>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

420馬力と言われるアウディ「RS Q4」プロトタイプがはじめて目撃。すでに高い完成度を持ち、間もなく発表か?

前後フェンダーはけっこうマッスル アウディは新型SUV「Q4」を発売する意向ですが、今回そのハイパフォーマンスモデル「RS Q4」のプロトタイプが目撃に。今回のスパイフォトを見ると、ヘッドライトやカモフラージュの下のボディカラー、ホイール等の完成度が「市販モデル」同等のレベルを持っているように感じられ、つまりは「いつでも発表できる状態」なのかもしれません。アウディRS Q4のプロトタイプが捕捉されたのは今回が「はじめて」ですが、間もなく発表されるということにもなりそうですね。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台を売り切ったと報じられますが(”63”はランボルギーニの創業年、1963年に因んでいる)、そのLB48Hがフランクフルト・モーターショーにて公開される、というウワサ。このLB48Hは「ハイブリッド」を採用すると言われ、そのスタイリングはランボルギーニの新時代を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」風になる ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入り

グレーにブラックはやっぱりカッコイイ マクラーレンのカスタム部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が600LTスパイダーをカスタムしジュネーブ・モーターショーに展示する、と発表。この600LTスパイダーはショーのためのワンオフとなり、ボディカラーは「ダブ・グレー」に「ネピア・ホワイト」のアクセント。なお、「ダブ(DOVE)」は「鳩」の意味ですが、「なるほど」とうなずける色合いですね。ちなみにこういった「グレー」は2015年辺りから欧州にて流行中ではあるものの、日本ではイマイチ流行ら ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

生産わずか10台、日本市場限定のフェラーリ「J50」の売り物(走行0キロ)が登場。価格や車輌情報は「身元が明らかな」顧客だけに公開

まさかJ50の売り物が出てくるとは なんとフェラーリの日本への正規輸入開始50週念を記念して製造された「10台限定の」超限定フェラーリ「J50」の売り物が登場。これはエキゾチックカーや高級品売買サイト、James Editionに掲載されているもので、なんと走行距離は「0キロ」。所在地はもちろん日本で価格は「ASK」、そしてこれ以上の情報を知るには販売者へとコンタクトを取るしか無いものの、販売者は問い合わせを行った人の審査を行うようですね(クルマの情報、売り主の情報を守秘したいのだと思われる)。 こちらも ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore



>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

自動車のエンブレムとブランディング、近年における変化について考える

投稿日:2017/11/02 更新日:

|各自動車メーカーのエンブレムは大きくなり、デザイン的特徴も共通化が進んでいる|

IMG_9636

自動車のエンブレムやモデルネーム、というのも時代や戦略を反映させていると思います。

自動車について、かつてはそのメーカーしか持ち得ない特異性というものがあって、それで自動車を選ぶ傾向があったのだと思いますが、今で はどこのメーカーも技術が高止まりしており、機能や性能で車を選ぶことが少なくなってきたようにも感じます(かつて安全性でボルボが選ばれる時代があったが、今やどのメーカーでもボルボと同じ安全性を持ち得るようになった)。
スピードに関して言えば「踏めばどの車でもそれなりの速度が」出ますし、一部のメーカーが売り物にしてきた安全性に関しても今やどのメーカーでも 標準装備で、走破性に関しても同様かと思います。








今求められるのは性能向上よりもブランディングだ

そんなわけで、何で他メーカーと差をつけるかというとデザイン含むブランディング、となるわけですね。
そのためにハリウッド映画に自動車メーカーが車を登場させたりすることになりますが、以前は車の広告といえばその車の「性能」。
しかし今はそれだけでは不十分であり、広告もしくはプロモーションによって「イメージ」を作ってゆかなければならないわけです。

たとえば、現在車がよく売れている中国などは車が普及してからの歴史が浅く、しかし車を買おうとする人はイキナリ最先端の技術を持つ車の中から、 自分が買おうとするものを選ぶことになります。
たとえば日本市場であれば1000CCくらい(もしくはそれ以下)から1400CC、1600CC、2000CC、3000CC、もしくはターボの登場、4気筒から6 気筒、8気筒へ、4WDの登場、ABSやトラクションコントロールの登場、エアバッグの登場など順を追って車の発展を見てきているわけですが、 中国の場合はイキナリV6/3000CCあたりの車(しかもデュアルクラッチ)から消費者は目にすることに。

音楽についても、アナログレコードプレーヤー、CD、再生装置や記録方法についてもカセットテープ、MD、CD-R、MP3と日本市場は発展してきたところを、中国はそれらを飛ばしてイキナリMP3になっており、つまりはその市場の発展する過程を見ることなく、イキナリ発展しきった状態を目にしているのが現状です。

IMG_3684

中国市場がすべてを変えてしまった

となると自動車においても、そのブランドの持つ歴史や、性能の比較よりも「見た目やイメージ」で選ぶことになる(中身は通常の使用範囲では大差なくなってしまっているので)わけですが、ここでやはり重要なのはイメージ、そしてそれを形作る広告や露出、認知度の向上。
※中国市場においてはすべての自動車メーカーのスタートラインがイコールであったともいえる

たとえば中国人にとっての「ミニ」はBMWミニであって「クラシックミニ」を知らないわけですし、一般人的にはポルシェといえば「カイエン」であり、ポルシェのスポーツイメージ、ヘリテージ(911しか、もしくは911とボクスターしか無かった時代のポルシェは一般には知られていない)も理解ができていないわけですね。

また、ぼくらにはあたり前のことや、良く知っている自動車メーカーであっても、中国では知られていないことがよくあります(日本市場の黎明期にも 同様のことが逆説的に言えたと思いますが)。

そんなわけで、どこのブランドも中国市場にはゼロから入ることになり、そのブランドの周知とブランドイメージの確立が必要となることに。
これは中国のみではなく他の新興市場でも同様で、また既存市場であってもブランドの再構築という観点からか、エンブレムやそのブランドを認識させるものが巨大化しているように思います。

DSC06495

たとえばVWのエンブレムは非常に大きく立体的になっていますよね。
トヨタや日産も同様です。
BMWのキドニーグリルも大きく立体的になっており、メルセデス・ベンツのスリー・ポインテッド・スターも大きくなっているように見えます。
さらにはエンブレムが取り外しできないようにしている車も増えており、グリルと一体成型されている、エンブレムを外すとエンボスの跡が残る、穴が残る、など。

ランドローバーはイヴォークのフロントグリルに「LAND ROVER」バッジを取り外しできないような(外すとデザイン上に問題が残る)仕様に変更してきましたし、これは年間8万台という、量にモノを言わせた広告戦略とも考えられます。
ホイールのセンターキャップが「RANGE ROVER]から「LAND ROVER」となったのもブランディングの一環でしょうね。

IMG_9643

BMW「i」についても、本来グリルを必要としないEVであってもキドニーグリルを装着し、それがどのメーカーに属するのかを明らかに(これはブランディングのためと正式にアナウンスあり)。

Porsche-718-GTS -15

ポルシェもリヤに「PORSCHE」と表示されるようになっていますが、日本市場では「あのボディ形状」「あのヘッドライト」であればポルシェだと認知が可能で、従ってあえて「PORSCHE」と表示する必要は無かったのかもしれません。
ですが中国では「あの形」の車がどのブランドのものか一般的な認知がなく、そのうえ「コピー」すら出回っている状況なので、「PORSCHE」という文字を車体に付与せねば認知ができないのでしょうね。

とにかくエンブレム等、そのブランドを明白にするもの、周知させるものは日に日に主張を強めているようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >その他ポルシェ関連/ニュース, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.