ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

アキュラTLS タイプSに「NSXと同じカラー、NSXと同じクオリティで」製造されるPMCエディションが設定!納車の儀も特別なものとなるそうだ

投稿日:

アキュラTLS タイプSに「NSXと同じカラー、NSXと同じクオリティで」製造されるPMCエディションが設定!納車の儀も特別なものとなるそうだ

| おそらくは相当に高価なシリーズだと思われるが、けっこう人気があるようだ |

工場からディーラまでは専用の積車で運ばれ、専用のボディカバーも付属

さて、アキュラが北米にて「アキュラTLX Type S PMCエディション」を発表。

このPMCとはオハイオ州にあるアキュラの「パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター」を指し、NSXを製造していたことでも知られます。

そしてこのアキュラ・パフォーマンス・マニュファクチャリング・センターでは、これまでにもMDXやRDXに「NSXと同じボディカラーを採用し」「NSXと同じスタッフによって」手作業にて組み立てるPMCエディションを設定していて、今回はTLXに対してそのPMCエディションが設定された、ということに。

ホンダ(アキュラ)が最高級SUV、MDXに「NSXと同じ工場で、NSX生産スタッフが組み立てる、NSX風の」PCMエディション追加

| 限定330台、けっこうなプレミア感が感じられる |この記事のもくじ| 限定330台、けっこうなプレミア感が感じられる |すでに「PCM」シリーズはTLXが追加済みアキュラMDX PCMエディション ...

続きを見る

ただし今回のTLX Type S PMCエディションは一味違った

しかしながら、今回発表されたアキュラTLX Type S PMCエディションがほかのPMCエディションと一味違うのは、これまでのRDXにやMDXとは異なって「1色」だけではなく「3色」ものNSXと同じボディカラーが用意されること。

これらはクルバレッド、130Rホワイト、ロングビーチブルーの3色で、いずれのカラーであってもルーフ、アンテナ、ドアハンドルがベルリナブラックでペイントされます。

ホンダNSX TypeSが「ロングビーチ・サーキット」で市販車最速記録を更新!なおボディカラーは「ロングビーチ・ブルー」

なお、リアデッキリッドスポイラーとリアディフューザーはカーボンファイバー製へと変更され、サイドシル下部にはブラックのトリムが追加されるほか、クワッドエキゾーストパイプがブラッククローム仕様となるなど、相当にメリハリの効いた仕様を持っていると考えて良さそうです。

そのほかホイールには20インチのY字スポーク(ブロンズ仕上げで高級感がある。タイヤは255/35サイズのピレリP-ZERO)が装着されていますが、こういった配色については「NSXをからインスピレーションを得ている」とのこと。

アキュラTLX Type S PMCエディションのインテリアも特別仕様

そしてアキュラTLX TypeS PMCエディションのインテリアもまた特別仕様となっており、ボディカラーによってそれぞれ異なる仕上げがなされるそうですが、クルバレッドをボディカラーに選ぶとエボニーのキャビンに赤のコントラストステッチが施されています。ロングビーチブルーパールだと(画像の)オーキッド色の内装にブルーステッチ、130Rホワイトでは、レッドのインテリアが組み合わせられる、とのこと。

さらに全車にはミラノレザーとウルトラスウェードのシートが採用され、ステアリングホイールにはフラットボトム(ヒーター付)、加えてカーボンファイバー製トリムパネルやイルミネーション付サイドシル、フロアマットにはType Sのバッジがあしらわれ、センターコンソールにはシリアルナンバー入りのプレートが取り付けられるなど特別感満載の仕様を持っています。

製造に際してはNSXと同じ品質管理プロセスを経ることになり、シャシーダイナモによるパワーチェック、塗装検査、ラフロードシミュレーションも行われるとアナウンスされています。

なお、いずれのPMCエディションも特別な納車プロセスが提供され(納車式のようなものがあるのだと思う)、コレクターズアイテムとして保存するオーナーのために専用のカバーが付属するほか、工場からディーラーへの輸送の際には1台づつが密閉された積車にて運ばれるのだそう。

現時点では価格や限定台数について公開されておらず、これだけの内容を見ると相当に高価なんじゃないかと思いますが、これまでにも何度かPMCエディションがリリースされているところを見るとけっこう人気がある限定シリーズなのだと思われます。

参考までに、これまでのPMCエディションだと、アキュラRDXではロングビーチブルーが200台、RDXではサーマルオレンジが260台、MDXではバレンシアレッドが330台、TLXだとバレンシアレッドが360台生産済みであり、今回のTLX Type Sにおいてもこれに近い台数が生産されることになるのかもしれません。

もしかすると、今後「インテグラ」にもこのPMCエディションが設定される可能性もありそうですね。

合わせて読みたい、アキュラ関連投稿

アキュラがNSXのオレンジを採用したSUV「RDX PCMエディション」限定発売!組み立てや塗装はNSXと同じ工場、同じスタッフにて行われる

| これだけ贅沢なSUVも他にはなさそうだ |この記事のもくじ| これだけ贅沢なSUVも他にはなさそうだ |PMCエディションはこんな仕様を持っているアキュラRDX PCMエディションのインテリアはこ ...

続きを見る

アキュラ・インテグラの価格が発表!ベースモデルは日本円で418万円、MTは最上位グレードのみに設定され483万円。インテグラがここまで高価になるとは・・・
アキュラ・インテグラの価格が発表!ベースモデルは日本円で418万円、MTは最上位グレードのみに設定され483万円。インテグラがここまで高価になるとは・・・

| たしかにホンダ・シビックでも「相当に高い」クルマになってしまっただけに仕方がないのかも |この記事のもくじ| たしかにホンダ・シビックでも「相当に高い」クルマになってしまっただけに仕方がないのかも ...

続きを見る

ホンダ(アキュラ)がパイクスピークで戦う陣容を発表!NSX TypeSは今年が最初で最後、インテグラもレトロなカラーで初参戦
ホンダ(アキュラ)がパイクスピークで戦う陣容を発表!NSX TypeSは今年が最初で最後、インテグラもレトロなカラーで初参戦

| ホンダ(アキュラ)は北米では各種モータースポーツ活動に大きく注力している |この記事のもくじ| ホンダ(アキュラ)は北米では各種モータースポーツ活動に大きく注力している |アキュラNSXの勇姿を見 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5