ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>韓国の自動車メーカー

ヒョンデが1974年のコンセプトカー「ポニークーペ」をリバイバルすると発表!ジウジアーロデザイン、デロリアンやアイオニック5のデザイン元となった重要資産

投稿日:

ヒョンデが1974年のコンセプトカー「ポニークーペ」をリバイバルすると発表!ジウジアーロデザイン、デロリアンやアイオニック5のデザイン元となった重要資産

| 2019年に発表された「45EVコンセプト」がヒョンデのデザイン的方向性を大きく変えた |

近年、ここまで一つの自動車メーカーのデザインに影響を与えたクルマも珍しい

さて、韓国ヒョンデとジウジアーロ(正確にはジョルジェット・ジウジアーロとファブリツィオ・ジウジアーロの父子が経営するデザインハウス、GFG)が1974年のヒョンデ・ポニークーペ・コンセプトをリバイバルすると発表。

そもそもこのヒョンデ・ポニークーペは1974年当時、ジョルジエット・ジウジアーロによってデザインされたものですが、ちょっと話をややこしてくしているのは、この(ポニークーペをデザインした)ときジョルジエット・ジウジアーロは自身のデザインカンパニー「イタルデザイン」を主催しており、しかしその後このイタルデザインはフォルクスワーゲングループに買収され、その後にジョルジエット・ジウジアーロはイタルデザインから一切の手を引き、新しく自身の息子とともにGFGをはじめたわけですね。

ただ、このヒョンデ・ポニークーペは著作権上「イタルデザイン」に属しているようで、つまり現在のGFGならびにジウジアーロがなんらかの権利を有しているわけではなく、よって「そのまんま」に近いデザインでリバイバルしてしまうと、イタルデザインとの間に一悶着がでてきそう(自身がかつて作った会社と、新しく自分が作った会社との間で争うことになる)。

7

ヒョンデ・ポニークーペのデザインは「デロリアンDMC-12の元ネタ」だった

なお、ジョルジエット・ジウジアーロは公式に「このヒョンデ・ポニークーペ・コンセプトはデロリアンDMC-12をデザインする際のインスピレーション元となった」とコメントしており(デロリアンDMC-12もジウジアーロによるデザインである)、ある意味でこのポニークーペ・コンセプトはジウジアーロにとってかなり重要なクルマということになりますね。

2

このポニー・クーペ・コンセプトは実際に市販されることはなく、しかし1975年から1990年まで販売されたポニーシリーズの先駆け的存在となっており、ヒョンデにとっても重要な位置を占めるのは間違いなさそう。

hyundai-pony-coupe-concept

ヒュンダイ・ポニーEV
スピードメーターはなんとニキシー管!ヒュンダイが1970年代に製造していた自社のクルマ「ポニー」をレストモッド

| なかなかやるじゃないかヒュンダイ |この記事のもくじ| なかなかやるじゃないかヒュンダイ |現在はヒュンダイのカスタマーセンターに展示中ヒュンダイ・ポニーEVは「レトロフューチャー」ヒュンダイ・ポ ...

続きを見る

実際のところ、ヒョンデはこのポニークーペ・コンセプトの45周年を記念して2019年に「45EVコンセプト」を発表したことがあり、これはポニークーペコンセプトを現代風に解釈し、かつ「45周年」を表現するために「45度」の傾斜を車体各部に使用したもの。

さらにはレトロ感、当時のカクカク感を出すために「デジタルピクセル」ライトを採用するな随所に実験的なデザインを採用しています。

hyundai-45-concept (2)

そしてこの45EVコンセプトは発表されるやいなや熱狂的とも言える反響によって迎えられることになり、よってヒョンデは「計画外ではあるものの」この45EVコンセプトの市販を推し進め、大ヒット作となる「IONIC 5(アイオニック5)」として発売したわけですね。

ヒョンデ45コンセプト
ヒュンダイは1974年に「デロリアンの元」を発表していた!そしてその45年後に「45EVコンセプト」としてリバイバル

| しかもデザインには「45度」の角度を多用している | ヒュンダイがしばらく前からティーザーキャンペーンを行っていたコンセプトカー、「ヒュンダイ45EVコンセプト」がフランクフルト・モーターショーに ...

