ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>韓国の自動車メーカー

元BMW M責任者、現ヒョンデのアドバイザーが語る「知られざる秘密」。なぜヒョンデはカーボンシャシー+ミドシップスーパーカーを企画しながらも実現できなかったのか

投稿日:2022/09/28 更新日:

元BMW M責任者、現ヒョンデのアドバイザーが語る「知られざる秘密」。なぜヒョンデはカーボンシャシー+ミドシップスーパーカーを企画しながらも実現できなかったのか

| ヒョンデは2104年にこのスーパーカープロジェクトをスタートさせ、数々のプロトタイプを披露してきたが |

どうやら「あまりに高額になってしまう」ミドシップスポーツの価格に恐れをなしたようだ

さて、現在快進撃が続いている韓国ヒョンデ。

一般の市販車、そしてその高級ブランド「ジェネシス」、さらにはハイパフォーマンスブランドの「N」、加えてエレクトリックブランド「アイオニック」など全方位に渡りその存在感を強めているといった状況です。

そして数年前から流れていたウワサが「ヒョンデがミドシップエンジン搭載のスーパースポーツを発売する」というもの。※結局その計画は実現していない

ヒョンデの営業利益が前年比150%以上となり通年では初の1兆円超えとなるもよう。なおジェネシスはファッション誌「ヴォーグ」とのコラボを発表し快進撃が続きそう
ヒョンデの営業利益が前年比150%以上となり通年では初の1兆円超えとなるもよう。なおジェネシスはファッション誌「ヴォーグ」とのコラボを発表し快進撃が続きそう

| 韓国勢はアイドル然りK-POP然り工業製品然り、宣伝広告費が桁違い |この記事のもくじ| 韓国勢はアイドル然りK-POP然り工業製品然り、宣伝広告費が桁違い |もはや自動車は性能や品質だけで選ばれ ...

続きを見る

ヒョンデはずいぶん前からミドシップカーの開発を行っていた

なお、ヒョンデが最初にミドシップコンセプトを発表したのは2014年の「RM14」で、このRMとはレーシングミドシップの略で、RM15、RM16、さらにはRN30へと続きます。

そしてこれらの開発、ならびにヒョンデのスーパーカー計画を推進していたのはBMWにてM部門のボスを務め、その後ヒョンデに移ったアルバート・ビアーマン氏。

今回同氏が「なぜヒョンデのスーパーカー計画が消えてしまったのか」を語っているのですが、同氏はBMWでもスーパーカー計画に携わっており、しかしBMWでは上層部がスーパーカー計画を承認せず、代わりに発売されたのがプラグインハイブリッドカーのi8だったわけですね。

そして同氏はヒョンデへと移って(当然、ヒョンデはハイパーカーの開発を意図して同氏を引き抜いている)ヒョンデのハイパフォーマンスカー部門「N」を率いることになり、ここでもスーパーカー計画を推進することに。

そしてそのスーパーカーは、カーボン製バスタブシャシーに加えてハイブリッドパワートレインを持つ予定だったとされ、ヒョンデがリマックと提携したのはこのハイブリッドスーパーカーを開発することが主目的だったのだと思われます(ここには言及されていない)。

ヒュンダイとリマックとが提携。「ミドシップスポーツ」含む数台を開発する契約を結び、スーパーカー市場にも参入か

| ヒュンダイは以前からスポーツカー、スーパーカーに強い興味を示している | ヒュンダイグループ(ヒュンダイとキア)がリマックとパートナーシップを締結した、と発表。内容としてはヒュンダイの「出資」、そ ...

続きを見る

なぜヒョンデのハイパフォーマンスカー計画は潰えてしまったのか

ちなみにこのヒョンデのスーパーカーは「会長車」と呼ばれていたらしいのですが、水素燃料電池も搭載できるように開発されていたといい(ヒョンデはトヨタ、BMWとともに水素を推進していた数少ない自動車メーカーだった)、しかしこの計画は中止され、かわりに市販されたのはフォルクスワーゲン・ゴルフGTIの競合となるコンパクトハッチ「i30 N」や「i20 N」。

カーボンシャシーを持つミドシップスーパーカーがなぜかいつのまにかコンパクトホットハッチへとすり替わってしまったわけですが、その理由は「予想市販価格15万ドルという金額にヒョンデの上層部が恐れをなしたため」だと見られています。

果たしてヒョンデはコナN、i20 N、ヴェロスターNといった「求めやすい」、市販車ベースのNモデルを発売することになりますが、アルバート・ビアーマン氏は「結果的にはそれで良かったのだろう」とも。

そして今、ヒョンデはエレクトリックモデルであるアイオニック5にも「N」モデルを追加しようとしていて、Nブランドの拡大展開をしようという段階ですが、アルバート・ビアーマン氏はBMWでもヒョンデでもスーパースポーツを作ることができず、そしてBMW Mが(M Sportなど)Mの名を使用したモデルを乱発しすぎていることに反感を抱いていたとされ、、しかし今ヒョンデでもBMWと同じようなことを行わざるをえなくなっているとう、ある意味では悲劇の人なのかもしれません(現在はN部門の代表を退き、ヒョンデにおけるハイパフォーマンスカーのアドバイザーを担当している)。

Hyundai-RM20e-Prototype-2

あわせて読みたい、ヒョンデ関連投稿

ポルシェ911
ヒョンデCEOは本物のポルシェ911マニアだった!ポルシェよりもポルシェ911について熱く語る内容が話題に

| けっこううまくポルシェの本質を捉えており、ちょっとヒョンデCEOを見直した |この記事のもくじ| けっこううまくポルシェの本質を捉えており、ちょっとヒョンデCEOを見直した |ただし、だからといっ ...

続きを見る

ヒョンデが45年前のコンセプトカーを現代風に解釈した「N Vision 74」を発表!ヒョンデの運命を決定づけ、躍進のきっかけを作った「ポニークーペ」とは
45年前から来た「ヒョンデの救世主」、ポニークーペを現代風に解釈した「N Vision 74」発表!やっぱり優れたデザインは会社の未来をつくるようだ

| まさかたった一台のコンセプトカー「45EVコンセプト」がヒョンデの運命を変えてしまうとは |この記事のもくじ| まさかたった一台のコンセプトカー「45EVコンセプト」がヒョンデの運命を変えてしまう ...

続きを見る

ヒュンダイが”ポルシェ対抗”スポーツカー開発との報道。「我々には制限がない。いつでもやろうと思えば、第一級のスポーツカーを作ることができるのだ」

| いやいや絶対無理、とも言い切れないだけの背景がある |この記事のもくじ| いやいや絶対無理、とも言い切れないだけの背景がある |ヒュンダイは「いずれ」本気でスポーツカーを開発しそうだヒュンダイはミ ...

続きを見る

参照:Top Gear

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->韓国の自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5