ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニがル・マン24時間レース参戦のパートナーにアイアンリンクスを選んだと発表!両者はGT3でも共闘してウラカンGT3 EVO2を走らせることに

投稿日:2022/11/08 更新日:

ランボルギーニがル・マン24時間レース参戦のパートナーにアイアンリンクスを選んだと発表!両者はGT3でも共闘してウラカンGT3 EVO2を走らせることに

| ル・マン24時間レースは「ハイパーカークラス」設立にてこれまでにない盛り上がりを見せる |

アイアンリンクスは30年に渡るモータースポーツ参戦の歴史をもってランボルギーニとともにル・マンに挑む

ランボルギーニが「ル・マン24時間レースを含む世界耐久選手権(WEC)、そして北米を中心に展開されるIMSAウェザーテック選手権に参戦するにあたり、アイアンリンクスと提携し、アイアンリンクスが公式運営チームとして活動することになる」と発表。

この提携は2023年からスタートするそうですが、ランボルギーニはGT3クラスにおいてもアイアンリンクスをサポートすると発表しているので、両者は「かなり」緊密な関係を構築することになりそうです。

なお、レースの運営については非常に高度な経験とノウハウが必要となるため、自動車メーカーがモータースポーツへと参入する場合はレーシングチームと組むことがほとんどであり、たとえばポルシェはル・マン24時間レースへの復帰に際してペンスキーとのパートナーシップ締結を発表していますね。

ポルシェ
ポルシェがル・マン復帰にあたって選んだパートナーは「チーム・ペンスキー」!アメリカに強いペンスキー、欧州に強いポルシェが手を組んで世界制覇を目指すようだ

| チーム・ペンスキーは「アメリカのモータースポーツ史上、もっとも成功したチーム」と言っていい |この記事のもくじ| チーム・ペンスキーは「アメリカのモータースポーツ史上、もっとも成功したチーム」と言 ...

続きを見る

アイアンリンクスはウラカン GT3 EVO2もレースに投入

この「アイアンリンクス(IRON LYNX)」はスイスに拠点を置くDCレーシング・ソリューションズ社の傘下にありますが、DCレーシング・ソリューションズ社はプレマ・エンジニアリングなる組織を発足させてLMP2プログラムに取り組んでおり、今後は「ランボルギーニ、アイアンリンクス、プレマ・エンジニアリング」の3者が力を合わせてル・マンはじめとする耐久レースにて勝利を目指すことになるのだそう(そう考えると、アイアンリンクス単体との提携ではなく、DCレーシング・ソリューションズとの包括的な提携と考えたほうがわかりやすい)。

ちなみにアイアンリンクスはこれまでにもフェラーリとともに数々のレースを戦った経験を持っており、しかしル・マン24時間レースというトップカテゴリに参戦するにあたってランボルギーニをそのパートナーとして選んだわけですね(フェラーリはAFコルセをパートナーとしてル・マン24時間レースはじめWECに参戦する)。

フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表
フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表!XXプログラムの車両整備も担当する、いわば「セミワークス」

| まさかフェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかフェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するとは思わなか ...

続きを見る

今回の発表については、ポルティマオで行われたイベント「グランドファイナル」にて、ランボルギーニ会長兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏、そしてランボルギーニのモータースポーツ部門の責任者であるジョルジオ・サンナ氏によって正式に発表されています。

ステファン・ヴィンケルマン氏は今回の提携にあたって「私たちがLMDhレースシリーズに参戦することを発表したとき、アイアンリンクスがこのような重要なステップを一緒に踏み出すのにふさわしいパートナーであることは、明らかでした。長年にわたり、アイアンリンクスは、ランボルギーニのモータースポーツ部門と同様に、速く、強く、成功した存在であることを証明してきました。今回ランボルギーニ・ファミリーにこのチームを迎えることができ、嬉しく思っています」とコメント。

ランボルギーニがル・マン用レーシングカーのスペックとティーザー画像を公開!681馬力のV8ツインターボ搭載、ハイブリッドに車体重量1,030kg
ランボルギーニがル・マン用レーシングカーのスペックとティーザー画像を公開!680馬力のV8ツインターボ搭載、ハイブリッドに車体重量1,030kg

| ただし、このランボルギーニ製レーシングカーの名はまだ公開されていない |この記事のもくじ| ただし、このランボルギーニ製レーシングカーの名はまだ公開されていない |ランボルギーニは2024年から「 ...

