ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

コンパクトクルーザーEVが「カーデザイン賞を受賞」し、トヨタが追加にて画像を公開。なぜトヨタは自社の強みや資産を活かせそうなこのクルマを発売しないのか

投稿日:

コンパクトクルーザーEVが「カーデザイン賞を受賞」し、トヨタが追加にて画像を公開。なぜトヨタは自社の強みや資産を活かせそうなこのクルマを発売しないのか

| コンパクトクロスオーバー(EV)はまだライバルが少なく、トヨタのイメージや資産を活かせそうなカテゴリだと思われるが |

加えてジムニーにも対抗でき、トヨタの悲願でもある「若者へのアピール」も行いやすい

さて、トヨタは2021年12月に「バッテリーEV戦略に関する説明会」を開催し、一気に15台のEVコンセプトを公開したほか、2030年までにEVの世界販売を350万台に拡大するという計画を公表しています。

これによって「トヨタがようやくEVに対し本腰を入れた」「こうなったらトヨタは無敵」と市場が捉えることになり、そのため株価が大きく上がったワケですが、その後に発表されたEV「bZ4X」はリースのみでしか乗ることができず、「あの計画はやっぱり投資家向けのポーズだったんだな・・・」という印象がますます強まる今日このごろ。

【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザーの後継っぽいモデルも公開
【動画】トヨタ/レクサスがバッテリーEVに関する新戦略を発表!販売と投資計画を上方修正、LFAやFJクルーザー、MR2後継っぽいモデルも公開

続きを見る

コンパクトクルーザーEVがカーデザイン賞を受賞

ただしその際に発表された15台のうち、いくつかは非常に興味深いクルマも存在し、コンパクトクルーザーEVもそのひとつ。

そして今回、このコンパクトクルーザーEVが2022年度カーデザイン賞(コンセプトカー部門)を受賞することになり、これを記念しトヨタはプロトタイプの画像、レンダリング、スケッチを追加にて公開しています。

このコンパクトクルーザーEVは、そのカラーリングやデザインから「FJクルーザー後継」として注目されており(ただし名称の通りサイズは小さいようだ)、フランスのニースにあるトヨタ・ヨーロッパ・デザイン開発センター(ED2)にてデザイン・製作が行われています。

このコンパクトクルーザーEVの企画に際してデザイナーは「初代ランドクルーザーとトヨタにおけるオフロードの伝統」からインスピレーションを得ており、つまりはレトロフューチャーなFJクルーザーとの類似性を持っているわけですね。

そのためコンパクトクルーザーEVはJ80を彷彿とさせるグリル、そしクリーンなラインによって、2017年に発表されたコンセプトカー「トヨタFT-4X」を進化させたような外観となっていますが、ツールボックスを連想させるデザインもトヨタの得意とするところで、大型スキッドプレート、スクエアなフェンダーアーチ、高い地上高、ビルトインルーフラック等によってタフでアクティブな印象も。

トヨタが「マツダと多くのパーツをシェアする」新型SUVを2021年に発売!FJクルーザー風の「FT-4X」市販バージョンか

続きを見る

ちなみにトヨタは「Tjクルーザー」なるコンセプトカーも過去に発表しており、一部では発売という報道が見られたものの実際には販売に至らず。

FT-4X、Tjクルーザーともに高い評価を受けていて、そしてトヨタとしてもこういった「道具感あふれる若者向けのクルマ」につき、(今回のコンパクトクルーザーEVに繋がるイメージを持つことでもわかるとおり)強い興味を持つモチーフやカテゴリであるのは間違いなく、しかし一向に発売されないのはちょっとナゾ。

さらにトヨタとしては「若者を呼び込みたい」という願望を持っているはずで、そして若者に訴求できそうなFT-4XやTjクルーザーを発売しないことに対してはちょっとした矛盾も感じます(もちろん、トヨタとしても綿密にマーケティングを行った結果、そう判断したのだろうとは理解しているけれど)。

トヨタTjクルーザーが発売とのウワサ!ただしボクは「Tjクルーザーの発売は無いだろう」と考えている

続きを見る

実際にトヨタ・コンパクトクルーザーEVは発売される?

なお、現存するコンパクトクルーザーEVはランニングギアを持たない「クレイモデル」であり、公開されている画像の殆どはCGI。

トヨタ自動車デザイン本部長のサイモン・ハンフリーズ氏によれば「私たちは30年以上にわたって電気自動車の研究を続けており、長い道のりを歩んできました。電気自動車との最初の接触段階を経て、人々は自分のことを語り、ライフスタイルを表現するゼロ・エミッション車を求めるようになると推測しています。そして、コンパクトクルーザーEVは、その傾向を示す完璧な例です」とコメント。

加えてトヨタはコンパクト・クルーザーのターゲット層について「アクティブなアウトドアレジャーを楽しむ、都市に住む若いプロフェッショナル」としており、bZ4xXと同じeTNGAアーキテクチャをベースにすれば、比較的低い開発労力にて製品化が可能かもしれません。

なお、ジープブランドからは「スズキ・ジムニーに対抗する」小型オフローダーが登場するという話もあるようですが、トヨタがいま、世界的な規模にてEV市場における存在感を確保するためには、「ランクルを始めとするオフロードイメージ」を活用し、注目度の高い小型SUV(もしくはクロスオーバー/オフローダー)セグメントへ、”優れたデザイン性とユーティリティを持つ”コンパクトクルーザーEVを投入するのが手っ取り早いんじゃないかとも考えています(EV市場において、コンパクトハッチバックやミッドサイズクロスオーバーはライバルが多いが、コンパクトクロスオーバーのライバルは少なく、ここはトヨタが覇権を取りやすいところでもある)。

ジープ
ジムニー対抗?ウワサされていたジープのエントリーモデルがついに発売決定との報道。フィアット、アルファロメオからも兄弟車が登場するようだ

続きを見る

合わせて読みたい、トヨタとEV関連投稿

トヨタのマニュアル・トランスミッション
トヨタがEV向けの「フェイク」マニュアル・トランスミッションの特許を申請!疑似タコメーターを備え変速時の「トルク抜け」も再現するようだ

続きを見る

トヨタがbZ4Xの価格を「600万円」と発表、しかし購入はできずKINTOでのリースのみ。10年契約だと契約時に77万円を支払い最初の4年は10万7800円/月、支払総額は963万円
トヨタがbZ4Xの価格を「600万円」と発表、しかし購入はできずKINTOでのリースのみ。10年契約だと契約時に77万円を支払い最初の4年は10万7800円/月、支払総額は963万円

続きを見る

FJクルーザーの再来なるか?トヨタが2030年までのEV販売計画を刷新し、「コンパクトクルーザーEV」を発表
FJクルーザーの再来なるか?トヨタが2030年までのEV販売計画を刷新し、「コンパクトクルーザーEV」を発表

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5