>日産/インフィニティ(Infiniti) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型日産GT-R(R35)は2028年に全固体電池搭載にて発売?日産副社長「私はミニバンを作るために日産に入社したのではありません。パっとしないGT-Rも発売しません」

日産
Nissan

| 現時点では新型GT-Rの具体的な話は聞こえてこないが、日産にとってGT-Rとはある種の象徴であるだけに最大限の注力を行うだろう |

ただし現時点ではそこに投入しようと考える「技術」が成熟していない

さて、出ては消える「新型GT-R(R36)」のウワサ。

数年前には「日産が新型GT-Rの開発に向けて動き出し、オーナーに対してのヒアリングを開始した」と報じられたものの、その後話がぱったりと途絶えてしまい、そこからは”仕切り直した”と思われる新しいGT-Rの話題が登場しています。

その話題とは「2030年に全固体電池を積んで登場」「ブロックみたいなデザインになる」というものですが、たしかにそれを示唆するハイパーフォースコンセプトも発表されており、よってこの路線で”ほぼ決まり”なのかもしれません。

マクサス
中国にて「中国車のシェア」が60%に達する。このままだと2年後には80%という予測が出され、トヨタやVWは市場を失い続ける可能性。なおBYDは5月単月で16%を占めるまでに

| 中国における中国車のシェアは2023年初には40%、2023年秋には50%と急速に伸び、このままだと市場を制圧するのも時間の問題である | NEV(新エネルギー車)に至ってはBYDが33%ものシェ ...

続きを見る

日産は全固体電池に高い期待をかける

現在日産が(アリアなどのEVに)使用しているのはリチウムイオンバッテリーですが、日産は全固体電池に対してかなりのリソースを割いており、今年には試験運用を開始したうえ、2028年には市販車へと全固体電池を導入するとしています。

日産
日産が将来のEV生産に向け「ギガキャスト」導入を発表、加えて2028年に稼働する全固体電池(ソリッドステートバッテリー)パイロット生産設備を公開

Nissan | 日産は長期計画、そして中期計画を組み合わせ、EVの生産コスト引き下げ、そして市場浸透を図る | とくにソリッドステートバッテリーの実用化が「可能になるかどうか」には注目が集まる さて ...

続きを見る

この全固体電池は、従来型バッテリーに比較して(同じサイズであれば)より長い航続距離、より短い充電時間を実現できるという特徴があり、、いわば「夢のバッテリー」。

トヨタは(現在の予定だと)日産の1年前に実用化を計画しているものの、実際に市販車に採用したとしても生産台数が限られる(年間数万台)ということも示されていますね。

トヨタ
トヨタのソリッドステートバッテリーは実用化できたとしても「わずかな台数しか生産できない」?そのためゲームチェンジャーとはならない可能性も

| ただし他の自動車メーカーのソリッドステートバッテリー搭載車も同じような状況だと思われる | そもそもソリッドステートバッテリーの実用化すら「怪しい」 さて、先日トヨタはバッテリーに関する戦略を発表 ...

続きを見る

「私はミニバンを作るために日産に入社したわけではない」


なお、現在のところ全固体電池を積んだEVはどこの自動車メーカーからも登場しておらず、よってこれをいち早く実現できれば非常に画期的でもあり、となると日産はこの「全固体電池搭載」をセールスポイントとして新型GT-Rを発表する可能性も。

日産
Nissan

実際のところ、日産にてアフリカ、中東、インド、ヨーロッパ、オセアニア地域を担当する上級副社長兼最高企画責任者であるフランソワ・バイリー氏は「日産は完全電動化時代であってもスポーツカーの製造を続けます」と述べ、「現実問題として、私たちはフォーミュラEに参加しているわけですね。サーキットから路上への学習です。誰もが、そしてもちろん私もミニバンを作るために日産に入社したわけではありません。ちなみに私が購入した最初のクルマはフェアレディZ でした」とも。

ですから、簡単に答えると、私たちはスポーツカーの製造を継続します。問題は、それらの車がいつEVに移行できるかということです。そして、それはテクノロジーの問題です。中途半端なGT-Rは作らない。そのつもりはありません。だから、いつ発売するか、あるいはいつ発売できるのかは難しい問題です。なぜなら、発売したいと考えても、その技術が存在しなければ発売できないからです。

こういったコメントを見るに、日産はスポーツカーに対する情熱を電動化時代以降も失うことはなく、そして来たるべき電動化社会に向けて全固体電池(ソリッドステートバッテリー)の準備を進めているということになりそうですが、仮に「全固体電池を搭載するクルマが市販されるとしても」それは早くても2028年になるので、新型GT-Rの発売は少なくとも今から4年後ということになりそうですね。

合わせて読みたい、日産GT-R関連投稿

日産が次期GT-Rについて語る。「何かが変わっても、本質はGT-Rであることに変わりはない」。なお現行GT-Rには歴代モデルを意識した特別仕様が追加されるもよう
日産が次期GT-Rについて語る。「何かが変わっても、本質がGT-Rであることは変わらない」。なお現行GT-Rには歴代モデルを意識した特別仕様が追加されるもよう

Nissan | もし2025年モデル限りで現行GT-Rが終了するとなれば、日産はそれを記念し盛大に限定シリーズを発売することになるだろう | ただし次期GT-R登場までは少し時間を要することになるよ ...

続きを見る

日産がR32 GT-Rに積まれるアテーサE-TS開発のために購入し、後に米国にてレストアされたポルシェ959が競売に。予想落札価格はなんと5.6億円
日産がR32 GT-Rに積まれるアテーサE-TS開発のために購入し、後に米国にてレストアされたポルシェ959が競売に。予想落札価格はなんと5.6億円

Broad Arrow Auctions | 日産がトルクスプリット4WD開発のためにポルシェを訪問したという話は聞いたことがあるが | まさか実際にポルシェ959を購入していたとは さて、ブロードア ...

続きを見る

まるで未来のGT-R。日産がハイパーコンセプトのラスボス「ハイパーフォース」公開。プラズマアクチュエーター、変形コクピットなどSF感満載
まるで未来のGT-R。日産がハイパーコンセプトのラスボス「ハイパーフォース」公開。プラズマアクチュエーター、変形コクピットなどSF感満載【動画】

| このハイパーフォースに採用されるデザインやデバイスのいくつかは「次期GT-R」に採用されることになるのかもしれない | ここ最近の日産はずいぶん思い切ったデザインチャレンジ(ただしコンセプトカーの ...

続きを見る

参照:Drive

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->日産/インフィニティ(Infiniti), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,