ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スバル(SUBARU) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

コレ買って普段乗りにしたいな!スバルとトヨタがワンメイクレース用に「BRZ / GR86Cup Car Basic」発売!最初からロールケージ、大容量オイルクーラーが装着されて改造する手間が省けそう

投稿日:

コレ買って普段乗りにしたいな!スバルとトヨタがワンメイクレース用に「BRZ / GR86Cup Car Basic」発売!最初からロールケージ、大容量オイルクーラーが装着されて改造する手間が省けそう

| 公道走行用として合法に登録が可能、ただしロールケージ装着なので乗降には注意を要する |

レース用の架装が施されるために車両本体価格は高額になっているが、本気の人にとっては「むしろ安い」

さて、スバルが「競技用ベース車」としてBRZ カップカー・ベーシック(Cup Car Basic)を発表。

これは2022年から開催されるワンメイクレース、「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」参戦用車両となり、サーキット走行のみに焦点を当てて様々な仕様の変更がなされています。

そしてこのBRZカップカー・ベーシックについては、STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)が専用装備を架装する特別仕様車となるそうですが、公道走行ができないわけではなく、(公式サイトには”持ち込み登録になる”という記述がある)走り屋やチューナーにとって新たな選択肢となるのかもしれません。※ただしカップカーなのでエンジンをいじることができないよう、エンジンには封印がなされている

Subaru-BRZ-Cup-Car-Basic-2

TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cupはこんなレース

このTOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cupについて、「ドライビング技術を非日常の世界で試したい」「ピュアスポーツカーの走りを極限で楽しみたい」という熱い想いに応えるためのイベントだといい、参加が可能なのはGR86(ZN8)、SUBARU BRZ(ZD8)のみ。

もちろんトヨタからもこのTOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cupに参戦するための86カップカー・ベーシックが発表されています。

そしてこの「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」について、「ナンバー付き車両で競い合う」と記載されているので、やはり公道走行を行うために合法に登録できるようですね。

gr86ccb_image1-1

BRZ Cup car Basicはこんな仕様を持っている

BRZカップカー・ベーシックについて、通常のモデル同様、ボディカラーについては「WRブルー・パール」「イグニッションレッド」「サファイアブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」「アイスシルバー・メタリック」「マグネタイトグレー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」が用意されており、このあたりまさに「ナンバー付き車両でのレース」を考慮したところかもしれません(競技専用車だと、多くの場合はホワイトしか用意されない)。

Subaru-BRZ-Cup-Car-Basic-6

そしてGR86/BRZ Cup car basic」については共通にて、以下のとおり専用装備が与えられています。

ポイント

・ロールケージ(6点式+サイドバー付き)
・6点式シートベルト用アイボルト(運転席のみ)
・シートサイド&カーテンシールドエアバック取り外し、キャンセラー装着
・フロアマット(ロールケージ専用)
・エンジンオイルクーラー(空冷式)
・リヤデフ冷却フィン(フィン付きデフキャリア)

なお、こちらはロールケージ。

最初からこれがついている、というのはとんでもないアドバンテージだと思います。

gr86ccb_rollcage

実際にロールケージが組まれるとこう。

多少乗り降りが不便になるかもしれませんが、このクルマを選ぶ人はそんなことは気にしないんじゃないかとも思います。

Subaru-BRZ-Cup-Car-Basic-9

こちらはエンジンオイルクーラー。

gr86ccb_oilcooler1

ちなみにこのGR86/SUBARU BRZ Cup car basicについて、車体重量はGR86ベースモデルであるGR86 RCと同じ1290kg。

ロールケージや大容量オイルクーラーが装着されるぶん重量が増えているんじゃないかと思ったのですが、どこかで軽量化がなされているのかもしれません(装備内容を見てみると、エアコンは残されているようだ)。

ちなみにスバルBRZ カップカー・ベーシックの価格は333万8500円、GR86カップカー・ベーシックだと333万4000円に設定されており、Gr86 RCの279万9000を大きく超え、GR86のトップレンジであるGR86 RZの334万9000に迫る設定となっています。

これはおそらく、特別装備の架装が「手作業」となり、かつ生産台数が少ない(BRZ カップカー・ベーシックでは年間予定販売台数がわずか30台)ということに起因するのかもしれません。

Subaru-BRZ-Cup-Car-Basic-4

合わせて読みたい、SUBARU BRZ / GR86関連投稿

【試乗:GR86】300万円台で買えるポルシェとのウワサは本当だった!正直これほどまでに驚かされた国産スポーツカーはほかにない
【試乗:GR86】300万円台で買えるポルシェとのウワサは本当だった!正直これほどまでに驚かされた国産スポーツカーはほかにない

| 走り出して数十メートルでもその素晴らしさを体感できる |この記事のもくじ| 走り出して数十メートルでもその素晴らしさを体感できる |これだけのクルマを作れるなら、トヨタはスープラも自社で開発すべき ...

続きを見る

まさかのGR86に「藤原とうふ店仕様」が登場!超絶ワイドボディにカーボン製エアロパーツがカッコいい
まさかのGR86「藤原とうふ店仕様」が登場!超絶ワイドボディにカーボン製エアロパーツがカッコいい

| GR86は話題のクルマだけに、どこかのショップが実際にこの仕様を作りそうだ |この記事のもくじ| GR86は話題のクルマだけに、どこかのショップが実際にこの仕様を作りそうだ |レンダリングアーティ ...

続きを見る

【動画】トヨタUSAが「頭文字DとGR86」とのコラボムービーを公開!藤原拓海、土屋圭市が登場しアツいドリフトバトルを披露
【動画】トヨタUSAが「頭文字DとGR86」とのコラボムービーを公開!藤原拓海、土屋圭市が登場しアツいドリフトバトルを披露

| トヨタの「なんとかしてクルマの楽しさを伝えよう」というプロモーションはボク的に好印象 |この記事のもくじ| トヨタの「なんとかしてクルマの楽しさを伝えよう」というプロモーションはボク的に好印象 | ...

続きを見る

参照:SUBARU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->スバル(SUBARU), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5