ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

レクサスがLFA後継の可能性について「メディアが後押ししてくれれば前に進める」と語る。スープラのように話題が盛り上がれば新型LFA登場も?

投稿日:2019/08/30 更新日:

| トヨタは新型LFAが”売れ残る”ことを懸念? |

2012年に販売が終了されるも、今なお多くの人を魅了してやまないレクサスLFA。

その後継モデルについては具体的な話が見えてこないものの、今回Autocarがレクサスの副プレジデント、そしてLCの開発を主導した佐藤恒治氏に対して「レクサスLFAの後継はないのか」とダイレクトに質問しています。※レクサス公式コンテンツ、佐藤氏がLC」について語る記事はこちら

そして佐藤恒治氏はこれに対し「私はぜひレクサスLFAの後継を作りたいと考えているが、それにはメディアの協力が不可欠だ。メディアからの強い要望があれば、それによって我々は前に進むことができる」と回答。

最近のトヨタは「話題性」を重視

これについては色々な意味を含んでいそうですが、たとえば新型スープラの復活については「ワイルド・スピード」によるスープラ人気が影響したことは疑いの余地がなく、かつ現時点での成功もやはりワイルド・スピードが影響している可能性が大。
実際にトヨタは新型スープラ発売時にはワイルド・スピードに登場したスープラを(ドンズバではないものの)持ち出しており、ワイルド・スピード9作目にも新型スープラを提供するなど露出を最大化しています。

レクサスLFAの「新車在庫」はまだある

なお、レクサスLFAは2010年に発売され、3750万円というプライスタグを掲げていますが、この価格に関わらず即完売(当初はあまり売れないだろう、と言われていた)。

そして限定台数500台の生産が終了したのが2012年ですが、2018年には「新車の」レクサスLFAがまだ北米のトヨタディーラーに残っていることが発覚。
もちろんこれは「売れ残った」のではなく、当該ディーラーが将来的な値上がりを見越して「残しておいた」もので、その後もちょっとづつ”小出しに”販売していることが判明しています。

ただ、正規ディーラーといえども「儲け」のためにわざわざこれを保管し販売しているので、やはりプレミア付きの価格で販売していると思われます。

現在、レクサスLFAの中古相場は5000万円台後半ですが、一時に比較して中古価格が下がったことや、そしてディーラーがいくらで販売しているかはわからないものの、「まだ残っている」、つまり買い手がつかないということをトヨタは気にしていて、「新型LFAも売れ残ったらどうしよう」と考えているのかもしれません。

レクサスはLFA後継の計画を捨てていない?

なお、レクサス「LFA」とは「Lexus F-Sports Apex」の略。
レクサスはハイパフォーマンスモデルに「F」の称号を与えていますが、これは「富士スピードウェイ」に由来。
そして「Apex」は頂点を意味し、よってLFAは「レクサスの、富士スピードウェイで走行性能を磨かれたクルマの、頂点」を表現しています。※2005年、コンセプトモデルとして発表された時の意味は「Lexus Future Advance」。

なお、レクサスの「F」「F SPORT」コンテンツによれば、Fの序列はこんな感じ(トヨタはGRにせよ、ピラミッド型の構成が好きなようだ)。

これを見るに、「LFA」が頂点であることはもちろんですが、特定モデルをさすというよりは、「モデルチェンジしながら頂点に君臨するトップレンジ」という意味にも捉えることができるのかもしれません。

lfa

それを考えると、レクサスはLFAを「代を変えながら継続させる」可能性を当初から考えていたのかもしれず、ここ最近ニュルブルクリンクでテストされる謎のLFAが「新型LFAなのでは」とウワサされるのもムリはないのでしょうね。

VIA: Autocar

あわせて読みたい、レクサスLFA関連投稿

レクサスLFAは時間を経るごとに「伝説化」しているのが一つの特徴。
多くのジャーナリストが高い評価を与えており、未だに色褪せないスポーツカーであるということもわかります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5