ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニもル・マン24時間レースへの参戦を正式発表!LMDhシャシーを使用し「GTカーレースからスポーツカーレースのトップクラスへとステップアップする」

投稿日:

ランボルギーニもル・マン24時間レースへの参戦を正式発表!LMDhシャシーを使用し「GTカーレースからスポーツカーレースのトップクラスへとステップアップする」

| ランボルギーニのル・マン24時間レース参戦は2024年以降となるもよう |

まさかル・マン24時間レースでフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェの戦いが見れることになろうとは

さて、ランボルギーニはモータースポーツ部門として「スクアドラコルセ」を持ちますが、今回正式に「2024年にFIA世界耐久選手権(ハイパーカー・クラス)およびIMSA WeatherTechスポーツカー選手権(GTPクラス)でデビュー予定の初のLMDhプロトタイプを開発している」と発表。

つまりこれはランボルギーニがル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、セブリング12時間レースなどの耐久レースに参戦するということを意味しており、2024年以降のモータースポーツを大きく盛り上げてくれることになりそうです。

ランボルギーニがル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦?LMHと乗り入れ可能なLMDh規定にてIMSAに参戦すると報じられる
ランボルギーニがル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦?LMHと乗り入れ可能なLMDh規定にてIMSAに参戦すると報じられる

| ランボルギーニがル・マンに参戦することになれば、レースが大いに盛り上がることになりそうだ |この記事のもくじ| ランボルギーニがル・マンに参戦することになれば、レースが大いに盛り上がることになりそ ...

続きを見る

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するには2つの方法がある

ル・マン24時間レースでは新しく「ハイパーカークラス(LMH)」を設定しますが、このハイパーカークラスに参戦するには2つの方法があり、ひとつはル・マン「LMH」規定に則ったレーシングカーを自社で「開発・製造」すること。

そしてもう一つは、2023年から導入される「LMDh(ル・マン・デイトナ・ハイブリッド)」規定に沿ったレーシングカーを「使用」すること。

前者の方法を採用するのはフェラーリ、プジョー、トヨタ、SCG、バイコレス、そして後者は現在のところ「アウディ、ポルシェ、アキュラ、BMW、キャデラック、そしてランボルギーニ」。

6

両者にはメリットとデメリットがあり、まず「独自LMHシャシー」のメリットだと、自社の思想を純粋に反映させたレーシングカーを作れることで、反面デメリットは「コストがかかることと、(そのままでは)IMSAに参戦できないこと」。

もちろん自社でレーシングカーを専用に開発・テスト・製造するのでお金がかかり、かつ欧州中心の耐久レースにしか出場できないので、北米中心のシリーズであるIMSAで戦い、そこでアピールを行うことができないために宣伝効果を最大化できず、かつ開発コストをペイすることも難しく、しかし「欧州でのプレゼンスを高めたい」場合や「他社の製造による車体など使用できん」という場合はこちらとなります。

反面、「LMDhシャシー」のメリットは「コストが安いことと、ル・マン含む世界耐久選手権、そしてIMSAにも参戦できること」、デメリットは「既成シャシーを使用せねばならず、設計の自由度が低い」こと。

3

こちらは「欧州」「アメリカ」という2つの巨大市場でレースができるので宣伝効果が大きく、そして既存シャシーを使用するために参戦コストも低く、よって費用対効果を求めるならば最善の方法ではありますが、「エアロパッケージ含む外観」「搭載するエンジン」くらいしか設計の自由度がなく、あとは”セッティング勝負”となってきます。

ただ、レースというものは「勝てば」その名が売れることになり、既存シャシーだろうが自社製シャシーだろうが気にする人は一部を除いてほとんどいないと思われるので、ビジネス的にモータースポーツ活動を正当化するのであればこちらを選ぶということになりそう(加えて、開発期間を確保できない場合や、ハイブリッドに明るくない場合もこちらのほうがよさそう)。※フェラーリの場合は、モータースポーツ活動を行うために市販車を販売している会社なので、とうてい他社が開発したシャシーを使用することなど許容できなかったのだと思う

このLMDhI規定を利用して参戦する場合、参戦するチームは特定コンストラクター(マルチマチック、ダラーラ、リジェ、オレカ)によるLMP2ベースのシャシーいずれかを選択し、そこへボッシュ製の67HPを発生するエレクトリックモーター、そしてウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが提供するハイブリッドシステム(リアアクスルに取り付け)を搭載する必要がありますが、現在は各社ともそのパートナーを発表し、中にはポルシェのように、すでにプロトタイプを走行させるチームも存在します。

ポルシェがル・マン・ハイパーカークラスを走るLMDhレーシングカーのテスト風景を公開!搭載されるエンジンはV4ではなくV8ツインターボ
ポルシェがル・マン・ハイパーカークラスを走るLMDhレーシングカーのテスト風景を公開!搭載されるエンジンはV4ではなくV8ツインターボ

| ポルシェ「性能特性、重量、コストの最適な組み合わせを考えるとV8ツインターボがベスト」 |この記事のもくじ| ポルシェ「性能特性、重量、コストの最適な組み合わせを考えるとV8ツインターボがベスト」 ...