続きを見る

今後はランボルギーニ・スクアドラ・コルセの「グリーン」が様々なレースで見られることに

上述のとおりこのパートナーシップは2023年に始まりますが、アイアンリンクスはまず来季のデイトナ24時間レースにてランボルギーニ・ウラカンGT3 EVO2を走らせ、その後IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権へとフル参戦を行うことになり、さらにアイアンリンクスは女性だけのチームであるアイアンデイムズ(Iron Dames)にて、やはりウラカンGT3 EVO2を走らせるともアナウンスしています。

627317_v2

ランボルギーニのモータースポーツ責任者であるジョルジオ・サンナ氏は「アイアンリンクスとのパートナーシップ締結を非常に誇りに思っています。アイアンリンクスは、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのように若いチームで、我々と同様に年々飛躍的に成長し、2018年にスーパートロフェオで我々とデビューした後、世界中のGTレースでの主人公となりました。今、私たちは再び一緒に戦うことになり、より強く、より成熟し、大きな目標を掲げて努力してゆきます。GTプログラムからLMDhまで、私たちはイタリアの3つの組織(ランボルギーニ、アイアンリンクス、プレマ・エンジニアリング)の卓越性を組み合わせ、彼らと共に素晴らしい結果を出すことが私たちの責務なのです」とコメント。

DCレーシング・ソリューションズ社の会長であるデボラ・メイヤー氏は「アイアンリンクスとランボルギーニのパートナーシップのニュースを共有できることを本当に嬉しく思います。私たちがチャンピオンシップで勝利してきた血統と、ランボルギーニのモータースポーツでの成功の伝統が組み合わさることで、サーキットで高い競争力を発揮するための完璧な組み合わせが生まれるでしょう。この次の章が楽しみです」とその意気込みを述べており、今後の展開にはおおいに期待して良さそうですね。

627321_v2

あわせて読みたい、ル・マン24時間レース関連投稿

ランボルギーニもル・マン24時間レースへの参戦を正式発表!LMDhシャシーを使用し「GTカーレースからスポーツカーレースのトップクラスへとステップアップする」
ランボルギーニもル・マン24時間レースへの参戦を正式発表!LMDhシャシーを使用し「GTカーレースからスポーツカーレースのトップクラスへとステップアップする」

| ランボルギーニのル・マン24時間レース参戦は2024年以降となるもよう |この記事のもくじ| ランボルギーニのル・マン24時間レース参戦は2024年以降となるもよう |まさかル・マン24時間レース ...

続きを見る

フェラーリが早速ル・マン・ハイパーカー499Pを走らせる!LMDh規定ではなく自社による車体開発を選択し、勝利のためのキーは「フロントモーターとブレーキ・バイ・ワイヤ」【動画】
フェラーリが早速ル・マン・ハイパーカー499Pを走らせる!LMDh規定ではなく自社による車体開発を選択し、勝利のためのキーは「フロントモーターとブレーキ・バイ・ワイヤ」【動画】

| 他のLMDh規定マシンとは異なるコンセプトを採用し、それが吉と出るか凶と出るのかは本番を待つしかない |この記事のもくじ| 他のLMDh規定マシンとは異なるコンセプトを採用し、それが吉と出るか凶と ...

続きを見る

ポルシェがル・マンとIMSAを走るレーシングカー「963」を公開!成功を収めた「962」「959」オマージュ、そして現行モデルや未来のモデルとの関連性も
ポルシェがル・マンとIMSAを走るレーシングカー「963」を公開!成功を収めた「962」「959」オマージュ、そして現行モデルや未来のモデルとの関連性も

| ここ最近、各社ともレーシングカーと市販車との関連性を強く押し出している |この記事のもくじ| ここ最近、各社ともレーシングカーと市販車との関連性を強く押し出している |2023年からは多くのライバ ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5