ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■ファッションや腕時計、雑貨など

ジラール・ペルゴが50年前のデジタル時計を復刻した「キャスケット2.0」発表!デジタル式腕時計大好きなボクは歓喜するも「56万」という価格に二の足を踏んでいる

投稿日:2022/03/11 更新日:

ジラール・ペルゴが50年前のデジタル時計を復刻した「キャスケット2.0」発表!デジタル式腕時計大好きなボクは歓喜するも「56万」という価格に二の足を踏んでいる

| ただしネット販売分は即日完売、あとは店頭で実機を購入できるのみ |

購入するかしないかはともかく、実機を見てみたいところではある

さて、ジラール・ペルゴが1972年代の名作「キャスケット」を現代に復刻し820本限定で発売すると発表。

これは「キャスケット2.0」と命名され、見ての通り当時そのままのデジタル式(LED)表示を持ち、しかしケース素材やブレスレットはセラミックへとアップデートされたという腕時計です。

なお、価格は56万1000円と非常に高価ですが、エントリーモデルでも100万円以上というジラール・ペルゴにおいては「まだ安い」部類と言えるかもしれません。

な、限定本数の820本はオンライン分と店頭分とに分けられ、オンライン分は「一瞬で」完売したといい、手に入れることができるのは店頭のみということになりそうです。

1

ケース形状はキャスケット=帽子

なお、このキャスケットというのは当時の愛好家が命名したものだといい、おそらくはその形状にちなんだものだと思われます(横から見るとハンチング帽の用に見える)。

ちなみにこういった「愛称が後の製品名になる」という例だと「(シチズンの)ツノクロノ」などがありますね。

5

そして今回のキャスケット2.0はそのデザインを忠実に再現したということになりますが、当時の素材はポリカーボネート製(マクロロン製)だったといい、しかしキャスケット2.0は最新の素材にアップデートされたわけですね。

2

なお、ケースとブレスレットは、面によって「ポリッシュ」「ヘアライン」仕上げとに分けられていて、見る角度によって異なる表情を生み出すもよう。

そしてブレスレットのコマは「カマボコ型」ではなく、それぞれのコマが連続するかのような形状を持っています(内側にはラバーライニングが施されており、このブレスレットは本体よりも高そうだ)。

なお、ケースバックとバックルにはグレード5のチタンが使用されており、重量はわずか107gに抑えられている、とのこと。

_f234

なぜジラール・ペルゴがデジタル式腕時計を?

ジラール・ペルゴというと1791年に設立され、高品質な機械式腕時計を自社で一貫生産するマニファクチュールというイメージがありますが、実はセイコーが「世界初」のクォーツ式腕時計を発表した1969年、ほぼ同時にジラール・ペルゴもクォーツ式腕時計を開発していて、しかしながら「世界初のクォーツ式腕時計の量産」はセイコーに先を越されてしまい、結果的にジラール・ペルゴは「スイス初」のクォーツ式腕時計を量産したメーカーとなっています(翌1970年にはオメガもクォーツ式腕時計を発表している)。※さらに、ジラール・ペルゴは腕時計そのものを歴史上初めて量産したメーカーとしても知られている。自動車ファンにとっては、フェラーリとかつて提携していたことのほうが馴染みがあるかも

6

こういった経緯もあり、ジラール・ペルゴは「先進性と量産」を追求し、それがデジタル式腕時計の生産と開発に結びついたことは想像に難くなく、今回はついにその名機が蘇ったということになるわけですね。

3

なお、オリジナルのキャスケットだとLEDの表示は時間、分、秒、曜日、そして日付にとどまっていたものの、キャスケット2.0ではこれらに加えて月、年、セカンドタイムゾーンに加えてラップタイマーまで表示が可能。

これら機能はケースサイドのチタン製のボタンによって呼び出すことができるといい、一日に20回押したと想定すると、電池の寿命は約二年ほどなのだそう(電池寿命を伸ばすために液晶を採用しなかったところは高く評価したい)。

_e833

ムーブメントはこの「キャリバーGP3980-1474」、LEDはチューブ式、振動数は32'768 Hz(この周波数はデジタル式腕時計の標準となっているが、これもジラール・ペルゴが定め、後に標準化された規格でもある)、部品点数は50個。

WEB_CALIBER_Casquette_39800-32-001-32A_380x380

ちなみに外箱はこう。

56万円の腕時計とは思えないほどのシンプルさですが、もちろんこれも意図あってのことだと思われます。

_aaed

ボクはデジタル式腕時計が大好きだ

ちなみにぼくは機械式腕時計よりもデジタル式腕時計のほうがずっと好きなのですが、その理由は自分でも不明です。

参考までに、ぼくが最も好きな腕時計は「セイコー・エアプロ(初代)」で、ずっと買い集めていたので今では数十本ほどのストックがあり、しかしこれはどんなにちゃんと保存しても加水分解でウレタンパーツがボロボロになっていて「もう使うことができない」のが非常に残念。

随分前に、セイコーが持っていたストックも完全に損壊してしまい、再生産もなされないので(別注で100本作らせてくれと持ちかけたが断られた)もうどうしようもない状態です。

その次に好きなのがカシオ・サイバークロスというこれまた珍品ですが、その価格一万円ちょっとという「オモチャ」のような腕時計です。

_dfc6

そのほかのお気に入りはジウジアーロ・スピードマスター、スント各モデル、ナイキがずっと前に出していた四角いデジタル時計、スウォッチ・タッチ、そしてフューチャーファンクといったところで、反面、カシオ・データバンク、ハミルトン・パルサーにはさほど惹かれず、どこに「惹かれる、惹かれない」境界線があるのかも我ながらちょっと謎。

_813a

この「キャスケット2.0」についてはかなり惹かれる部類ではありますが、一度実物を見ることができるのであれば、腕に巻いてみたいと思います。

_1fc5

合わせて読みたい、関連投稿

【動画】なぜオーデマ ピゲ、パテック フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計は正規店での購入が不可能に近くなったのか?それは歴史的背景に基づいている
【動画】なぜオーデマ ピゲ、パテック フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計は正規店での購入が不可能に近くなったのか?それは歴史的背景に基づいている

| こういった背景を見るに、現在の地位を築いた腕時計メーカーは何があってもそれを失いたくはないだろう |この記事のもくじ| こういった背景を見るに、現在の地位を築いた腕時計メーカーは何があってもそれを ...

続きを見る

オメガ シーマスター ダイバー300M 007 エディションを買ってみた!ドレスウォッチを買うはずが、やはりいつもどおりの選択になってしまったな・・・
オメガ シーマスター ダイバー300M 007 エディションを買ってみた!ドレスウォッチを買うはずが、やはりいつもどおりの選択になってしまったな・・・

| これまでの007コラボウォッチの中ではもっとも特別感が強い |この記事のもくじ| これまでの007コラボウォッチの中ではもっとも特別感が強い |シーマスター ダイバー300M 007 エディション ...

続きを見る

【動画】”買ってはいけない腕時計”5選!ロレックス・サブマリーナ116613LB、オメガ・プラネットオーシャンほか。人気のように思えるのになぜ?

| ”買ってはいけない高級機械式腕時計”には「それなり」の理由があった |この記事のもくじ| ”買ってはいけない高級機械式腕時計”には「それなり」の理由があった |ロレックス・サブマリーナ116613 ...

続きを見る

参照:Gilard-Perregaux

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■ファッションや腕時計、雑貨など
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5