>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore

>その他イタリア車

「ベルトーネ」復活!0-100km/h加速2.2秒、近未来的なエレクトリックハイパーカー「BBS GT」を公開

ただし以前のベルトーネとは無関係で「名称」だけを使用 またまた実現しそうのないスーパーカー(ハイパーカー)、「ベルトーネDianchè BSS GT Cube」「ベルトーネBertone Dianchè BSS GT One」の構想が公開に。これはロンドンベースの企業「Flymove(フライムーブ)」が推進するプロジェクトで、約一ヶ月前にこのフライムーブは「ベルトーネ」の商標使用権を獲得して活動を開始している模様。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R ...

ReadMore



■外国ネタ・旅行など

ドバイの人々は数百年先まで見て現在を生きている?その民族性と先見性を考える

更新日:

|ドバイは「脱石油」を目標に、相当に先まで見ているようだ|

引き続きドバイですが、しばらくドバイにいるとさらに新しい発見も。
ぼくが思ったのは、「ドバイの人はずいぶん先を見ている」ということ。

殆どの人が「無意味」と断じたスキー・ドバイがドバイを有名にするきっかけになったり、「人工衛星から見える唯一の人工島」パーム・ジュメイラにおいても埋め立てには天然の素材を使用し、ゆくゆくはそこに魚が住めるように考えられていること、など刹那的な計画ではなく長期的な計画で動いている、と感じるわけです。








石油がなくなった時代にいかに今の経済を存続、いやむしろ発展させるかが課題

石油が出て、それでお金持ちになったときにも「脱石油」」を考えて流通、貿易、金融という石油に頼らない経済を構築しようとしてきたこともその一例。

現在自動車においては、「石油の枯渇」が理由ではなく「環境」を理由に電気自動車が普及しつつあり、欧州では2020-2025年を境にガソリン車の販売ができなくなる国が出てきますが、仮にドバイが「石油に依存した」発展を遂げていれば今頃は「どうするよ」と右往左往していたわけです。

DSC03606

ですが、こうなることを読んでいたのか、1970年代のオイルマネーに湧く時期から今にかけて進めてきた「脱石油」政策のおかげで、いつ石油が不要になってもOKというところまで来たわけですね(現在ドバイのGDPに占める石油の比率は1.7%しかないといわれ、UAE全体で見ると40%という数字)。

DSC03612

ただしドバイ自体はもともと石油の産出が極めて少なく、そのために「投資」を集めて様々な観光施設などを建設してきたわけですが、その「投資」も石油で潤う近隣職国からのオイルマネーでもあり、まだまだ完全に「脱石油」とはゆかず、投資を受けた分を回収し、自国の資金で新たな投資ができるようになってこそ「脱石油」と言えるのかもしれません。

DSC05111

余談ですがオイルマネーに潤う前のUAEでは真珠産業が主な収入源(外貨獲得手段)でしたが、日本(ミキモト)が真珠の養殖を成功させた後にはUAEの真珠産業は壊滅状態になっています。
その後石油が出て、そして世界中で石油の需要が増すことになりますが、現在UAEの最も大きな石油の輸出先は「日本」。
真珠産業衰退の経緯をあわせて考えると、なんとも日本と縁が深いのがUAE、とも言えますね。

DSC03440

「なんでも世界一」こそがドバイのドバイたる所以

ドバイは新興国にあたるので、特に有名な観光資源(旧い遺跡など)を持たないため、前出のスキー・ドバイ、パーム・ジュメイラ、そしてブルジュ・カリファなどを作り、それを観光の目玉に。
さらには世界の有名人にパーム・ジュメイラの別荘を与えることで自動的に宣伝がなされるようにし(タダで別荘を与えるということ自体も宣伝)、「セレブが集まる」場所、という印象を世界に与えています。
まさに損して得を取るというか、お金を有効に「投資」する方法としては世界で最も優れたものをドバイは持っているんじゃないか、と考えています。

DSC05775

なお、この「先見性」というか「先のことを考える」のは昔からアラブの人が持っていた性質なんじゃないかと考えていて、たとえば「ピラミッド」。
これは建造に何十年とか何百年とかかかるもので、要は現場監督が生きている間に完成を見ないプロジェクトであるわけです。
こういったプロジェクトを完成させるには明確な「ヴィジョン」が必要で、アラブ人はそれを昔から持っていた、ということですね。

DSC05831

ドバイは将来にわたり壮大な夢を描いている

同様にドバイ発展のヴィジョンについて、当然ながら上層部は「何百年先」というものを明確に持っていて(もしかすると何千年)、そのために現在何をすべきかが明確に見えており、自分たちは次世代のために何を残すべきかを理解しているのかもしれません。
なお、ドバイの属するアラブ首長国連邦は「100年後に火星に人類が居住可能な街をつくる」としていますが、それもまたヴィジョンのひとつなのかもしれませんね。

DSC06707

ドバイは経済についてもよく考えられた制度を持っており、現地で仕事をするのは「多国籍企業」の人か「出稼ぎ」。
前者はどこの国にでもあることですが、後者はドバイ特有ともいえます。
というのも、ドバイの人口に占める「ドバイ人」の比率は20%以下で、残り80%は外国人。
さらに80%のなかの多くは出稼ぎで占められるとされ、現地で聞いた範囲ではインド人、スリランカ人、パキスタン人、フィリピン人など。

DSC06981

要は英語を喋る国々の人々ですが、そういった人々は自国で働くよりもドバイのほうが高い収入を得ることができるので、ドバイにやってくるわけですね。
そういった人々が仕事をして税金を収め、その税収で「20%以下のドバイ国籍の人」が暮らせるようになっており、実際にドバイ国籍の人は医療費ゼロ、所得税もゼロ、公務員の平均年収は3000万円くらい(税金がないので全部自分の懐に)。

出稼ぎの人も得をする、ドバイの人も得をするシステムであり、このあたり「高度に、かつ近代的に洗練された奴隷制度(悪い意味ではない)」とも言えますね。

DSC07132

ドバイは外国からの労働力の受け入れにも積極的だ

なお過去にはイスラム圏で「奴隷制度」が存在してますが、それはぼくらのイメージする奴隷とは異なり、奴隷の扱いや福祉については規定が存在した上、奴隷には教育を施したり温情を持って接するべきとの教えがあり、加えて略奪による奴隷の獲得は禁止。
奴隷の中には弁護士など高い地位に就いていたものあるとされますが、そのようなシステムが形を変えて現代で発展した、と考えて良いかもしれません(繰り返しですが、ここで言う奴隷制度は悪い意味ではなく、日本で言う社畜よりはよほど待遇が良いと言える)。
使う側、使われる側がきっちり義務を果たせば双方ともメリットがある、ということですね。

DSC05835

しかしながらドバイへどっと外国人が流れ込んで治安が乱れること、ドバイ人の仕事を奪われることを懸念してか、「単身(家族持ちはダメ)のみ」でしか出稼ぎには来れず、しかも失職すると即刻強制送還。
外国人に対しては厳しい管理がなされますが、「決まりを守っている範囲は」しっかり保護されるというのもイスラム圏の特徴なのかもしれません。

DSC05713

なお街中にはあちこち工事中のたてものが見られ、これからもさらなる発展が見込まれ、「ドバイランド」のオープンでさらに経済が活性化しそうです。

ちなみに景観を守るためか下品なネオンはなく、街中の照明はある程度統一されています(このあたり欧州と似ている)。
こういった部分も厳しく規制をおこなっているのでしょうね。

DSC05806

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■外国ネタ・旅行など
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.