続きを見る

ランボルギーニは「スポーツカーレースの最高峰へとステップアップ」

そして今回ランボルギーニは、2015年以来、GTレースの最高峰で戦い続け40以上のタイトルを獲得してきたこと、2018年から2020年にかけてのデイトナ24時間3連覇という偉業を踏まえての「ル・マン24時間、デイトナ24時間、セブリング12時間といったスポーツカーレースのトップクラスへのステップアップ」を行うということに触れており、ランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマン氏によれば「スポーツカーレースの最高峰へのステップアップは、当社にとって重要なマイルストーンとなるものです。私たちは、最も厳しい耐久レースという場にて、最も優れたチームと私たちを比較することになります。このLMDhレーシングカーは、4輪における最も洗練されたテストケースになるでしょう」。

Lamborghini-Squadra-Corse-LMDh-2

実際のところ、ランボルギーニは2024年末にすべてのラインアップをハイブリッド化するという構想を持っているものの、ハイブリッドを用いてモータースポーツで戦った経験はないため文字通りの試練となるのは間違いなく、しかしこれを乗り越えてこそ市販ハイブリッドスポーツの輝きも増すのだと思われます。

ランボルギーニのモータースポーツ責任者であるジョルジオ・サンナ氏は「ランボルギーニがモータースポーツの次のステップ、LMDhとスポーツカーレースのトップレベルへのステップを踏み出すことを大変うれしく思っています。LMDhはランボルギーニのモータースポーツ戦略において特別な役割を果たすことになり、カスタマーレース活動を新しいプラットフォームに拡大し、カスタマーチームやドライバーとの長期的なパートナーシップを強化するユニークな機会を与えてくれます」とコメントしていますが、今回ランボルギーニがどのコンストラクターを選ぶのかはまだわかっておらず、ここは追っての発表を待つことになりそうです(BMWはダラーラ、ポルシェはマルチマチックを使用すると発表されている)。

Lamborghini-Squadra-Corse-LMDh-3

今回発表されたティーザー画像を見るに、ランボルギーニのLMDhマシンはシアンFKP37やエッセンツァSCV12のようなデザインを持っていて、これまでル・マンを走った他社のLMP1もしくはLMP2クラスの「異形の」レーシングカーとは大きく異るウェッジシェイプを確認できますが(コクピットはランボV12ヴィジョン・グランツーリスモっぽい)、2023年から2024年にかけては様々な形状を持つレーシングカーが登場することになり、とくにル・マン24時間レースでは「フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、そしてBMW」といった強豪が競う姿を見ることができると思うとちょっと胸熱。

さらにF1だとポルシェとアウディの参戦がほぼ決定している状態であり、一時はしぼんでしまったモータースポーツ人気が大きく拡大する傾向にあるのも嬉しい限りですね。

ランボルギーニの究極ハイパーカー、エッセンツァSCV12を見てきた!サーキット走行専用なのに細部はロードカー以上にオシャレだった
【動画】ランボルギーニの究極ハイパーカー、エッセンツァSCV12を見てきた!サーキット走行専用なのに細部はロードカー以上にオシャレだった

| まさかここまでエッセンツァSCV12の細部が芸術的に作られているとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかここまでエッセンツァSCV12の細部が芸術的に作られているとは思わなかった |内外装は ...

続きを見る

Lamborghini-Squadra-Corse-LMDh-4

あわせて読みたい、LMDh関連投稿

これでル・マンやデイトナを走るのかBMW!BMWがレーシングカーまでに巨大キドニーグリルを装備したスケッチを公開
これでル・マンやデイトナを走るのかBMW!BMWがレーシングカーまでに巨大キドニーグリルを装備したスケッチを公開

| ここ最近のBMWのキドニーグリルに対する執着ぶりを考慮すると、まず間違いなくこのグリルを装着することになりそうだ |この記事のもくじ| ここ最近のBMWのキドニーグリルに対する執着ぶりを考慮すると ...

続きを見る

キャデラックがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」参戦表明!LMDh規定を利用する5番目のメーカーに。もう少し参戦メーカーが増えると楽しくなりそうだ
キャデラックがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」参戦表明!LMDh規定を利用する5番目のメーカーに。もう少し参戦メーカーが増えると楽しくなりそうだ

| やはりランボルギーニの参戦希望。メルセデス・ベンツはル・マンと相性が悪く、参戦はないかもしれない |この記事のもくじ| やはりランボルギーニの参戦希望。メルセデス・ベンツはル・マンと相性が悪く、参 ...

続きを見る

ポルシェ
ポルシェがル・マン復帰にあたって選んだパートナーは「チーム・ペンスキー」!アメリカに強いペンスキー、欧州に強いポルシェが手を組んで世界制覇を目指すようだ

| チーム・ペンスキーは「アメリカのモータースポーツ史上、もっとも成功したチーム」と言っていい |この記事のもくじ| チーム・ペンスキーは「アメリカのモータースポーツ史上、もっとも成功したチーム」と言 ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5