ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

GAC(広州汽車)が「フロント全面がぜんぶグリル」な超高級ミニバンを発表!その名はスペース、文字通り室内空間を最大化

投稿日:2022/07/06 更新日:

GAC(広州汽車)が「フロント全面がぜんぶグリル」な超高級ミニバンを発表!その名はスペース、文字通り室内空間を最大化

| 中国では走るラブホテルとして高級ミニバンの人気が高いようだ |

中国でミニバンが人気となると、おそらくは欧米の自動車メーカーも次々ここに参入してきそう

さて、中国のGAC(広州汽車)が「フロント全面がグリル」という強烈なインパクトを持つ高級ミニバン「スペース」を公開。

このスペースはその名の通り室内の「空間」に重点を置いたクルマで、豪華な室内のほか未来的なスタイリング、水素パワートレーン採用といった特徴を持っています。

ちなみにこのフロントグリルは「イルミネーションウォーターフォール」と名付けられており、その名の通り(グリル上部のライトバー、グリルのルーバーとが統合され)イルミネーションの滝のような視覚的効果を演出する、と紹介されています。

なお、英国ではロールスロイスの「光るスピリット・オブ・エクスタシー」が光害認定されて禁止となりましたが、中国では街なかにありとあらゆるイルミネーションが溢れており、このGACスペースのような発光グリルであってもまず問題となることは無さそうですね。

CO2、騒音に続いて「光」までもが規制対象に!EUにてロールスロイスの「光るマスコット」が禁止。「光るグリル」はOKらしい

| そこまで規制しなくてもいいのでは |この記事のもくじ| そこまで規制しなくてもいいのでは |いったいどういった基準によって規制?「スピリット・オブ・エクスタシー」にはこういった歴史があるあわせて読 ...

続きを見る

中国では高級ミニバンが大きなブーム

現在中国では高級ミニバンがひとつのブームになっているといい、おそらくその発端はレクサスLM。

このレクサスLMは(仕様にもよりますが)運転席と後部座席とを仕切ることで「愛人需要(つまりは走るラブホテル)」に対応し、それによって大きな人気を獲得したと言われます。

中国でレクサスのミニバン「LM」人気爆発!プレミア付き”3500万円”で売られるもすべて完売し、中古車も「ゼロ」に

| なぜそんなに人気なのか、ボクなりに考えてみた |この記事のもくじ| なぜそんなに人気なのか、ボクなりに考えてみた |レクサスLMは中古車すら無くなっていたおそらくは愛人需要もともと中華圏ではアルフ ...

続きを見る

そしてこのGACスペースもそういった愛人需要をモロに追求したクルマと言ってよく、外観はスタイリッシュでクリーンなミニバンですが・・・。

そのインテリアは「その方面」な感じ。

乗降に際しては通常のドアに加えガルウイングドアが開閉し、足元にはタラップが出現。

ちなみにテールゲートは「上」ではなく「下」に開くデザインを持っており、ゲート内側に取り付けられたソファに座ってくつろぐこともできます。

GACスペースはレベル4の自動運転を備える

なお、このGACスペースはレベル4(完全自動運転を車両が行い、ドライバーは運転に関与しない、または存在しない)の自動運転機能を備えるといい、よって乗員はクルマの走行中であってもラウンジスタイルの室内で思い思いの行動を取ることが可能です。

GACによると、このスペースのインテリアは「古代における中国の知識人が、曲がりくねった小川のほとりに座り、詩を詠んでから浮き上がる杯を手にすることを楽しんだ」様子にインスパイアされており、サイドには広州の名所である白雲山と珠江が描かれ、ルーフの波打つライトは雲をイメージしてデザインされています。

こちらは運転席で、ヨーク型ステアリングホイール(格納式)とその内側にはモニターの存在を確認でき、さらにダッシュボードにも中国の名勝が描かれ、そこに透過するかのような形でメーターが浮かび上がります。

このインテリアは様々なモードを備えるといい、「篝火の輪モード」や「ティータイムラウンジ・モード」等を選択できる、とのこと。

パワートレインに「水素」を使用していること、レベル4の自動運転を備えるということから、このGACスペースは現時点ではコンセプトカーにとどまり、当面市販されることはなさそうではありますが、中国におけるミニバン人気、そしてその方向性を示唆する一台だとも言えそうです。

なお、中国メーカーのエレクトリックセダンというとスタイリッシュな「グリルレス」が主流ではあるものの、なぜかミニバンになると「巨大グリル(もしくはそれを模したもの)」が人気化するようで、これはちょっと不思議な傾向であるかもしれませんね(ミニバンの場合、グリルがないとデザイン的に間が持たないのかもしれない)。

テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も
テスラ・モデル3最大のライバル?中国NIOより、最大で航続可能距離1,000kmの「ET5」登場。価格は590万円〜、ARや自動運転も

| 数年内に、中国のEVは「あなどれない」レベルにまで進化しそうだ |この記事のもくじ| 数年内に、中国のEVは「あなどれない」レベルにまで進化しそうだ |とくにNIOは最大の成長株だと考えて良さそう ...

続きを見る

合わせて読みたい、中国のミニバン関連投稿

アウディが中国向けの豪華ミニバン「アーバンスフィア・コンセプト」発表!全長5.5メートルなのに乗員4人、「自宅、オフィスに次ぐ第三の空間に」
アウディが中国向けの豪華ミニバン「アーバンスフィア・コンセプト」発表!全長5.5メートルなのに乗員4人、「自宅、オフィスに次ぐ第三の空間に」

| 一連の「スフィア」コンセプトはあくまでも技術や考え方の提示にとどまり、具体的な市販の計画はないようだ |この記事のもくじ| 一連の「スフィア」コンセプトはあくまでも技術や考え方の提示にとどまり、具 ...

続きを見る

これからの中国市場では「超高級ミニバン」が熱い?ビュイックも「GL8 フラッグシップコンセプト」を発表しミニバン市場へ参入
これからの中国市場では「超高級ミニバン」が熱い?ビュイックも「GL8 フラッグシップコンセプト」を発表し高級ミニバン市場へ参入

| これからの自動車メーカーは中国の独特すぎる嗜好にアジャストしてゆく必要がありそうだ |この記事のもくじ| これからの自動車メーカーは中国の独特すぎる嗜好にアジャストしてゆく必要がありそうだ |国や ...

続きを見る

知らない間に中国車がスゴいことになってた・・・。レクサスLMやアルファードを遥かに凌ぐ高級さを持ち、700馬力の超弩級ミニバン「Voyah ドリーマー」発表
知らない間に中国車がスゴいことになってた・・・。レクサスLMやアルファードを遥かに凌ぐ高級さを持つ、700馬力の超弩級ミニバン「Voyah ドリーマー」発表

| 世界中探しても、ここまで「わかりやすい」高級さを持つクルマはほかにないだろう |この記事のもくじ| 世界中探しても、ここまで「わかりやすい」高級さを持つクルマはほかにないだろう |しかもパワートレ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5