ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

このデザインで大丈夫かホンダ!あまり売れそうには思えない新型ホンダ・シビックが中国からリーク

投稿日:

ホンダ・シビック・セダンのリーク

| しかもクルマはけっこう汚れていて、あまりイメージがよろしくない |

さて、先日中国経由にて実車の画像がリークされてしまった新型ホンダ・シビック・セダン。

今回もやはり中国からその市販モデルの画像が流出しネット上を騒がせることに。

シチュエーションとしては「北京の路上」だそうですが、車体がかなり汚れており、ちょっと奇妙なホイールが装着されています。

加えて周囲は工事中のような雰囲気だったり、いろいろな人が車体を覗き込んでいたりして「いったいどういった状況なのか」は測りかねるところ。

このデザインで大丈夫かホンダ

なお、改めてリークされた画像を見て思うのは「このデザインで大丈夫なのか」ということ。

もちろんここからデザインの変更が可能であるわけはなく、「時すでに遅し」ではありますが、どう見ても人気を呼びそうにないんじゃないかとちょっと心配に。

ホンダからすると大きなお世話だとは思うものの、ここ最近ホンダが採用する「低刺激タオル」的デザインはどうにも訴求力が弱く、トヨタの採用するアクの強いデザインに押されている傾向が見られます。

新型ホンダ・シビックのパテント画像流出!「使いやすいタオル」的コンセプトによって人畜無害な外観へと変更に?

| ホンダは人畜無害なデザインを持つクルマを作る方向へとシフトしている |この記事のもくじ| ホンダは人畜無害なデザインを持つクルマを作る方向へとシフトしている |新型シビックのデザインは「アコード」 ...

続きを見る

もはやデザインの良し悪しよりも「注意を引くかどうか」

「RAV4とCR-V対決」「ヤリスとフィット対決」においてもすでに雌雄が決しており、こういった結果を見ても、やはりホンダのデザインの良し悪しは別として(実際にデザインそのものは悪くないと思う)、ホンダのデザインが世の中に好まれなくなってきているのは間違いないところなのかもしれません。

おそらくホンダは、「これから世の中はクリーンでエコ、サステイナブルな方向へ向かう」ということで低刺激な優しいデザインを採用する方向に決めたのだと思われますが、世の中は「映え」を重視した状況となっていて、特徴に欠ける製品は好まれないのが現実です。

たとえば飲料においても、「味」よりも「映え」が求められるので、ブラックコーヒーよりもホイップ盛り盛りのフラペチーノのほうが人気を誇っているのとよく似ているのかもしれません(この際、コーヒー本来の味は議論の外に置かれることになる)。

CR-V、フィットがRAV4/ヤリスに惨敗のホンダ。無味無臭な都会派デザインを捨て「マッチョになる」ことを検討中

| 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |この記事のもくじ| 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |世の中は「アクの強いクルマ」を好む方向へ?金太郎 ...

続きを見る

ホンダは戦略を間違えた?

なお、ホンダに近い戦略を取るのはマツダであり、こちらはシンプルで美しい「魂動」なるデザイン言語を採用しています。

そしてこのデザインは高い評価を受けているものの「販売に結びついているかどうか」はまた別の話。

たとえば「高い評価を得た映画」が商業的に成功するかどうかというのと同じようなもので、ホンダにせよマツダにせよ、トヨタやスバルに比較すると訴求力に欠けるのかもしれませんね。

他の例だと「いかに性能が優れるスーパーカー」を作ろうとも、そのデザインがあまりに凡庸であれば人々の興味を惹かないまま売れずに終わる可能性が高く、やはり順序としては「外観で人々を惹きつけて興味を持たせ、そこから性能や機能(本質)をアピール」というのが現代における販売の鉄則なのだと思います。

つまり、いかにいいクルマを作ろうとも、興味を持ってもらう機会がなければそれは存在しないのと同様で、しかし中身が薄くとも、強烈に見た目でアピールすることさえできれば、一時的であっても人気を博することができるのかもしれません(その意味では、ヒュンダイやキアはよくやっている。しかし中身が伴わなければ人気が長続きしないことも間違いない。そしてトヨタの場合は”中身も伴っている”ため、鬼に金棒なのかもしれない)。

合わせて読みたい、関連投稿

新型ホンダ・シビック
【動画】新型ホンダ シビック プロトタイプ正式発表!「薄く軽く水平に」、これは1980-1990年代のホンダデザインのリバイバル?

| ホンダは思い切ったデザインシフトを図ろうとしている |この記事のもくじ| ホンダは思い切ったデザインシフトを図ろうとしている |新型シビックセダンの発売は2021年春から新型シビックのデザインは「 ...

続きを見る

新型シビック・ハッチバックのプロトタイプ
市販モデルに近いFMC版シビック・ハッチバック目撃!現行シビック・タイプRは米にて値上げ、この流れだと次期タイプRも大幅値上げは不可避?

| もしハイブリッド+4WDとなるとさらに価格は上がりそう |この記事のもくじ| もしハイブリッド+4WDとなるとさらに価格は上がりそう |新型シビック・ハッチバックは次期シビック・タイプRのベースモ ...

続きを見る

次期シビック・タイプRの予想レンダリング
FMC版新型シビック・タイプRは「"ピュア"ガソリンエンジン最後のタイプR」に?ハイブリッド説が一転し、次期シビック・タイプRは究極のコレクターズアイテムになりそうだ

| そして最後の「マニュアル・トランスミッション搭載の”タイプR”に? |この記事のもくじ| そして最後の「マニュアル・トランスミッション搭載の”タイプR”に? |新型シビック・タイプRは400馬力の ...

続きを見る

参照:CivicXI forums

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5