ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニが元F1ドライバー、ロマン・グロージャンをファクトリードライバーとして起用!2024年のル・マン24時間レース参戦に備える

投稿日:2022/12/07 更新日:

ランボルギーニが元F1ドライバー、ロマン・グロージャンをファクトリードライバーとして起用!2024年のル・マン24時間レース参戦に備える

| ランボルギーニはフェラーリやポルシェらの1年遅れ、2024年からル・マン24時間レースに参戦予定 |

すでに参戦体制は整い、あとはドライバーラインアップの完成を待つばかり

ランボルギーニのモータースポーツ部門、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセが「2023年からランボルギーニの公式ファクトリードライバーとしてロマン・グロージャンを迎える」と正式発表。

ロマン・グロージャンは2023年にウラカンGT3 EVOにて(スクアドラ・コルセからの)レースデビューを飾る予定とのことですが、ランボルギーニが2024年に参戦するル・マン24時間レース用マシンの開発においてもテストドライバーを務めるとアナウンスされています。

ロマン・グロージャンはこんなこんなドライバー

ロマン・グロージャンは1986年生まれの36歳で、2012年から2020年までロータスやルノー、ハースからF1へと参戦し、そこから活躍の場をインディカーへと移しています。

9シーズン過ごしたF1における最高位は2位(2回ある)、表彰台経験は10回、しかし優勝経験はなし、そしてクラッシュが多いこと、他のドライバーを巻き込むことから「サーキットの通り魔」、さらにそのクラッシュの大半が1周目に集中していたことから「オープニングラップの狂人」と呼ばれたことも。

ただしランボルギーニよにると「多才なドライバーである」と評されており、2007年にF3ユーロシリーズ、2010年にAutoGP、2011年にGP2シリーズにて優勝し、長年にわたってジュニアシングルシーターのタイトルを多数獲得したこと、GTレースにも参戦し、2010年にはアブダビにて開催されたFIA GT1世界選手権でデビューし、同年のスパ24時間レースで優勝を飾ったことについても触れられています。

1

まだまだル・マン24時間参戦時のドライバーラインアップは不明

上述のとおりロマン・グロージャンは(ランボルギーニと提携している)アイアンリンクスが運営するチームより、同じくランボルギーニのファクトリードライバーであるアンドレア・カルダレッリ、ミルコ・ボルトロッティらとともにデイトナ24時間レースでデビュー飾る予定だといい、2023年シーズンを通じてほかの耐久イベントにも参加する予定だと公表されています。

ロマン・グロージャンは、自身のキャリアにおける最新のステップについて「まず第一に、ランボルギーニに参加できることを光栄に思います。ランボルギーニは、私や私の子供たちを含め、クルマを愛するすべての人にとって象徴的なブランドです。そのうえで、2つのことにとても興奮しています。1つは、デイトナで大成功を収めているGT3でのスタートで、アイアンリンクスのような本当に良いチームとチームメイトが周りにいるので、自分にとって良い発見となりそうです。そして、今年の後半には新型のLMDhを開発します。これはとても美しいクルマで、私はそれを見ることができてラッキーでした。耐久レースは、コンストラクターが参入してきたことで、非常にエキサイティングなカテゴリーになりつつあります。ランボルギーニがこれほど成功したブランドである以上、将来的にうまくいくことを望んでいるのです」。

2

ランボルギーニのモータースポーツ責任者であるジョルジオ・サンナ氏は、「スクアドラ・コルセの歴史におけるこの新しくエキサイティングな時期に、ロマン・グロージャンをランボルギーニ・ファミリーに迎えることができ、とても誇りに思います。彼は長年にわたってさまざまなカテゴリーで膨大な経験を積んできたドライバーであり、我々のGT3プログラムにも、より重要なLMDhマシンの開発にも大きな価値を与えてくれることでしょう。ロマンがデイトナのコースで活躍するのを楽しみにしています」と述べており、ル・マン24時間レースの参戦に向けていっそうの期待がかかりますね。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニがル・マン24時間レース参戦のパートナーにアイアンリンクスを選んだと発表!両者はGT3でも共闘してウラカンGT3 EVO2を走らせることに
ランボルギーニがル・マン24時間レース参戦のパートナーにアイアンリンクスを選んだと発表!両者はGT3でも共闘してウラカンGT3 EVO2を走らせることに

| ル・マン24時間レースは「ハイパーカークラス」設立にてこれまでにない盛り上がりを見せる |この記事のもくじ| ル・マン24時間レースは「ハイパーカークラス」設立にてこれまでにない盛り上がりを見せる ...

続きを見る

ランボルギーニがル・マン用レーシングカーのスペックとティーザー画像を公開!681馬力のV8ツインターボ搭載、ハイブリッドに車体重量1,030kg
ランボルギーニがル・マン用レーシングカーのスペックとティーザー画像を公開!680馬力のV8ツインターボ搭載、ハイブリッドに車体重量1,030kg

| ただし、このランボルギーニ製レーシングカーの名はまだ公開されていない |この記事のもくじ| ただし、このランボルギーニ製レーシングカーの名はまだ公開されていない |ランボルギーニは2024年から「 ...

続きを見る

ランボルギーニもル・マン24時間レースへの参戦を正式発表!LMDhシャシーを使用し「GTカーレースからスポーツカーレースのトップクラスへとステップアップする」
ランボルギーニもル・マン24時間レースへの参戦を正式発表!LMDhシャシーを使用し「GTカーレースからスポーツカーレースのトップクラスへとステップアップする」

| ランボルギーニのル・マン24時間レース参戦は2024年以降となるもよう |この記事のもくじ| ランボルギーニのル・マン24時間レース参戦は2024年以降となるもよう |まさかル・マン24時間レース ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5