ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

けっこうスゴいのが出てきそうだな・・・。新型ランボルギーニ・ウラカンのエンジンベイとガラスボンネットが公開

投稿日:

けっこうスゴいのが出てきそうだな・・・。新型ランボルギーニ・ウラカンのエンジンベイとガラスボンネットが公開

| 予想したよりも新型ランボルギーニ・ウラカンの変更の内容は大きそうだ 

ウラカンでここまでカーボン盛り盛りなのは珍しい

さて、先日ランボルギーニが予告した新しいウラカンのバリエーションですが、今回はそのエンジンベイとエンジンフードの画像が(より広い面積で)公開されています。

これを見るとエンジンベイがフルカーボンということがわかりますが、これまでウラカン→ウラカンEVOとバージョンアップした際にも変更されなかったエンジンフード、そしてガラスボンネットの形状が新しくなっていることがわかります。

ランボルギーニ・ウラカンのニューモデルが4月12日にYoutubeにて発表!カーボンパーツ採用から見て高性能モデルの「テクニカ」?
ランボルギーニ・ウラカンのニューモデルが4月12日にYoutubeにて発表!カーボンパーツ採用から見て高性能モデルの「テクニカ」?

| 現時点ではこのウラカンのニューモデルの情報についてはほぼ伏せられている |この記事のもくじ| 現時点ではこのウラカンのニューモデルの情報についてはほぼ伏せられている |ぼくらにできるのはひたすら発 ...

続きを見る

新型ウラカンはいったいどんなクルマに?

そしてこちらが現行ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのガラスボンネット。

これがそっくり上の画像のカーボンファイバー製パーツ、そしてガラスに置き換わるということになりますが、ガラスのサイズが小さくなり、その周辺のパーツ形状が根本的に変わっていることがわかります。

50761709091_57fb6c1307_o

そしてこの大胆な形状、カーボンファイバー製パーツというところから見て「かなりスパルタンなモデル」だと考えて良さそうですが、巷ではウラカンSTOとウラカンEVO RWDの中間といった性質が与えられると見られているようですね。

ランボルギーニは「テクニカ」なる商標を出願しており、この新型ウラカンについては「ウラカン・テクニカ」を名乗るという話もあり、しかしもう一つの説では「ウラカンJVストラダーレ」になる、とも。

ただしどちらもウワサレベルでしかなく、ぼくらは4月12日の午後7時になされる発表を待つしかなさそうです。

CEOが変わればけっこう方針が変わる

ちなみに現行ウラカンEVOのエンジンベイに貼られている「V10」バッジはこんな感じですが、新型ウラカンではV10文字のフォントが変わり、さらにイタリックへ(ベースプレートもブラックに変更されているようだ)。

3K4A3026

なお、現行ウラカンEVO、ウラカンEVO RWDは前CEOであるステファノ・ドメニカリ氏時代に企画されたもので、同氏がCEOに就任した際には「LP-ナントカ」という名称を廃止し、フェイスリフトにて「EVO」という文字を用いたほか、(スクーデリア・フェラーリから来たというだけあって)モータースポーツに注力し(モータースポーツ部門の)スクアドラコルセの活動を活発化させ、エッセンツァSCV12を発売しています。

そのほか「レトロ路線」を取り入れてカウンタックLPI800-4を発売するといった今までにない動きも見せているわけですが、今回CEOに復帰したステファン・ヴィンケルマン氏はアヴェンタドールにて「LP-ナントカ」という名称を復活させ、そして「レトロ路線は採用しない」とも明言しています。

そして今回は新しいウラカンのバリエーションを投入することになり、これは(前CEOが重視したモータースポーツ志向の)ウラカンSTOとは異なって「公道」を強く意識したモデルなのかもしれません(そう考えると、JVストラダーレというネーミングもアリなのかもしれない)。

ちなみに「V10」バッジのフォント変更も「CEOが新しくなった」というアピールのあらわれだとも捉えることができますが、今回のニューモデルはステファン・ヴィンケルマンCEOにとって「かなり気合の入った」モデルだとも考えられます(そして、ステファン・ヴィンケルマンCEOが、前ステファノ・ドメニカリCEOの施策に納得していなかったということもわかる)。

ランボルギーニ・シアンFKP37
ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ |この記事のもくじ| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによっては ...

続きを見る

あわせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ
ランボルギーニは2021年に「3つの記録」を達成していた!販売台数13%増、売上高19%増、営業利益は49%増。困難な状況においても最高の数字を記録

| フェラーリが証明しているように、スーパーカーは「ブランド力」によって優劣が分かれる時代に突入 |この記事のもくじ| フェラーリが証明しているように、スーパーカーは「ブランド力」によって優劣が分かれ ...

続きを見る

ランボルギーニ
ランボルギーニが改めて「2022年にはウルスに2つ、ウラカンに2つのニューモデルを追加し、それでガソリン車の投入が最後になる」と明言。2023年以降は電車電動化へ

| いつかはこのときがやってくると考えていたが、ついにその瞬間が目前に迫ってきたようだ |この記事のもくじ| いつかはこのときがやってくると考えていたが、ついにその瞬間が目前に迫ってきたようだ |いず ...

続きを見る

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラ ...

続きを見る

参照:lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5