンのオフローダー」はウワサされていた | ランボルギーニが突如として「ウラカンのオフローダー」、”Huracan Sterrato(ウラカン・ステラート)”を発表。これは市 ...

続きを見る

参考までに、ポルシェは「911サファリ」を発表するといい、アウディはかつてR8をベースにしたオフローダー「ナヌーク」を(コンセプトカーとして)発表したり、ランボルギーニ傘下にあるイタルデザインは「パルクール」、フォルクスワーゲンは「コンセプトT(スポーツカーとオフローダーとの融合)」を発表したり、なにかと「スポーツカーのオフロード版」に興味を示しているもよう。

italdesign19

【動画】ポルシェ911「サファリ」試作車がニュルに登場!上げられた車高にもかかわらず、まったく安定した高速走行を見せる
【動画】ポルシェ911「サファリ」試作車がニュルに登場!上げられた車高にもかかわらず、まったく安定した高速走行を見せる

| ベースは911カレラ4S、発売は2022年はじめだと言われるが |この記事のもくじ| ベースは911カレラ4S、発売は2022年はじめだと言われるが |現時点で最終の価格やスペック、デザインなどは ...

続きを見る

それを考慮するに、(これらと同じフォルクスワーゲングループに属する)ランボルギーニがウラカンのオフロード版を発売するというのも納得できる話ではあるものの、だとするとメジャーメーカーの発表する「オフロード版スーパースポーツ」第一弾となり、「ずいぶん思い切ったな・・・」という感じです(考えはしても、実際に発売するには相当な勇気が必要)。

なお、目撃されているプロトタイプについては、ウラカン・ステラートにあるフェンダーのクラッディングがなかったり、逆にウラカン・ステラートにはないフードスクープがあったりして、ウラカン・ステラートが実現するにしても、コンセプトモデルとはやや異なるものとなるかもしれませんね。

そしてウラカンのもうひとつの派生モデルについては、ウラカンSTOの「地味な」バージョンで、リアウイングがなかったりカラーリングがシックになる「ウラカンJV」ストラダーレ」というウワサも。

これはポルシェ911GT3ツーリングのように「(ハイパフォーマンスカーは欲しくとも)こんな派手なクルマ、ちょっと乗れんわ・・・」という人向けに、ルックスをおとなしめに調整したものだと言われています。

ポルシェが新型911GT3「ツーリング」を電撃発表!ウイングがなくなったほかにいくつかのパーツや配色変更がなされた「より繊細な選択肢」
ポルシェが新型911GT3「ツーリング」を電撃発表!ウイングがなくなったほかにいくつかのパーツや配色変更がなされた「より繊細な選択肢」

| 新型ポルシェ911GT3ツーリングは「よりシックな」装いで登場 |この記事のもくじ| 新型ポルシェ911GT3ツーリングは「よりシックな」装いで登場 |実質的にはポルシェ911GT3の「無償オプシ ...

続きを見る

ウルスはなぜ「2つ」に分かれる?

そしてちょっと気になるのはウルスのフェイスリフトで、ステファン・ヴィンケルマンCEOは「2つに分かれる」とコメントしており、その詳細については現在のところ謎のまま。

ただ、ウルスとウラカンのPHEV版はアヴェンタドール後継モデルを発表した1年後の2024年に発表されるとも述べており、となると2022年に発表されるウルス「2つ」にPHEVは含まれないということになりますね(ウラカンのPHEVが2024年に登場というのも謎ではある)。

なお、「2つ」のうちひとつは最近よく(ランボルギーニ本社付近で)目撃されているプロトタイプで、現在のウルスをそのまま進化させたものだと思われます。

そして気になるもう一つについては、以前ウワサが出てきた「ハードコアなオフローダー」的ウルスである可能性も捨てきれず、これをウラカン・ステラートとともに発売し、独自の路線を歩むのかもしれません。※ランボルギーニはLM002にて、世界初のラグジュアリーオフローダーを発売したという実績があり、この路線を極めるのかも

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスの ...

続きを見る

ウラカン後継モデルにV10は搭載されない?

そしてステファン・ヴィンケルマンCEOは「ウルスのPHEVモデルがV8エンジンを搭載すること」「アヴェンタドール後継モデルがV12エンジンを搭載すること」に言及しつつも「ウラカン後継モデル」のエンジン型式について回答を避け、となると「V10を継続しない」可能性もありそうです。

そして「アヴェンタドールとの共通性はない」「まったく新しいエンジン」であることにも触れており、アヴェンタドールのV12エンジン同様、ランボルギーニが新規に開発する可能性も指摘されており、ウラカン後継モデルについてはパッケージング含めて大きく変わるのかもしれません。

ちなみにランボルギーニは「1モデルあたり、固有のエンジン」を搭載することをモットーとしていて(異なる車種間でエンジンを共有しない)、よってウラカン後継モデル専用として(V10を捨て)、マクラーレンやフェラーリ同様、ハイブリッド前提でのV6エンジンを開発するんじゃないかとも考えています。※このエンジンのレッドラインは1万RPMを超え、ハイブリッドとの組み合わせで850馬力を超えるとも言われている

ランボルギーニ・アヴェンタドール
ランボルギーニCEO語る!「アヴェンタドール後継に積まれるV12は完全新設計。車体すべてにおいてアヴェンタドールとの共通性は一切ない」

| ランボルギーニは「先が限られている」技術に対しても積極投資を行なうようだ |この記事のもくじ| ランボルギーニは「先が限られている」技術に対しても積極投資を行なうようだ |V12エンジンはランボル ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・シアンFKP37
ランボルギーニが9年連続で「イタリア政府の認めるホワイト企業」に選出!従業員の国籍は35、年齢や性別、思想、健康状態などの多様性を認め、働きやすい環境を構築したことが評価対象に

| 人間の数だけ異なる価値観が存在し、しかしそれを否定するのではなく、理解しあって前に進むことが重要 |この記事のもくじ| 人間の数だけ異なる価値観が存在し、しかしそれを否定するのではなく、理解しあっ ...

続きを見る

フェイスリフト版、新型ランボルギーニ・ウルスが走行中!新旧比較を行うとけっこう細かい差異があるようだ
【動画】フェイスリフト版、新型ランボルギーニ・ウルスが走行中!新旧比較を行うとけっこう細かい差異があるようだ

| おそらく新型ランボルギーニ・ウルスはかなりアグレッシブなルックスを持つことになりそうだ |この記事のもくじ| おそらく新型ランボルギーニ・ウルスはかなりアグレッシブなルックスを持つことになりそうだ ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニCEOが近い将来を語る!「2022年にはウラカンとウルスに新モデル」「アヴェンタドール後継は2023年」「ウラカン後継は2024年」「第4のランボは2+2」

| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ |この記事のもくじ| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ |ウルスは2022年にモデ ...

続きを見る

参照:Car Magazine

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5