続きを見る

さらにデジタルピクセルランプは形を変えてヒョンデのミニバン「スターリア」に採用されるなど、45EVコンセプト以降はヒョンデのデザイン的方向性が大きく変わっており、その意味で今回ヒョンデが「そのすべての源である」ポニークーペ・コンセプトを再構築しようと考えたのは自然な流れなのかもしれません。

SUVの次はミニバン?ヒョンデがグランピング仕様のスターリア「ラウンジキャンパー」、エグゼクティブ向けの「ラウンジビジネス」を発表し高級ミニバンを強化
SUVの次はミニバン?ヒョンデがグランピング仕様のスターリア「ラウンジキャンパー」、エグゼクティブ向けの「ラウンジビジネス」を発表し高級ミニバンを強化

| 現在、ミニバンは欧州や北米ではさほど人気ではないが、「これから」に期待できるセグメントの一つ |この記事のもくじ| 現在、ミニバンは欧州や北米ではさほど人気ではないが、「これから」に期待できるセグ ...

続きを見る

6

新型コンセプトカーは2023年春に公開予定

そしてこの「ヒョンデ・ポニークーペの新解釈モデル」は2023年春に発表されるといいますが、今回ジウジアーロは「私がヒュンダイポニーをデザインしたのは、まだ駆け出しの若手デザイナーの頃でした。当時、私はまだ若く、デザイナーとしてのキャリアをスタートさせたばかりの頃にヒュンダイポニーをデザインし、これから激しい競争が繰り広げられるグローバルマーケットに挑戦する企業や国のために、自分がクルマを作る責任を負っているということに大きな誇りを感じていました。そして今、ヒュンダイから、後世に残すために、またブランドの伝統を祝うものとして、このクルマを再建するよう依頼されたことを深く光栄に思います」とコメント。

1

なお、ヒョンデはちょっと前にもこのポニークーペ・コンセプトのオマージュとなる「N Vision 75」を発表しており、やはりポニークーペコンセプトを非常に重用な資産と位置づけているのは間違いなさそう。

ヒョンデが45年前のコンセプトカーを現代風に解釈した「N Vision 74」を発表!ヒョンデの運命を決定づけ、躍進のきっかけを作った「ポニークーペ」とは
45年前から来た「ヒョンデの救世主」、ポニークーペを現代風に解釈した「N Vision 74」発表!やっぱり優れたデザインは会社の未来をつくるようだ

| まさかたった一台のコンセプトカー「45EVコンセプト」がヒョンデの運命を変えてしまうとは |この記事のもくじ| まさかたった一台のコンセプトカー「45EVコンセプト」がヒョンデの運命を変えてしまう ...

続きを見る

5

現時点ではこのポニークーペコンセプトのリバイバル版がどういったデザインを持つことになるのかはわかりませんが、ヒョンデの取締役副社長兼グローバルデザインセンター長の李相燁氏によれば、同社のデザイン哲学 "Shaping the future with legacy" に基づいて再構築されると述べており、この文字列からすると「過去の遺産に基づき未来をつくる」ためのデザインを行うということになりそうですね。

3

合わせて読みたい、ヒョンデ関連投稿

ヒュンダイが「ヒョンデ」として日本再参入!販売はオンラインのみ、試乗はカーシェアリングにて!最初に販売されるEV「アイオニック5」とは何者なのか
ヒュンダイが「ヒョンデ」として日本再参入!販売はオンラインのみ、試乗はカーシェアリングにて!最初に販売されるEV「アイオニック5」とは何者なのか

| 新生ヒョンデは販売方法やメンテナンス、サービス、そして価格についても強くテスラを意識。ただしリセールが読めない以上「買い」とはいえない |この記事のもくじ| 新生ヒョンデは販売方法やメンテナンス、 ...

続きを見る

元BMW M責任者、現ヒョンデのアドバイザーが語る「知られざる秘密」。なぜヒョンデはカーボンシャシー+ミドシップスーパーカーを企画しながらも実現できなかったのか
元BMW M責任者、現ヒョンデのアドバイザーが語る「知られざる秘密」。なぜヒョンデはカーボンシャシー+ミドシップスーパーカーを企画しながらも実現できなかったのか

| ヒョンデは2104年にこのスーパーカープロジェクトをスタートさせ、数々のプロトタイプを披露してきたが |この記事のもくじ| ヒョンデは2104年にこのスーパーカープロジェクトをスタートさせ、数々の ...

続きを見る

ヒュンダイはレトロルックを追求?1986年に発売した最高級車「グランディア」を自ら最新技術を用いつつもレストモッド。ディストピア映画に登場しそう
ヒュンダイはレトロルックを追求?1986年に発売した最高級車「グランディア」を自ら最新技術を用いつつもレストモッド。ディストピア映画に登場しそう

| やっぱりヒュンダイはなかなかやるじゃない |この記事のもくじ| やっぱりヒュンダイはなかなかやるじゃない |コンセプトカーといえど、現在のヒュンダイ車に採用される技術との関連性もあるようだ車体はそ ...

続きを見る

参照:Italdesign, Hyundai

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->韓国の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5